iPad OneNote 活用!ファイル転送アプリPDF送信方法

スポンサーリンク
iPad OneNote

 

皆さん こんにちは!

OneNote for iPad デジタルノートでは、ページのPDFファイルを作成してiPad内に保存したり、メールでPCなどの端末に送信する事もできるようになっています。

その反面、PCの直ぐ近くでiPadを操作しているのにメールで送信するのは不便に感じるのも事実なので、それならばもっと簡単に転送できるSendanywhere等のファイル転送アプリを利用したいところです。

基本的には無理ですけど、応用力でカバーする事ができるので実際には可能だったりします。

今回の記事は『OneNote for iPad ファイル転送アプリを利用してPDFをPCなどに送信する方法』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

OneNote for iPad PDFファイルをPCに転送する場合

OneNote iPadアプリからページのPDFを作成してPCに転送する場合では基本的に、ファイル転送アプリではなく、メールを利用して送信する必要があります。

どうしてメール送信なのか?

どうしてファイル転送アプリではなく、メール送信なのか?不思議に思うかも知れませんが、そのような仕様になっているので仕方がないのである。

写真などの画像を別の端末に送信する場合にあると便利なファイル転送アプリをiPadでインストールしている場合も多いと思います。

でも、残念ながら、アプリを起動して画像と同じ感覚で送信しようとすると、PDFファイルが選択できないのである。

そのため、基本的にはファイル転送アプリの利用はできません。とは言え、あくまでも基本的な話なので、基本さえ理解していれば、応用力でどうにか?カバーできる場合があります。

 

USBケーブルでもPDFにアクセスできない

ファイル転送アプリでPDFを転送できないのであれば、PC連携なのでUSBケーブルでiPadとPCを接続すれば大丈夫なのでは?と思いますが、これも利用できません。

確かに写真などの画像ファイルは問題なくPCに移動する事が出来ますが、PDFファイルが格納されているフォルダにはアクセスできません。

 

メール添付しか方法がない

ファイル転送アプリ、USBケーブル共にPDFファイルを転送できない場合では、何だかんだ言ってもメールで送信する展開しか方法がない事実に気が付きます。

幸いな事にiPadではWi-Fiでメール送受信できるので、面倒に感じていても、素直にこの方法を行った方が効率的になります。

とはいえ、PCの直ぐ近くでiPadを操作しているのにも関わらずメールで送信しないといけないというのは不便だと思います。

 

スポンサーリンク

OneNote for iPad メールにPDFを添付して送信する方法

OneNote iPadアプリでPDFを作成してPCに転送する場合では、賛否両論ありますけど、何だかんだ言っても効率的な方法がメール添付による送信になります。

基本的にPDFはメールで送信

USBケーブルやファイル転送アプリの方法でPDFファイルをPCに転送したいと思っていても、実際には両方とも出来ない事実に気が付きます。

PDFファイルが格納されているフォルダにアクセスできないのが、その理由の1つになります。それならば、画像が格納されているフォルダにPDFを保存すれば良いのでは?と考えると思います。

残念ながら、それは出来ません。「ファイルに保存」をタップしても写真などの画像が格納されているフォルダを選択できないのである。

発想的には良かったのですが、詰めが甘い展開という事になります。

 

メールに添付して送信する方法

① 共有のアイコンをタップ。

② 「ページのコピーの送信」をタップ。

③ 「別のアプリで送信する」をタップ。

④ アプリを選択(メールアプリ

⑤ メール作成が開く

⑥ 送信先のメールアドレスや件名、内容を入力して送信

※ 基本的に、どのタブを開いていても、PDF作成してメール添付送信は行なえます。

 

Gmailも使える

通常では、「Outlookでメールで送信する」項目が表示されているので、Outlookを利用しないといけないのかな?と思ってしまいますが、そんな事はありません。

直ぐ下に「別のアプリで送信する」という項目があるので、これをタップすると、送信するアプリを選択できるようになります。

いつも使っているメールアプリがGmailであれば、Gmailを選択すれば良いのである。タップすると、メール作成フォームが表示されるので、送信先と賢明や内容を入力して送信すればOKです。

