iPad OneNote 活用!WPS Office連携も魅力的

スポンサーリンク
iPad OneNote

 

皆さん こんにちは!

OneNote for iPad デジタルノートでは、ノートブックのデータを他のデバイスに出力する事もできるようにっています。

でも実際にはページの内容をPDF化する 又は 印刷するの2択になってしまうのが実情でかつ、印刷する場合では印刷イメージもチェックしないといけません。

そうなって来ると現実的な選択としては何だかんだ言ってもPDFを作成して、その場でPDFファイルを確認するのが最適です。

これが行えるのがOffice互換アプリのWPS Officeなので、OneNoteと連携して利用するのも1つの方法なのではないか?と考えます。

今回の記事は『OneNote for iPad 印刷やPDF作成はWPS Officeとの連携活用も十分に魅力的』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

OneNote for iPad ノートブックを印刷する場合

OneNoteでノートブックのページを印刷したいな~と思った事はありませんか?無いかも知れませんが印刷する事は可能です。

ノートブックのページは印刷できる

ページを他のデバイスにエクスポートする場合では、PDF作成 又は 印刷の2択になってしまいます。

PDF作成しても良いのですが、この場合ではPDF作成してPCに転送して印刷というパターンになるため、スマートではありません。

それならiPadから直接印刷した方が便利です。幸いな事にOneNote iPad アプリからAir Printで印刷できます。

 

Air Print対応プリンター

OneNote iPadアプリからノートブックのページを印刷する場合では、前提条件が必要になります。

iPadから直接プリントするにはAir Printに対応しているプリンターが必要になります。自宅にあるプリンターが対応しているのか?先ずは確認してください。

確認した結果、Air Printに対応していれば、OneNoteから印刷できるので試してみるのも良いと思います。

 

Air Printに非対応の場合

Air Printに非対応という場合も当然の事ですが実施にあると思います。この場合では、iPadにUSBハブを接続 又は USBケーブルを接続して印刷しようと考えるかも知れません。

残念ながらUSB接続にてプリンター印刷はできませんから、無駄な努力はしないのが賢明の選択になります。

この場合は素直にPDFを作成した上で、PCに転送し、PCからプリンター印刷するのが最適です。

 

スポンサーリンク

OneNote for iPad 印刷イメージを確認する用途

デジタルノートOneNoteで印刷イメージを確認したい場合では、ページをPDF化して印刷イメージを確認するのが最適です。

印刷イメージの確認は必要

OneNote iPadアプリからAir Printを利用すれば印刷もできますが、いきなり印刷する場合では、用紙を無駄にしてしまう可能性も否定できません。

そのため、印刷する前に印刷イメージを確認した上で印刷を行うのが賢明の選択になります。そうなって来ると、現実的には一度PDFを作成した上で画面で確認する方法がベストに感じます。

 

ページをPDF化してiPadに保存する場合

① 共有のアイコンをタップ。

② 「ページのコピーの送信」をタップ。

③ 「別のアプリで送信する」をタップ。

④ 「ファイルに保存」をタップ。

⑤ iPad内の何処に保存するか?を選択

※ OneNoteで開いて確認する場合では、iPad内に保存した方が良さそうに感じる。

 

OneNoteでPDFを開く場合

OneNoteでPDFファイルを開いて挿入する場合では「挿入」タブを開いてPDFをタップした上で、どのPDFを挿入するのか?選択すればページに挿入できます。

この場合のデメリットとしては、ページに貼付する事になるため、ベストポジションの位置にPDFが貼り付けされない事に尽きます。

どういう事なのか?と言うと、空白のページにPDFを挿入した場合では、上の余白が多く発生するのである。

これではパッと見で確認しようとしても出来ないので、上下にスワイプして確認しないといけません。

 

スポンサーリンク

OneNote for iPad は、WPS Officeと連携活用を

OneNoteのページをPDF化してPC等から印刷しようと考えている場合では、実際の印刷イメージがどのような感じなのか?確認したくなります。

WPS Officeは連携できるのかな?

ノートブックのページをPDF化して自宅のPCなどに転送する場合では、基本的にはメールで添付する事になります。

もし、ファイル転送アプリをiPadにインストールしてある場合では、連携して転送する事も可能になっています。

この場合では、横スクロールでアプリを自由に選択できるようになっていますが、その中にWPS Officeは表示されていません。

※ WPS OfficeはiPadにインストールされています。

 

どのようにOneNoteと連携活用するのか?

アプリを選択する場合では、WPS OfficeをiPadにインストールしていても選択できる所には表示されていませんが利用できるようになっています。

送信するアプリの選択では、横スクロールの一番最後にその他・・・」が有るので、ここをタップします。

そうすると、送信先の候補となるアプリ一覧が表示されるので、WPS Office をタップすると同時にPDFアプリが起動して表示されます。

 

iPad OneNote 活用!ファイル転送アプリPDF送信方法
皆さん こんにちは! OneNote for iPad デジタルノートでは、ページのPDFファイルを作成してiPad内に保存したり、メールでPCなどの端末に送信する事もできるようになっています。 その反面、PCの直ぐ近く...

 

OneNoteは応用も必要

デジタルノートOneNoteを利用する場合では、基本的な使い方だけ利用していれば、とりあえずは満足できます。

でも、ちょっと変わった操作をしたい場合では、基本的な使い方ではどうにもならない事も多いため、応用力というのが必要になります。

基本さえ理解していれば応用も容易なのでOneNoteを自由自在に活用したい場合は、使い慣れる事をオススメ致します。

 

OneNote for iPad と WPS Office連携の一長一短

デジタルノートOneNote iPadアプリとOffice互換アプリであるWPS Officeは連携できるのかな?と思ってしまいますが、連携活用できるのは意外な組み合わせかも知れません。

WPS Office連携メリット

具体的に、WPS Officeと連携するメリットは何が有るのか?と言うと、WPS Officeの場合ではPDFアプリも含まれているので使いようによっては便利に使えるといった部分に尽きます。

OneNote iPadアプリの場合では、PCも含めて他の端末にデータをエクスポートする場合では、基本的にPDFを作成してメールに添付する方法になってしまうのが実情になります。

これではメール送信先で受信してPDFを確認する必要が発生します。この場合のデメリットは、不都合な場合が有ったら、再度メール添付が必要になります。

それに対して、先にPDFを開いて確認できれば、余計な手間を発生させる事はないため、その分、効率的な操作が行えます。

そういう意味では、WPS Officeと連携するのも便利かも知れません。

 

WPS Office連携デメリット

OneNote iPadアプリからPCなどの端末にデータをエクスポートする場合では、必ずPDFにて連携する事になりため、PDFファイル以外では連携できません。

PDFを表示して満足できる用途は、PDF印刷イメージを確認したい場合に限られてしまうのが実情になります。

これでは使い道や活用方法も限定される事を意味するのでベストな選択とは言えません。