iPad OneNote 活用!ノートコンテナの便利な使用方法

スポンサーリンク
iPad OneNote

 

皆さん こんにちは!

iPadで、デジタルノートアプリを利用する場合では、Microsoft OneNote for iPad を利用しています。

Windows PC をメインで利用している関係で、Microsoft OneNote for Windows10 も使っている事もあり、違和感なく利用しています。

操作方法も含めて機能面については異なる部分も多いので、「iPadアプリ」は出来ないのかな?といった感じで戸惑う場合もあります。

今回の記事は『Microsoft OneNote for iPad ノートコンテナの便利な活用方法』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

Microsoft OneNote for iPad

OneNote iPadアプリでは、Windows版では出来るけれども、iPadでは行えない機能もあります。機能限定版といった感じでの操作に近いです。

Windows版とiPadアプリの違い

OneNote for Windows10 では行えるけれども、iPadでは行えない機能の代表例は、機能の違いになります。

全てにおいて全部入りが、OneNote for Windows10 だと思っていれば良いと思います。

iPadアプリは全部の機能は利用できない限定版といった感じになります。ノートコンテナ内のテキストを分割する事はできますが、複数のコンテナを結合できないです。

そういう操作も含めて丸ごと行いたい場合は、Microsoft OneNote for Windows10 を利用するのが賢明の選択です。

 

OneNote ファイルの保存場所

Microsoft OneNote for iPad のファイル保存場所は、iPad内ではなく、Microsoft OneDrive になります。

アプリは無料で利用できますが、ファイルの保管場所は、使用量によっても影響を受けるため、指定の容量を超えると課金する必要も発生します。

標準では、5GBまで利用できます。それを超えると、課金が必要になります。又は、定期的に整理して5GB以内に収まるように努力する感じです。

 

キーボード、Apple Pencil

① キーボード
OneNoteを利用する場合では、キーボードを利用した方が便利に感じますが、ソフトウェア・キーボードで十分だと思います。

何故か?と言うと、キーボードケースに装着してOneNoteを利用すると、タッチ操作する時に、ちょっと手が疲れます。

この部分が解決できるのであれば、キーボードケースでも良いと思います。

 

② Apple Pencil
Apple Pencil も含めて、iPad対応タッチペンが利用できます。特に手書き入力を行う場合ではスタイラスペンが有った方が便利に感じます。

 

スポンサーリンク

iPad OneNote ノートコンテナの基本操作方法

デジタルノート OneNote を利用する上で、コンテナ操作は重要になります。ここではノートコンテナの基本操作についての紹介になります。

コンテナの移動 及び コンテナサイズ変更

① コンテナ移動
コンテナを移動する場合は、コンテナを選択すると外枠の中央に「・・・・」が表示されるので、ココをタップして、任意の場所にドラッグ&ドロップすれば良いです。

 

②コンテナサイズを変更(拡張)
コンテナサイズを横に拡張する事も出来ます。この場合は、コンテナを選択すると外枠が表示されます。

外枠の右上に「◀▶」があるため、ここをタップして右にスワイプするとコンテナ枠が拡張され、左にスワイプするとコンテナ枠が小さくなります。

 

カット、コピー、削除の方法

ノートコンテナを操作する場合では、「カット」、「コピー」「削除」の3つから選択できます。機能は名称の通りなので特に説明は入らないと思います。

操作はどうやって行うのか?と言うと、コンテナを選択すると外枠の中央に「・・・・」が表示されるので、ココをタップすれば良いです。

そうすると、「カット、コピー、削除」が表示されます。

 

フォントや色を変更

ノートコンテナ内のフォント文字の色を変更したい場合は、変更したい文字列を選択した上で、ホームのフォントの色をタップします。

通常(ライトモード)では黒色、ダークモードでは白色になっているため、ここをタップして自分好みのカラーを選択すると変更できます。

 

iPad OneNote 活用!デジタルノート基本的な操作方法
皆さん こんにちは! iPadで、ノートアプリを利用する場合では、色々なアプリがあるので、どれを選択すれば良いのか?非常に悩ましいのですが、あらゆる用途に活用できるのが良いかな?と思いました。 そこで白羽の矢が立ったアプ...

 

スポンサーリンク

iPad OneNote ノートコンテナ便利な活用方法

ここでは、ノートコンテナで利用できる便利な操作方法についての紹介になります。あくまでも筆者の視点になるため、参考になるのか?分かりません。

ウェブサイトのURLリンク挿入

ホームページなどのURLリンクをノートコンテナに挿入する場合は、挿入タブ内にあるリンクをタップします。

ハイパーリンクの編集窓が表示されるため、アドレスにURLを入力した上で「完了」をタップします。

基本的にはアドレスにURLを入力すればOKですが、これだと表示名がURLになってしまいます。URLではなくてテキスト名を表示させたいといった場合では、表示を変更入力する必要があります。

挿入したハイパーリンクを編集したい場合は、URLをタップして編集を行います。

 

数式を挿入して計算する活用

ノートコンテナでテキスト入力を行う感覚で簡単な数式を入力する事もできます。

この場合は計算式の最後にイコール「」を入力して、Enterキーを押すと計算も行えます。

でも、これはそんなに便利に感じるのか?とは思わないため、あくまでも基礎知識として頭の隅にでも入れておく程度で良いと思います。

 

ノートコンテナのテキスト分割操作

OneNote for iPad アプリでも、ノートコンテナ内の任意のテキストを分割できます。

分割したいテキストの文字列だけを選択した上で、任意の場所にドラッグ&ドロップするとコンテナを分割できます。

 

複数のノートコンテナを結合

OneNote for Windows では、Shiftキーを押しながらノートコンテナをドラッグすると、複数の任意のコンテナ同士を結合できます。

それに対して、OneNote for iPad アプリでは、これと全く同じ操作を行っても、複数のコンテナ同士を結合させる事はできません

キーボードケース及びマウスを利用した状態でも実際に試してみましたが、どちらの場合でもコンテナ同士が重なるだけでした。

どうやら、iPadアプリではコンテナの結合は行えないみたいです。コンテナの分割は出来るのに、結合できないのは残念に感じます。

 

iPad OneNote ノートコンテナ内に表を挿入する方法

デジタルノート OneNote for iPad では、Windowsでは出来るのに、iPadアプリでは出来ないコンテナ操作もあります。その1つの例が複数コンテナの結合になります。

表を挿入する場合

ノートコンテナ内に表を挿入したい場合は、挿入タブを開いて、左上に表示されている「表」をタップします。

そうすると、2×2の表が挿入されます。その上で、上下左右に表を追加したい場合は行や列を挿入する操作が必要になります。

また、挿入ではなく削除する事もできます。

 

タブtabキーで表を挿入できる

OneNote for iPad で、ノートコンテナ内に表を挿入する場合では、挿入タブを開いて、表をタップする必要があります。

この場合のデメリットは、格子2×2の表が挿入されてしま事に尽きます。これだと1×2の表を挿入したい場合では1段削除する手間が発生します。これでは非効率的になります。

タブ(Tab)キーを押すと簡単に1×1の表が挿入できます。1×2にしたい場合は、タブキーを2回連続でタップするだけで良いです。

 

tabキーで表を挿入(注意事項)

実際に1×1の表を挿入する場合では、注意事項があります。順番としては、先ず任意の場所を選択して何か入力してノートコンテナを作ります。

その上で、テキストの最後尾にカーソルを合わせてタブ(Tab)キーをタップする必要があります。