iPad OneNote 活用方法!文字入力・音声入力・手書き「まとめ」

スポンサーリンク
iPad OneNote

 

皆さん こんにちは!

OneNote for iPad デジタルノートを利用して、オリジナルのノートを作り込む場合では、キーボード入力、音声入力、手書き入力などを使う事になります。

どの入力方法が最適に感じるのか?は個々の判断に委ねられる事になるため、自分にとって最適な方法で入力するのが賢明の選択です。

とはいえ、どちらか?というと、このアプリの性格ではキーボード入力に力点が置かれているのではないか?と思うのは気のせいでしょうか?

今回の記事は『OneNote for iPad 活用方法!文字入力・音声入力・手書き(まとめ)』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

OneNote for iPad 文字入力 及び ノートコンテナ

デジタルノートOneNote で文字入力を行う場合では基本的にはキーボードを利用する事になります。

キーボード

① iPadキーボード
iPad ではSmart KeyboardMagic Keyboard などのキーボードケースやBluetooth接続に対応したキーボードを利用できます。

 

② ソフトウェア・キーボード
キーボードケースやBluetoothキーボードといった周辺機器を利用しなくても、iPadにはソフトウェア・キーボードを利用できます。フローティング表示もできるので便利に使えます

 

Apple PencilなどのiPad対応タッチペン

OneNoteで利用できる入力デバイスとしては、Apple Pencilも該当しますが、あくまでもApple Pencilが利用できるのは描画タブになるので厳密に言えば、文字入力には該当しないのでは?と思います。

文字入力というのは、たぶん「ホーム」や「挿入」タブで自動的に作成されるノートコンテナに対応しているテキストなのでは?

というのも、スタイラスペンで文字入力を行うと、ノートコンテナが作成されないのである。

 

ノートコンテナ

ノートコンテナとは?何なのか?になりますが、簡単に言えば、入れ物という表現で問題ないと思います。文字を格納するテキストボックスのような入れ物になります。

キーボードなどで文字入力 又は 写真などの画像を挿入した場合では、自動的にノートコンテナが作成されます。

ノートコンテナをドラッグ&ドロップする事で、テキストや画像を自由自在に自分のお好みの場所に再配置できる優れものになります。

 

スポンサーリンク

OneNote for iPad 音声を入力する操作方法

OneNoteでは、キーボード入力だけでなく、音声入力にも対応しているので利用できますが、この場合は「ホーム」タブで入力します。

音声入力する方法

① 前提条件
ここでは、物理キーボードではなく、ソフトウェア・キーボード(フローティング)での説明とさせて頂きます。

 

② ページをタップ
ホームの任意の場所をタップしてキーボードを表示します。音声入力を行う場合はキーボードを表示する必要があります。

 

③ マイクのボタンをタップ
キーボードの「マイク」ボタンをタップします。

 

④ 音声入力
音声で入力が行えます。音声入力を途中で止める場合は、任意の場所をタップすれば音声入力が完了します。

 

音声入力でもノートコンテナが作成

① 音声でもノートコンテナ
キーボードで文字入力した場合では自動的にノートコンテナが作成されましたが、音声入力の場合でもノートコンテナが作成されます。

そのため、音声入力後に別の場所に移動や再配置も自由自在に行えます。

 

② 地球儀
ソフトウェア・キーボードの地球儀マークのボタンをタップすると、音声で英語入力も行えるようになります。

但し、この場合は自分自身の発音が良くないと、上手く認識してくれないので、音声入力しても全く異なる英単語が入力されてしまう場合があります。

発音に自信がない場合は利用しない方が逆に効率的だと考えます。

 

スポンサーリンク

OneNote for iPad 音声を録音する活用方法

OneNoteでは、音声の録音も行えます。音声を録音する場合の操作方法についての紹介になります。

iPadのOneNoteの設定を確認

① iPad設定確認
OneNoteで音声を録音する場合では、iPadのマイクを利用する事になるため、iPad本体のマイクがOneNoteで利用できるようになっているのか?先に確認します。

 

② マイクをON
iPadの設定を開いて、OneNoteをタップすると、基本的にはマイクがOFFになっているため、マイクをONに変更します。

 

音声を録音する方法

① 挿入タブ
音声を録音する場合は、「挿入」タブを開きます。

 

② ページをタップ
ページの任意の場所をタップして、オーディオをON状態にします。OFFの場合だとタップしても音声録音はできません。

 

③ オーディオ
キーボードが表示されると同時に、ツールバーのオーディオがONになるため、この状態で「オーディオ」をタップします。

 

iPad OneNote 活用!音声入力や録音でオーディオ入力
皆さん こんにちは! OneNote for iPad デジタルノートではキーボード入力だけでなく、Apple PencilなどのiPad対応スタイラスペンを利用して手書き入力も行う事ができます。 これ以外の方法でもノー...

 

録音した音声のオーディオ再生

挿入タブのオーディオで音声を録音した場合では、再生もしたくなると思います。この場合では、オーディオ1と表示されているアイコンをタップして、「再生」を選択すると録音した音声を聴く事ができます。

 

OneNote for iPad 手書き入力する方法

OneNoteで手書き入力は、描画タブを開くとインクストロークが表示されるので、スタイラスペンや指先のタッチ操作で入力できるようになります。

テキストモードと描画モード

① テキストモード
描画タブでテキスト文字入力を行う場合は「テキストモード」をタップすると、キーボードが表示されるので、文字入力が行えるようになります。

この場合は文字入力なのでノートコンテナが作成されます。

 

② 描画モード
Apple Pencilなどのスタイラスペンで入力する場合は描画モードで入力となります。

 

③ モード切り替え
テキストモードから描画モードの切り替えはどのように行えば良いのか?も気になります。この場合はインクストロークのペン消しゴムをタップすれば自動的に切り替わります。

 

指先のタッチ操作で手書きする方法

一般的な設定ではタッチ操作で描画できないように設定されているのですが、描画モードで「タッチして描画する」のスイッチをONにすると、指先だけで描けるようになります。

設定画面を開いても、描画モードという項目は見当たらないので、この設定は何処で行えるのかな?と思います。

描画タブを開くと、ツールバーの右端に描画モードと表示されているので、これをタップします。

 

ペンで手書きした文字や図形

描画タブでApple Pencilなどのタッチペンを利用して手書きした文字や図形はノートコンテナが作成されません。

これでは自由自在に再配置する事も出来ないため、困ってしまうと思います。この場合はツールバーに表示されている「なげなわ選択」で手書きした文字や図形を囲むと移動できるようになります。