iPad OneNote 使い方!表の挿入&「行、列」追加方法

iPad OneNote
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

Microsoft OneNote for iPad デジタルノートで、表を挿入して追加できますが、この場合では必ず2×2の枠が追加されます。

これでは3×3や4×4といった表を挿入できないので使いにくいな~と感じる場合も有るのですが、ところがどっこい、このように感じるのは時期尚早になります。

挿入した表の行や列は追加挿入 及び 削除できるのである。これならば、自由自在に表を扱えるようになるため、デジタルノートの使い勝手も向上します。

今回の記事は『Microsoft OneNote for iPad デジタルノートで、表の挿入 及び「行、列」追加方法』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

OneNote for iPad 表を挿入する方法

デジタルノートOneNoteのiPadアプリで表を追加挿入する場合の操作方法についての紹介になります。基本操作なので、とても簡単です。

OneNote iPadアプリで表を追加する場合

① 基本操作
表を挿入する場合では、表を挿入したい場所をタップして選択した上で、挿入タブを開き、画面左上に表示されているをタップすれば自動的に2×2の表が挿入追加されます。

 

② 挿入追加される表は2×2
あれ?と思うかも知れませんが、挿入されるのは必ず2×2の表になります。これでは自分が求めている表ではない場合もあります。

 

③ 微調整の必要性
挿入されるのは必ず2×2の表になるため、必要に応じて、自分が求めているサイズの表にしたい場合は追加又は削除もなどの調整を行う事になります。

 

OneNote iPad アプリでの表の必要性

ノートコンテナを横に並べてテキスト入力したい場合もあります。特に2つの文章を比較したい場合などでは、左右に分けて表示した方が分かりやすいからです。

これをノートコンテナで行おうとすると、ちょっと難しい事に気が付きます。というのも、微妙に左右アンバランスになってしまうからです。

このような場合に役立つのがになるのでは?と個人的に考えます。確実に真横に並べてテキスト入力が行えるので見栄えが良いです。

 

スポンサーリンク

OneNote for iPad 表の挿入・追加の便利技

デジタルノートOneNoteで表を挿入する場合では、挿入タブを開いて表を挿入するのが基本的な方法になりますが、ちょっと便利な小技もあります。

2×2の表を挿入追加する場合

2×2の表を追加した場合では、必ずしも便利という訳ではないのも実情になります。1×2の表を求めている場合では、行を削除する必要が発生します。

行の削除は簡単に行えるので、これでも問題ないのですが、操作を間違えて、表そのものを削除してしまう場合もあります。

それならば、もっと簡単確実に1×2の表を追加した方が効率的に感じます。

 

Tabキーでも1×1の表を挿入追加できる

表を挿入したいな~と感じる場所で何か文字を1文字入力し、カーソルが文字の後ろにある事を確認した状態でTabキーを1回押します。

Tabキーを1回押すと、1×1の表が追加されます。1×2の表を挿入したい場合は連続してTabキーを2回押すと1×2の表が完成します。

 

Tabキーで表の挿入追加は共通機能

iPadに接続しているキーボードだけなのかな?と思いましたが、この機能はソフトウェア・キーボードでも共通して利用する事ができます。

覚えておいて損はないので頭の隅にでも入れておいた方が良いと思います。

 

OneNote for iPad 表に行や列を追加する方法

OneNoteのページに表を挿入して追加するのは便利な小技も含めて2種類あるため、便利に挿入できるのですが、行や列を追加及び削除も必要になります。

表の行や列を追加する場合

2×2の表を追加した場合では、2×33×4といったにしたい場合もあります。このような場合では微調整が必要になります。

行や列を追加して、自分が求めている表に調整する事になります。

このようにする場合では、挿入タブを開いている状態で表を選択すると、ツールバーに挿入と削除が表示されるので「挿入」をタップします。

挿入をタップした場合は、「上に行を挿入」、「下に行を挿入」、「左に列を挿入」、「右に列を挿入」の4択を行う事になります。

 

表の行や列を削除する場合

表を挿入した場合では、自分にとって最適な表という訳ではないため、必要に応じてを削除する場合もあります。

一番良いのは最初から1×2、2×2といった感じで表を追加できれば簡単なのですが、それが残念ながらできないため、微調整も必要になるのである。

挿入タブを開いている状態で表を選択すると、ツールバーに挿入と削除が表示されるので「削除」をタップします。

削除をタップすると、「」、「」、「」どれを削除するのか?聞いて来るので削除したい物をタップすればOKです。

 

iPad OneNote 活用!ノートコンテナの便利な使用方法
皆さん こんにちは! iPadで、デジタルノートアプリを利用する場合では、Microsoft OneNote for iPad を利用しています。 Windows PC をメインで利用している関係で、Microsoft ...

 

OneNote for iPad 表の便利な使い方

デジタルノートのページに表を挿入した場合で、一番便利に感じる使い方は画像を横に並べる場合なのではないか?と考えます。

表は複数の画像を並べる場合に役立つ

デジタルノートOneNoteではそんなに必要あるのかな?と思ってしまう場合も有ると思います。このように考えている場合は画像を利用していないのではないか?と考えます。

OneNoteではiPad内に保存されている画像やオンライン画像を取得して自由自在に貼付できるのが便利に感じます。

必ず1枚の画像を挿入するという訳ではないと思います。必要に応じて複数の画像を並べて表示したい場合もあるのでは?

正にこのような場合に表が必要になります。複数の画像を綺麗に横に並べるのは大変なので表を挿入して貼付するのが超簡単です。

誰でも簡単に複数の画像を綺麗に横に並べて貼付できます。

 

画像とテキスト併用は事情が異なる

一番有効性が高いのは、複数の画像を真横に並べて配置する場合なのではないか?というのが個人的な見解になりますが、画像とテキスト併用パターンでは最適とは言い難いです。

確かに比較検討する場合に2つの異なる文章を並べて表示できれば見やすいですが、画像とテキスト入力を併用すると、どこに画像を配置するのか?によっても事情が異なります。

というのも、入力枠は固定できるので見栄えの問題は解決できますが、枠内に画像をいくつ挿入するのか?によっても変わって来るため、万能ではありません。