iPad OneNote 活用!インクや図形の一部を消去する方法

iPad OneNote
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

OneNote for iPad デジタルノートで写真や図形を挿入してページに貼り付ける場合では、ドラッグ&ドロップも含めて微調整を行う場合が多いです。

微調整といっても色々な調整方法があるので皆さん共通して同じという訳ではありません。図形であれば回転や線の一部を切り取ったり、消去したりして継ぎ足すといった事も含まれます。

特に、手書きでイラストを描いたりする場合では、一部分だけ消して調整を加えるといった事も行う事もあるため、こういう作業が行えると助かります。

今回の記事は『OneNote for iPad デジタルノートで、インクや図形の一部を消去して操作する活用方法』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

OneNote for iPad イラストや図形を挿入する場合

OneNoteで図形を挿入する場合では描画タブを開くと挿入できるようになります。基本的には図形のアイコンをタップすれば挿入できます。

描画タブ

描画タブを開くと、インクストロークが画面上部の中央付近に表示されます。この状態でApple Pencilなどのスタイラスペンを使ってイラストや図形、手書き文字などを入力します。

インクで描いた図形などを移動する場合では、ノートコンテナが利用できないため、「なげなわ選択」を利用して選択し、ドラッグ&ドロップにて任意の場所に移動する必要があります。

 

インクストローク

インクストロークって何だろう?と思いますが、OneNoteの描画タブを開くと画面中央の上部に表示されているペンツールの事を指します。

ここでは、ペンや蛍光ペンの追加&削除、ペンの太さの変更、ペンの色を変更、消しゴムの設定変更などが行えます。

 

図形挿入

図形を挿入する場合は2種類の方法から選択できます。1つは図形のアイコンをタップして種類を選ぶ方法。

もう1つは、指先のタッチ操作 又は Apple Pencilなどのスタイラスペンで描いて、自動的に変換する方法。

残念ながら、どちらを選択しても満足できるとは限らないのが実情になるため、自分にとって最適に感じる方法で利用するのが賢明です。

 

スポンサーリンク

OneNote for iPad 複数の図形を選択して操作

手書きなどの操作で図形を挿入した場合では、位置の調整等も行う場合があります。テキスト入力の場合ではノートコンテナで自由自在に配置できましたが、描画タブは事情が異なります。

ノートコンテナが利用できない

ホームでテキスト入力した場合では自動的にノートコンテナが作成されるので移動や再配置といった操作が自由自在に行えます。

でも、描画タブでイラストや図形を描いた場合では、ノートコンテナが作成されないので、図形を「長押し」しても全くの無反応な事に気が付くと思います。

これでは、図形を移動したり、コピーや削除も容易に行えないため、困ったな~という展開になります。

 

図形の移動や削除の操作方法

① 削除
挿入した図形を完全に消去したい場合は、消しゴムに切り替えて、図形をタップすれば、跡形もなく消去されます。

 

② 削除以外の操作
図形を消去ではなく移動・コピー・切り取りしたい場合は、「なげなわ選択」を利用します。なげなわで図形を選択する事で、操作が行えるようになります。

中央の十字に見える矢印をタップしてドラッグ&ドロップする事も出来ますし、ワンタップであれば、コピーや回転といった操作も容易に行なえます。

 

OneNote for iPad 図形やインクの一部を消す活用方法

OneNoteの描画タブで手書き入力を行う場合ではイマイチに感じる図形などを消しゴムで消す事ができますが、全て消えてしまうと思います。

これでは一部分だけを消去したい場合に対応できません。何か良い方法は無いのでしょうか?

図形やインクの一部を消す場合

図形やインクを完全に消去する場合では、何も考えずに消しゴムを利用すれば何も問題なく行なえますが、任意の一部分だけを消したいといった場合は対応できるのか?も気になります。

この場合は、インクストローク(ペンツール)の消しゴムの設定を変更する事で対応できます。

 

図形の一部を切り取る事はできるのか?

図形やインクの一部を消す事が出来るのであれば、切り取って別の場所に移動する事も可能なのではないか?と考える場合もあります。

残念ながらiPadアプリでは出来ないような感じです。あくまでもOneNoteはデジタルノートなので本格的な描画ツールではないです。運用面でカバーするのが良いと思います。

なげなわ選択で一部を切り取る事は出来るので、この方法で対応するしかないのかも知れません。でも、上手く切り取れるのか?次第になります。

 

消しゴムの設定を変更

インクの場合は太さや色を変更できますが、消しゴムの場合は何が変更できるのかな?と思ってしまいます。

通常の設定では、消しゴム(ストローク)になっていますが、ただの「消しゴム」に変更すると、図形やインクの一部分だけを消す事ができるようになります。

 

iPad OneNote 活用!手書き描画で追加のペンを削除方法
皆さん こんにちは! OneNote for iPad デジタルノートで手書きする場合ではApple PencilなどのiPadタッチペンを利用してイラストなどを描画したりする場合もあります。 この場合に利用するのが描画...

 

OneNote for iPad インクストロークの設定補足

ここでは、ペンツールであるインクストロークについての補足的な事を紹介します。

ペンの追加&削除

ペンや蛍光ペンを追加する場合では、インクストロークの右隣にあるアイコンをタップする事で追加する事ができます。

追加したけれども不要になったペンや蛍光ペンを選択(タップ)した上で、インクの色の選択で削除を行う事で、インクストロークから削除も行えます。

 

インクを追加する場合

ペンや蛍光ペンなどを追加する場合では、最大でいくつぐらい追加できるのだろうか?と思った事はありませんか?

消しゴムは含めないで、最大で15個までペンや蛍光ペンを追加する事ができます。これ以上は+をタップしても無反応になります。

 

消しゴムは追加できない

消しゴムには2つの設定があるので2つとも、いつでも選択できるようにしておくと利便性も高まります。

ペンや蛍光ペンの場合は、追加や削除が行えるので、それならば「消しゴム」も追加できるのではないか?と考える場合もありますが、残念ながら消しゴムは追加や削除が行えません。

 

インクストロークが多い場合のデメリット

ペンや蛍光ペンをいくつか追加すると、ツールバーに表示されているアイコンの名称非表示になります。

この場合では、アイコンを見て判別する事になるので、ペン追加は程々が丁度よいです。特に困るのが、「インクを図形に変換」機能を利用する場合なのでは?と思います。