 

スポンサーリンク

OneNote for iPad ファイル転送アプリでPDF送信方法

基本的にiPadで、ファイル転送アプリでPDFファイルの転送は行なえませんが、応用力を発揮すると行えるようになります。基本さえ理解していれば、できるものです。

発想の転換が必要

実際にUSBケーブルやファイル転送アプリのSendanywhereを利用して、iPad内に保存してあるOneNoteのPDFファイルをPCに転送しようとしましたが、いずれの方法でも失敗に終わっています。

その理由は、PDFが格納されているiPadのフォルダアクセスできないため、PDFを選択できない状況になります。これをどうにか?するには発想の転換が必要になります。

基本がダメなら応用力でカバーすれば良いのである。今までは、先にSendanywhereを起動して、PDFファイルを転送しようとしていました。つまり、アプリ単独利用になります。

そうではなく、OneNoteとSendanywhereを連携すればPDFファイルを転送できます。

 

参考になるのはGmailでPDF送信

PDFファイルをメールに添付して送信する場合では、Gmailも選択できますが、Gmailではなく、Sendanywhereを選択すれば良いのです!

これを選択すると、6桁の発行キーが表示されるので、受信側のPCで発行キーを入力すれば、PDFを転送できます。

但し、PC側でSendanywhereのソフトをインストールしておく必要があります。

 

iPad 活用方法!Sendanywhere ファイル転送アプリのレビュー
皆さん こんにちは! iPadでスクリーンショットやカメラ撮影した画像ファイルやPCから音楽データをiPadに転送する場合はどのように行っていますか? 特別なアプリを使わなくてもUSBケーブルとPCが有れば基本的には自由...

 

SendanywhereでPDFを転送する方法

① 共有のアイコンをタップ。

② 「ページのコピーの送信」をタップ。

③ 「別のアプリで送信する」をタップ。

④ アプリを選択(Sendanywhere

⑤ 6桁のコードが表示(発行キー

⑥ PC側でSendanywhereのソフトを起動

⑦ 6桁の発行キーを入力

⑧ PDFファイルが受信される

 

OneNote for iPad 他の方法でPDFを送信した場合

基本的には難しい事も横領力でカバーする事も可能なので、PDFファイルの転送はメールしか出来ないんだ!と思ってしまうのでは? 発想の転換も時には役立ちます。

他の選択肢を選んだ場合の結果

① Chrome ブラウザ
Google Chromeブラウザを選択した場合では「Chrome はこのリンクを処理できません」というメッセージが表示されます。

 

② iPad標準メモ
PDFファイルは新規メモに保存されます。

 

③ OneDrive
PDFファイルは、OneDriveにアップロードされて、保存されます。

 

④ WPS Office
アプリ選択でその他の「・・・」をタップすると、他の候補となるアプリを選択できるようになります。WPS Office を選択すると、PDFが開いた状態で画面に表示されます。

 

WPS Office という選択は十分に有り

好印象だったのがWPS Officeになります。メール添付やファイル転送アプリの場合では、或る意味、一方通行の処理になります。

というのも、iPadから送信してPCで受信する必要があります。ハッキリ言ってちょっと煩わしいのですが、シンプルにそれがなく、PDFファイルが開いた状態で表示されるのは不思議と良い気分になります。

この選択は良いかも知れないという新たな発見といった感じになります。

 

OneNoteで作成のPDFを確認する場合に最適

OneNoteで作成したPDFファイルを直ぐに確認したい場合では、WPS Officeに送信して確認するといった方法を選択できます。

作成されたPDFはどんな感じなのか?確認できた方が良い場合も有るため、この用途に向いていると思います。

幸いな事にWPS OfficeはPDFアプリも付属されているのでベストチョイスに感じます。