iPad OneNote 活用!ページをPDF化&作成する方法(iPadに保存)

スポンサーリンク
iPad OneNote

 

皆さん こんにちは!

OneNote for iPad デジタルノートのページをPDF化してパソコン等で閲覧したり、印刷したいと思った事は有りませんか?

でも、そもそもどうやってPDFに出力するのか?良く分からなかったりすると思います。特にOneNoteの場合では、基本的に自分にとって最適なノートを作り込むイメージになるため、PDFという発想があまりないのでは?

とはいえ、仕事や学習の用途でOneNoteを利用している場合では、PDF化も必要になる場合が実際にあるので使い方だけは把握しておきたいところです。

今回の記事は『OneNote for iPad デジタルノートのページをPDF化して作成する活用方法』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

OneNote for iPad ノートのページを他の端末で利用

デジタルノートOneNoteを利用している場合では、ノートのページを他の端末でも利用したい場合もあります。

Windows PC との連携活用が最適

OneNote for iPad はWindows版のiPad限定版アプリになるため、Windows PCと連携して活用するのが一番最適な利用方法になります。

同じノートブックを利用して編集も容易に行えるため、一番ベストな選択になると思います。

 

ページ内容だけを確認したい場合

Windows PC と連携して同じノートブックを編集するというのではなく、ノートブックの或るページだけを確認できればOKという場合もあります。

特にスマホなどのモバイル端末で確認できれば良いといった場合だと、スマホ用のOneNoteを利用するというのも1つの方法になります。

でも、これでは、全体を見る事になってしまいますし、編集も行えてしまうので、必ずしも目的に合致しているという訳ではありません。

それならば、どのように行えば目的を解決できるのでしょうか?

 

ページを印刷 又は PDF化の方法

各デバイス用のアプリを利用しないで、ノートの或るページだけを確認したい場合は、PDF化して対応する 又は スクリーンショットを撮影するしか方法がないと思います。

でも、スクリーンショットの場合では、全体を確認できないため、PDF化した方が良いかも知れません。

それに、PDFを作成できれば、間違って編集しないで済みますし、ちょっと確認できれば問題ないといった用途に最適です。

 

スポンサーリンク

OneNote for iPad ページを印刷する活用方法もある

ちょっと外出先で確認する程度なので、OneNoteのページをPDF化しなくても印刷物で確認できれば良いと思うといった場合もあります。

OneNote iPad アプリで印刷できる

OneNote iPadアプリから ノートのページを印刷する事も出来ます。この場合はAir Printに対応しているプリンターが必要になります。

もし、自宅にあるプリンターが、Air Printに対応している場合は、OneNote iPadアプリから、ページを印刷できるので利用してみる価値はあります。

 

USB接続でのプリンター印刷

Air Printではなく、USB接続にてプリンター印刷したい場合もありますが、残念ながらiPadにUSBケーブルを接続してプリンター印刷できません

自宅のプリンターがワイヤレス通信に対応していない場合は、Windows PC 版のOneNoteを利用して印刷するのが最適です。

 

iPad OneNote 活用!Windowsと連携した使い方が便利
皆さん こんにちは! OneNote for iPad デジタルノート単体でも便利に使えますが、残念ながら全てにおいて満足できるという訳ではないのも実情になります。 その理由の1つとして、iPadアプリでは利用できない機...

 

Windows PCを所持していない場合

Windows PC を所持していない場合というパターンも当然の事ですが、有ると思います。この場合では、ページをPDF化するのが最適です。

ページをPDF化して作成し、自宅のパソコンからPDFを開いて印刷するという方法になります。

 

自宅にプリンターが無い場合

自宅にプリンターが無いという場合も当然の事ですが有ると思います。この場合は、コンビニで印刷するのが最適です。

但し、この場合はコンビニプリントに対応しいているアプリが必要になります。と同時に、コンビニのコピー機の操作に慣れている必要があります。

 

スポンサーリンク

OneNote for iPad ページをPDF化&作成の活用方法

iPadからページを印刷する場合では、Air Printに対応しているプリンターが必要になりますが、無い場合では利用できません。この場合はPDF化してPDFを作成する選択が最適となります。

PDF作成して確認

OneNote for Windows10 を利用していない場合では、パソコンの大画面でPDFファイルを確認したり、いつも持ち歩いているスマホでPDFを確認という場合もあります。

色々な事情でプリンター印刷できない場合も有るため、このような場合ではPDFで確認する作業も必要になります。

 

ノートを印刷したい

OneNoteでオリジナルのノートを作り込みしていると、ある程度完成した場合では、印刷してみたいと感じる場合もあります。

でも、Air Printに対応しているプリンターが無いとiPadから印刷できないため、困ってしまいます。PDFを作成してPCに転送すれば、PDFファイルを印刷できるようになります。

 

PDFを作成してiPadに保存する方法

共有のアイコンをタップ。

② 「ページのコピーの送信」をタップ。

③ 「別のアプリで送信する」をタップ 。

④ 「ファイルに保存」をタップ。

⑤ iPad内の何処に保存するか?を選択

 

OneNote for iPad 作成したPDFファイルの転送

OneNoteのページをPDF化して、iPad内に保存した場合では、iPadで利用するも良し、PCに転送して活用するも良しといった感じになります。

iPad内に保存して活用

iPad内に保存したPDFは、OneNoteに取り込んで利用する事も出来ますし、他のアプリで利用も可能になります。

この場合では、PDFを何処のフォルダに格納しておいた方が良いのか?も重要になると考えます。ダウンロードで良いのか?それとも他のフォルダにするのか?

空のフォルダを作成して、「PDF」という名称にして管理するのが最適に感じます。

 

空のフォルダは作成できる

ファイル」という名称のアプリを起動して「このiPad内」を開くと、フォルダを作成する事ができます。

画面右上にある2つのアイコンのうち、フォルダマークをタップすると、空のフォルダを作成する事ができます。

 

メールにPDFを添付して送信する方法

写真などの画像ファイルを他の端末に転送する場合では「USBケーブル」と「ファイル転送アップリ」を利用する方法を利用する事が出来ます。

でも、USBケーブルやファイル転送アプリを利用する場合では、写真などの画像ファイルは転送できますが、PDFファイルの転送できません

それならば、どうすれば良いのか?と言うと、メールで送信するしか方法がありません。幸いな事にGmailも利用できるのでOutlookを利用しなくても良いです。