iPad OneNote 活用!写真メモはiPad標準メモと連携

スポンサーリンク
iPad OneNote

 

皆さん こんにちは!

iPad Air ではデジタルノートOneNoteに一太郎Padで撮影した写真に含まれている文字をOneNoteに差し込み挿入する事はできますが、あくまでもメモだけなので必ずしも便利に利用できるという連携方法ではありません。

それならばどうすれば良いのか?と考慮した結果、OCRは一太郎Pad、写真メモはiPad標準メモに使い分ければ良いという結論に到達しました。

日常生活においてはOCRよりも写真メモの方がよく利用するので、写真メモをOneNoteに流し込んで差し込み挿入する事が出来れば仕事にも役立つと筈だ!と勝手な思い込みで、iPad標準メモとOneNote連携も実際にやっています。

今回の記事は『OneNote for iPad と片道切符の一方通行で連携活用するiPad標準メモ(写真メモを挿入)』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

OneNote 連携 OCRメモの一太郎Padのデメリット

OCRメモアプリの一太郎PadからデジタルノートOneNoteに一方的にメモを送信する方法による連携活用を行っていますが、この場合ではどのようなデメリットがあるのでしょうか?

写真に文字が含まれている必要あり

基本的に、一太郎Padの場合はOCR機能が搭載されているため写真撮影する場合では必ず何かしらの文字が含まれている写真を撮影しないといけないという制約があります。

仮に、文字が含まれていない写真を撮影すると、どうなるのか?と言うと、普通に写真撮影は行なえますが、一太郎Padのメモとして作成されません

この機能を上手く活用できる場面というのは用途的に限られてしまうのが実情になります。観光スポットの案内板や書類等の用途・・・

 

OCRメモはOneNote転送できる

一太郎Padで作成されたOCRメモは、デジタルノートOneNoteに転送する事ができますが、アプリとして連携するパターンではなく、あくまでも一方的にデータを送信する連携方法となります。

一方的に送りつける方法になるため、弊害もあり、テキストメモは送信する事ができるのですが、写真は転送されないのである。これでは目的が達成できない場合もあるのが実情になります。

とはいえ、OCRなので基本的には基になった写真は必要ない場合も多いため、基本的には転送されなくても特に問題なかったりします。

 

スポンサーリンク

OneNote for iPad 写真メモはiPad標準メモで対応

OCR写真メモの一太郎Padから写真付きメモをデジタルノートOneNoteに一方的に送信した場合では写真が添付されないというデメリットがありましたが、iPad標準メモではちゃんと写真も挿入されます。

iPad標準メモ

① iCloud
iPad標準メモアプリの場合は基本的にiCloudに保存されるので、写真や動画などのファイルは添付しないように心掛けていますが、それでも便利がゆえに写真メモとしてよく利用しています。

 

② Apple Pencil
iPadのロック画面でApple Pencilをタップすると、そのままペンで手書き入力が行えるので、この利用方法も以外と多く使っています。

iPad Air なので、ロック画面を解除するにはTouch IDが必要になるのですが、それをしなくても、ササッと手書きメモを作成できる使い方はとても便利です。

 

他のアプリと連携

iPad標準メモのデータをPC等で利用したい場合も当然の事ですが実際にあると思います。特に標準メモはID管理などのデータも有ったりします。

バックアップとしてPCにデータ送信する場合では、基本的にコピーを送信する方法を利用する事になります。

ファイルに保存した場合では、USBケーブルやファイル転送アプリでは転送できないため、メールで添付する方法となります。

とはいえ、必ずしも便利ではないのも事実なので、必要に応じて、ファイル転送アプリをインストールして連携送信する方法の方が良いかも知れません。

 

スポンサーリンク

OneNote for iPad と iPad標準メモの連携活用

iPad標準メモで作成した「写真メモ」をデジタルノートOneNoteにも一方的に送りつける方法で勝手に連携活用していますが、この方法が意外と便利だったりします。

片道切符の一方通行による連携

流石にメモアプリを他のアプリと連携するという発想がOneNoteと一太郎Padを利用するまで、あまりなかったのですが、iPad標準メモの場合もOneNoteと連携できる事が分かりました。

連携といってもちゃんとしたアプリ同士で連携する方法ではなく、一方的に送りつける方法になるため、イメージ通りにデータが転送される訳ではありません。

 

写真メモをOneNoteに転送した場合

一方的に写真メモを転送した場合では、OneNoteにどのように挿入されるのか?気になると思います。よく利用しているセクションに新しいページが作成されて挿入となります。

そのため、挿入したけど、イマイチだったりしたら、ページごと削除してしまえば良いので、使い勝手としては特に問題ないです。

但し、配置がイマイチだったりするので、修正が必要になるのが実情です。iPad標準では「写真が上、テキストが下」の位置で送信したのですが、見事に逆転しているので、これは仕方のない部分となります。

 

写真メモはOneNoteノートコンテナに格納

肝心要の写真はどうなのか?と言うと、普通にノートコンテナに格納されているので、コピーや削除・回転といった感じで何でもOKにです。

写真のサイズ調整も普通に問題なく行えますし、OneNoteの付箋メモにコピーする事も普通に行えるので「写真メモ」をOneNoteに連携する場合は、黄金パターンと化しています。

 

iPad OneNote 活用!OCRメモアプリ一太郎Pad連携
皆さん こんにちは! iPad Air ではデジタルノートOneNoteを便利に活用していますが、単体で利用しているのではなく、他のアプリとも連携して使っています。 というのも、OneNote iPadアプリはWindo...

 

OneNote for iPad と iPad標準メモ連携の一長一短

自分が求めている事を実現するには、この方法が一番最適に感じますが、それでもイマイチに感じる部分も実際にあります。これは一方通行による連携活用なので仕方のない部分になります。

イマイチな部分

何がイマイチに感じるのか?と言うと、iPad標準メモから写真付きメモをOneNote for iPad に一方的に送信した場合ではテキスト写真は同じノートコンテナに格納されます。

ここまでは予定通りなのでバッチグーなのですが、配置が逆になっているのである。標準メモでは写真が上側、テキストが下側になっていたのに、OneNoteに送信すると、反対に配置されています。

さらには、テキストと写真の間に空白のノートコンテナが挿入されている状態になるため、修正が必要になります。とはいえ、空白のコンテナを削除すれば良いだけなので大した手間ではありません。

 

Pagesで試した結果

iPadには文書作成アプリのPagesというWord相当のアプリが標準でインストールされていますが、このアプリで同様にデジタルノートOneNoteに一方通行の送信を行ってみました。

そしたら、転送はできるのですが、あくまでもファイルとして挿入されるため、これでは使いものにならないと思います。

やっぱり、ノートコンテナに格納されないとOneNoteで活用できないと思うので、Pagesはダメなんだな~と改めて認識しました。

 

一長一短な部分

iPad標準メモから一方通行による勝手な送信を行った写真メモは、OneNoteに転送すると、ちゃんとノートコンテナに格納してくれるのでテキストを修正する場合に助かります。

この部分に関して言えば、狙い通りなので申し分ありません。その反面、配置が異なっているというデメリットも発生するので、割り切って活用する必要があります。

とはいえ、自分が求めている事が実現できるのも確かな事なので、上手く用途が噛み合えばOneNoteを効率的に活用できるようになると確信しています。