iPad OneNote 活用!ページ印刷はPDF作成しPC連携を

スポンサーリンク
iPad OneNote

 

皆さん こんにちは!

OneNote for iPad デジタルノートのページをエクスポートして自宅のパソコンで開いてプリンターから印刷したいと思う事は有りませんか?

本来であれば、iPadからそのまま印刷できれば何も問題ないのですが、プリンターがAir Printに対応していないと印刷できないため、必ずしも利用できるとは限りません。

もし、利用できないのであれば現実的な手段としてPDFに出力した上で、PCに転送し、PCからプリンター印刷するといった感じになると思います。

今回の記事は『OneNote for iPad PDF化して作成しiPadに保存する方法』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

OneNote for iPad ノートをエクスポートする場合

OneNote iPadアプリから他のデバイス(自宅PCやスマホ)にノートのページをエクスポートしたいと思う事も実際にあります。この場合では具体的にどのような方法が有るのでしょうか?

ノートブックをエクスポートする場合

OneNote for iPad からノートブックのバックアップをiPad内に保存する事を目的としてエクスポートする事は出来ません。

OneNote iPadアプリは機能限定版であるため、そのような機能は搭載していないのである。或る意味、ファイル操作に該当する部分になるため、OneDriveから行う必要があります。

実際にOneDriveからiPad内に保存する方法で行ってみましたが、ダウンロードはできるのですが、実際にダウンロードされるのはURLリンクが記載されたテキストファイルのみです。

これでは目的が達成できないため、ノートブックのエクスポートは出来ないと考えた方が賢明です。

ページをエクスポートする場合

ノートブックのエクスポートが出来ないのであれば、もっと小さな単位であるページならばどうなのか?という事になりますが、この場合は対応できます。

ページをエクスポートする場合は、OneNote iPadアプリから PDFを作成する方法で対応できるようになっています。

PDFなので基本的に編集は行えませんから、どのような目的で利用するのか?も考えた方が良さそうです。

 

印刷という方法

PDF以外の方法でエクスポートはできるのか?と言うと、印刷する方法もあります。但し、iPadから印刷スル場合では、プリンターがiPadに対応している必要があります。

特に Air Print に対応していないと印刷は出来ません。そのため、対応していないプリンターを所持している場合は、PDFを作成した上でPC連携で印刷するのが賢明の選択になります。

 

スポンサーリンク

OneNote for iPad ページをPDF化する方法

ここでは、ノートブックの或るページをPDF化してiPad内にPDFを保存する方法についての紹介になります。

PDF化するページを選択

ノートブック内には色々なページが作成されていると思います。その中からPDF化したいページを選択して開きます。

一見すると、PDFを作成できるアイコンは何処にも見当たらないといった感じになりますが、画面右上にある設定のアイコンの直ぐ左隣にある「共有」からPDF作成が行えます。

因みにPDF作成の場合は、どのタブからでも共通して利用できるようになっているため、煩わしさがないのも便利です。

 

iPad内にPDFを保存する方法

① 共有のアイコンをタップ。

② 「ページのコピーの送信」をタップ。

③ 「別のアプリで送信する」をタップ 。

④ 「ファイルに保存」をタップ。

⑤ iPad内の何処に保存するか?を選択

 

iPad内に保存したPDFファイルの取り扱い

iPad内に保存したPDFファイルを他のアプリで活用する事も出来ますが、他のデバイスに転送する場合は注意が必要になります。

この場合では、基本的にはUSBケーブルやファイル転送アプリを利用して送信すれば簡単だと考えている場合も多いと思います。

残念ながら、この2つの選択肢は利用できないため、iPad内にPDFファイルを保存した場合は活用方法が限られてしまうのではないか?と考えます。

 

iPad OneNote 活用!ページをPDF化&作成する方法(iPadに保存)
皆さん こんにちは! OneNote for iPad デジタルノートのページをPDF化してパソコン等で閲覧したり、印刷したいと思った事は有りませんか? でも、そもそもどうやってPDFに出力するのか?良く分からなかったり...

 

スポンサーリンク

OneNote for iPad 作成したPDFをPCに転送

ここではデジタルノートのページをPDF化してPDFを作成した上で、自宅のパソコンに転送する方法についての紹介になります。

USBケーブルや転送アプリは使えない

写真などの画像ファイルをスマホやPCに転送する場合では、USBケーブルファイル転送アプリを利用すると簡単に送信できます。

同じようにPDFファイルも転送しようとするとPDFファイルを転送できない事に気が付きます。PDFは画像ファイルではないので転送できないのである。

これでは、PCに接続してあるプリンターで印刷する事が出来ないじゃないか?と思いますが、別の方法があります。

それはメールにPDFを添付して送信する方法になります。

 

メールにPDFを添付して送信する方法

① 共有のアイコンをタップ。

② 「ページのコピーの送信」をタップ。

③ 「別のアプリで送信する」をタップ 。

アプリを選択(メールアプリ)

⑤ メール作成が開く

⑥ 送信先のメールアドレスや件名、内容を入力して送信

 

Gmailを選択する方法

通常では、いかにもOutlookメールで送信する必要があるのでは?と思ってしまいますが、そんな事はありません。

別のアプリで送信する」をタップすれば、Gmailを利用する事も可能です。但し、前提条件として、iPadにGmailアプリがインストールされてある必要があります。

別にGmailじゃなくても良いです。利用しているメールサービスを使うのが最適です。

 

OneNote for iPad 転送したPDFをPCで印刷

ここでは、メールに添付したPDFファイルをPCで受信して、プリンターから印刷するまでの紹介になります。

PCで印刷

OneNote iPadアプリからGmailに添付して自宅のパソコンにメール送信したら、PC側でメールを受信して、PDFを開きます。

PCに接続しているプリンターを起動して、印刷すればOKです。

 

PDFメール添付よりPC版OneNoteの連携を

パソコンの直ぐ傍でiPadを操作しているのにも関わらず、USBケーブルやファイル転送アプリを利用できないというのは正直のところ不便に感じます。

わざわざメールに添付してPDFを送信しないといけないんだ?と思ってしまいます。

これが嫌な場合は、素直にOneNote for Windows10 などのPC版OneNoteから印刷するのが賢明の選択なのではないか?と個人的に考えます。