iPad OneNote 活用!手書きのペンや蛍光ペン追加方法

スポンサーリンク
iPad OneNote

 

皆さん こんにちは!

OneNote for iPad デジタルノートでは、Apple PencilなどのiPad対応スタイラスペンも利用できますが、この場合ではペンツールも切り替える場合があります。

何も間違いなくタッチペンで全部こなす事が出来れば非常に効率的ですが、残念ながら微調整といった作業も必要になるのが実情です。

全て1つのペンだけで対応できるとは限らないため、このような場合ではペンを切り替える事になります。

また、色々な蛍光ペンも利用したい場合もあるため、ペンの追加も必要です。

今回の記事は『OneNote for iPad デジタルノートで、手書き描画するペンや蛍光ペンを追加する活用方法』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

OneNote for iPad 手書き入力する場合

デジタルノートOneNoteではApple PencilなどのiPad対応タッチペンを利用して、手書き入力も行えるようになっています。

手書きは描画タブで行う

実際に手書き入力する場合では、どのように行えば良いのか?と言うと、アプリを起動すると最初に表示されるのが「ホーム」タブになります。

ホームではなく、描画タブを開くと、画面上部にペンツールが表示されるので、この状態でiPad対応タッチペンを利用すると手書き入力が行えます。

 

ペンツールはApple Pencilに対応

OneNote iPadアプリではApple Pencilにも対応しており、Apple Pencil 2 でダブルタップするとペンツールを切り替える事ができます。

通常では、鉛筆と消しゴムがワンセットになっていますが、この基本設定は、いつでも変更できるので前回使用したペンと今回使っているペンを切り替える設定にしても良いです。

 

図形も描画できる

描画タブでは、手書きの図形を自動的にちゃんとした図形に変換できる機能(モード)を利用する事ができます。

この機能を利用すると、◯や◇も簡単に作成できるので活用の幅も広がります。

 

スポンサーリンク

OneNote for iPad タッチ操作でも手書きできる

OneNote iPadアプリでは基本的にApple PencilなどのiPad対応スタイラスペンで手書きする事になりますが、指先のタッチ操作でも描画できるのはご存知でしょうか?

手書き入力はタッチペンとは限らない

いつもApple Pencilなどのタッチペンを利用して手書きするという風に思っていると、丁度良いタイミングで手元に無かったりすると利用できないといった感じになってしまいます。

これでは非効率的になってしまうので使い勝手にも影響が出来ます。このような場合は、描画モードを変更して対応する事ができます。

描画モード?と思うかも知れませんが、一般的に利用する場合では必要に感じていないため、通常ではOFFになっています。

そのため、描画モードをONにすれば指先のタッチ操作でも手書きできるようになります。

 

指先のタッチ操作でも手書きできる

実際に指先のタッチ操作で手書きする場合はどのように設定するのか?についての紹介になります。

先ず「描画」タブを開きます。次に、ツールバーの一番右端にある描画モードのアイコンをタップします。

タッチして描画」のスイッチがOFFになっているので、このスイッチをONにします。そうすると、いつでも指先でペンツールが利用できる状態になります。

ページ上で◯でも△でも矢印でも良いから、適当に描いてみてください。消す場合は消しゴムのアイコンをタップして、描いた物をなぞれば消去されます。

 

スポンサーリンク

OneNote for iPad 手書きするペンの追加する方法

スタイラスペンペンや指先のタッチ操作で手書き入力する場合では、必要に応じて、ペンツールも利用する事になります。

ペンや蛍光ペンは追加できる

手書き入力する場合に利用するペンツールは、蛍光ペンなどのツールを追加できるようになっています。

どのように追加すれば良いのか?と言うと、ペンのアイコンの右隣にアイコンがあるので、これをタップします。

追加するのは「ペン」なのか?それとも「蛍光ペン」なのか?を選択します。そうすると、1種類のペンが追加されます。

 

ペンを追加しなくても色を変更できる

わざわざペンを追加しなくても、ペンの色も変更できるようになっているため、その都度、色を変更しても良いです。

というのも、ペンや蛍光ペンを追加した場合では、何処で削除すれば良いのかな?といった感じになるからです。

それならば、色を変更して対応した方が良さそうに感じる場合があります。

 

その他の色も利用できる

ペンや蛍光ペンをタップすると、色を変更できるようになりますが、表示されている色は自分が求めているカラーではない場合もあります。

この場合は「その他のインクの色」をタップして、自分にとって最適に感じる色を作り出すのが最適です。

 

iPad OneNote 活用!デジタルノート基本的な操作方法
皆さん こんにちは! iPadで、ノートアプリを利用する場合では、色々なアプリがあるので、どれを選択すれば良いのか?非常に悩ましいのですが、あらゆる用途に活用できるのが良いかな?と思いました。 そこで白羽の矢が立ったアプ...

 

OneNote for iPad 追加したペンの削除

OneNoteでペンや蛍光ペンを追加した場合では、必要ないから削除したいな~と感じる場合もあります。この場合ではどのように削除すれば良いのでしょうか?

ペンを追加した場合のデメリット

ペンや蛍光ペンを追加すると色々な色のペンが直ぐに使える状態になるので便利になりますが、その反面、ツールバーに色々なペンが並んでしまうのでイマイチに感じます。

本当に必要なペンだけを表示してシンプルなツールバーにしておきたい場合もあるのが実情です。このように感じる場合は追加したペンは削除しても良いと思います。

 

追加したペンを削除する場合(活用)

追加したペンや蛍光ペンを削除する場合は、どうすれば良いのか?と思いますが、意外と簡単な事に気が付きます。

先ず、削除したいペンを選択してタップすると「インクの色」を変更できるようになりますが、上にスワイプすると「削除」が表示されます。

削除をタップすると、選択しているペンが削除されます。ペンの削除方法が分かれば安心してペンや蛍光ペンを追加できると思います。