iPad OneNote 活用!指先タッチ操作で手書き入力方法

iPad OneNote
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

OneNote for iPad デジタルノートで手書き入力を行う場合は基本的にApple PencilなどのiPad対応スタイラスペンを利用すると思います。

いつもスタイラスペンのバッテリーが満充電されているのであれば何も問題ありませんが、必ずしもそうではない場合もあります。

ちょうど使おうとしたら、何も反応しなかったといった場合ではバッテリー切れじゃん!と気が付く事になります。

このような場合ではノートに手書き入力できないのかな?と思うかも知れませんが、指先のタッチ操作でも手書き入力を行う事ができます。

今回の記事は『OneNote for iPad デジタルノートで、指先タッチ操作で手書き入力を行う活用方法』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

OneNote for iPad 手書き入力する場合

OneNoteでは、Apple PencilなどのiPad対応タッチペンを利用して、手書き入力も行えます。この場合は描画タブで対応します。

手書きは描画タブを開く

手書き入力する場合では、アプリを起動すると最初に表示されるホームではなく、「描画」タブを開くと手書きできるようになります。

描画タブを開くと、ツールバーの真ん中にインクストロークが表示されているので、描画できるんだな~と判別できると思います。

 

インクストローク

インクストロークって何かな?と思う場合もありますが、消しゴムやペン、蛍光ペンが表示されている場所を指します。ペンツールと言った方が分かりやすいかも知れません。

現在表示されているペンや蛍光ペン以外のペンを追加する事もできますが、ペンを7個以上表示してしまうと、弊害も発生するので追加しないで色を変更するなどの対応を行った方が賢明です。

どんな弊害なのか?と言うと、ツールバーの右側に表示されている「インクを図形に変換」や「描画モード」がアイコン表示だけになってしまうのである。

これではパッと見ても何かな?と判断できない場合が多いので、可能ならば、インクストロークに表示しているペンは全部で6個を維持した方が良いです。

 

インクを図形に変換できる

描画タブでは手書きの図形をちゃんとした綺麗な図形に変換する事も出来ますが、一長一短があります。あくまでも変換できるのは◯△◇などの簡単な図形になります。

☆は残念ながら自動変換できないみたいです。

 

スポンサーリンク

OneNote for iPad 手書き入力した図形や文字を移動する方法

実際に手書き入力を行ってみると気が付くと思いますが、ノートコンテナが作成されていないので、自由自在に再配置ができません。

描画タブではノートコンテナが作成されない

ホームや挿入タブでキーボード入力や写真などの画像をページに挿入した場合では、ノートコンテナが作成されます。

でも、描画タブで手書き入力した文字やイラストなどはノートコンテナが作成されていない事に気が付きます。

あれ?もしかしてミスったかな?と思ってしまいますが、ミスではありません。描画タブでは、ノートコンテナが作成されないのである。

 

手書きの文字やイラストの移動

描画タブで手書きした文字やイラストなどはノートコンテナが作成されないため、「長押し」しても任意の場所に移動できません。

それならば、どのように移動すれば良いのか?と困惑する事になりますが、「なげなわ選択」で対応することができます。

ツールバーの左端にあるテキストモードの右隣に「なげなわ選択」が表示されているので、これをタップした上で、手書きした文字やイラストを囲むように選択します。

そうすると、長方形の中に十字矢印が表示されるので、これをタップしながらドラッグすると、自由自在に移動できるようになります。

 

カット、コピー、削除、回転の操作方法

手書きした文字などを移動するのではなく、コピーや削除又は回転といった操作を行いたい場合もあります。

この場合では、十字矢印をワンタップします。そうすると、「カット、コピー、削除、回転」が表示されるので、自分にとって最適に感じる操作を選択します。

 

OneNote for iPad タッチ操作で手書き入力に活用

デジタルノートOneNote では、Apple Pencilなどのタッチペンじゃなくても指先のタッチ操作で手書き入力が行えます。

指先のタッチ操作で手書きする場合

一般的な設定ではタッチ操作では描画できないように設定されているのですが、描画モードで「タッチして描画する」のスイッチをONにすると、指先だけで描けるようになります。

設定画面を開いても、描画モードという項目は見当たらないので、この設定は何処で行えるのかな?と思います。

答えは、描画タブで変更が行えます。描画タブを開くと、ツールバーの右端に描画モードと表示されているので、これをタップします。

 

アイコンのみの表示の場合

描画タブのツールバーに「描画モード」という表示が無い(非表示)場合もあります。この場合はインクストロークに追加しているペンや蛍光ペンが多くなっている可能性が高いです。

必要以上、インクストロークにペンなどを追加しておくと、アイコン表示にも少なからず影響が及ぶので、ペンの追加は一長一短があります。

インクストロークは消しゴムを含めないで、6個まで表示するのが賢明の選択になります。ぺんや蛍光ペンを7個以上表示してしまうと、右側に表示されるツールバーはアイコン表示に変わってしまいます。

 

描画モードの設定変更

描画モードをタップすると、「タッチして描画する」のスイッチがOFFになっています。このスイッチをタップしてONにします。

そうすると、ページの任意の場所で指先をなぞってみると指先のタッチ操作だけで手書き入力ができるようになります。

 

iPad OneNote 活用!インクや図形の一部を消去する方法
皆さん こんにちは! OneNote for iPad デジタルノートで写真や図形を挿入してページに貼り付ける場合では、ドラッグ&ドロップも含めて微調整を行う場合が多いです。 微調整といっても色々な調整方法があるので皆さ...

 

OneNote for iPad 手書き入力はタッチペンが最適

描画モードで「タッチして描画する」のスイッチをONにすると、指先のタッチ操作で手書きできるようになりますが、必ずしも最適という訳ではありません。

手書きはタッチペンが最適

指先のタッチ操作で描く場合では、滑りがイマイチに感じるのは勿論の事ですが、細かな作業ができない感じなので大雑把な作業に向いています。

それに対して、スタイラスペンの場合では、ペン先が指先と比較しても圧倒的に細い事も関係して、細かな作業にも向いています。

さらに書き心地も指で操作するより軽快に手書きできるので、全てにおいて最適に感じるのはタッチペンに感じます。

だからと言って、Apple Pencilでなくても良いと思います。iPad対応タッチペンでも書き心地が良い物もありますし、ペン先カバーを装着するとワンランク上の書き心地になる場合も実際にあるからです。

 

Apple Pencilで手書きする場合

OneNote のインクストロークは Apple Pencil 2 にも対応しており、ダブルタップでインクと消しゴムを切り替える事ができます。

描画タブで、テキストモードに設定すると、スタイラスペンで画面をなぞっても左右のスワイプしかできないので注意が必要になります。

テキストモードを解除する場合は、インクストロークのペンや消しゴムをタップすると解除できます。