iPad OneNote 活用!手書きのメモを描画で図形に変換

スポンサーリンク
iPad OneNote

 

皆さん こんにちは!

OneNote for iPad デジタルノートではApple PencilなどのiPad対応タッチペンで手書き入力も行えるようになっています。

この場合では描画タブを開いて手書き入力を行う事になりますが、図形なども描く場合があります。この時に手書きなのでメリハリのある図形という訳ではないのがちょっと残念といった感じだと思います。

ところがどっこい!そうは問屋がおろさないのである。OneNoteでは手書きメモの図形をちゃんとした図形に変換できる機能を搭載しているので、その機能を便利に利用した方が効率的です。

今回の記事は『OneNote for iPad デジタルノートで、手書きのメモを描画で図形に変換する活用方法』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

OneNote for iPad 手書き入力する場合

デジタルノートOneNoteで手書き入力を行う場合ではApple PencilなどのiPad対応タッチペン(スタイラスペン)を利用する事になります。

指先のタッチ操作で手書きできる

OneNote for iPad を一般的な操作で手書き入力を行う場合では、指先のタッチ操作で手書き入力する事は出来ません。

でも、基本的な設定の変更を行う事で指先のタッチ操作でもペンツールを利用して自由自在にテキスト入力や図形といったスタイラスペンと同様の機能を利用する事ができます。

どちらの操作が良いのか?は自分で比較してみるのが良いのでは?と思います。個人的にはApple Pencilなどのタッチペンを利用した方が便利に感じます。

 

Apple Pencil等のiPadタッチペンが必要

OneNoteで手書き入力する場合ではApple Pencilなどのタッチペンを利用する事になります。実際にタッチペンを利用して手書きする場合では、ホームタブで使っても反応しません。

タッチペンを利用するには、描画タブを開く必要があります。そうすると、画面中央の上部にペンツールが表示されるので、この状態で手書き入力を行う事になります。

 

ペンは追加できる

現在表示されているペンツールに自分にとって最適な色が無い場合は「」をタップするとペンや蛍光ペンを追加できるようになっています。

また、インクの色も自由に変更できるため、ペンを追加しなくても対応できる場合も多いです。

 

スポンサーリンク

OneNote for iPad 図形を挿入する活用方法

ページではテキスト入力するだけでなく、写真などの画像や表も挿入できるのですが、図形は挿入タブでは利用できません。

図形の挿入は何処で行うのか?

テキスト入力以外の何かを挿入する場合では「挿入」タブを開くと対応できるようになりますが、このタブ内だったとしても図形は何処にもありません。

何故だか?分からないけれども図形だけは無いのである。これだとOneNoteでは図形は挿入できないのかな?と思ってしまうのではないでしょうか?

実は図形は取り扱っているタブが違います。描画タブを開くと、図形を挿入する事が出来るようになります。

とはいえ、図形といっても選択できるのは14種類なのであまり多くないのが実情です。流石にこれでは利用できる図形も限られてしまうのではないでしょうか?

 

図形は描画タブで挿入できる

描画タブで図形を挿入できるようになりますが、実際に利用する場合では、挿入できる図形の種類が少なくてあまり役立たない場合も多いです。

それでも、「◯、◇、△、矢印などの図形を利用できるため、使い方次第では便利に利用できる場合があります。特にそのように感じるのは各種矢印なのではないでしょうか?

とはいえ、使える図形が少ないと使い勝手も悪くなるため、最適な選択とは言い難いです。このような場合に便利なのが、手書きの図形を自動的にちゃんとした図形に変換できる機能になります。

 

スポンサーリンク

OneNote for iPad 手書き図形を自動的に変換方法

デジタルノートOneNoteで図形を挿入する場合では、描画タブを開いて図形をタップすると図形を挿入できるようになりますが、種類が少ないです。

手書きメモを図形に自動変換

手書きの図形をそのままノートコンテナに配置していても良いのですが、明らかに見栄えが悪いので、どうにか?したいと思うのでは?

このような場合に最適なのが、手書きを自動的に図形に変換できる機能を利用する方法になります。この機能を使えば誰でも簡単にちゃんとした図形を描く事ができる優れものです。

この機能はどのように行えば利用できるのか?と言うと、ツールバーに「インクを図形に変換」が表示されています。

 

インクを図形に変換の操作方法

インクを図形に変換」をタップすれば手書きの図形をちゃんとした図形に変換できるのですが、既に手書きしてある図形には全く効果がありません。

この機能を利用するには、手書きする前に先にタップする必要があります。

つまり、ちゃんとした図形を描く場合は、ツールバーの「インクを図形に変換」をタップしてから、Apple Pencil等で手書きするのである。

因みに、一般的な操作設定では基本的に指先で描く事は出来ないので要注意です。

 

iPad OneNote 活用!デジタルノート基本的な操作方法
皆さん こんにちは! iPadで、ノートアプリを利用する場合では、色々なアプリがあるので、どれを選択すれば良いのか?非常に悩ましいのですが、あらゆる用途に活用できるのが良いかな?と思いました。 そこで白羽の矢が立ったアプ...

 

指先のタッチ操作で図形を描画する場合

基本的にはApple PencilなどのiPad対応タッチペンで描画する事になりますが、色々な事情でタッチペンが利用できない場合もあります。

このような場合では手書き入力できないのかな?と思ってしまいますが、そんな事はありません。描画モードを設定する事でタッチ操作で手書きできるようになります。

 

OneNote for iPad インクを図形に変換の補足

ここでは、描画タブで手書きの図形を自動的にちゃんとした図形に変換できる機能を利用する場合の補足についての紹介になります。

指先のタッチ操作で図形を描画する場合

手書き入力の場合では、基本的にはiPadタッチペンを利用して描く場合が多いですが、指先で描く場合もあります。

この場合では、予め、描画モード内にあるタッチ操作のスイッチをオンにしておく必要があります。

 

描画モードの設定方法

描画タプのツールバーには右端に「描画モード」が表示されています。ここをタップすると、「タッチして描画する」のスイッチがあります。

指先のタッチ操作で図形も含めて手書き入力を行う場合は、このスイッチをオンにするとApple Pencil不要で手書きできるようになります。

但し、この場合は、ペンツールは指先で変更する必要があります。

 

スタイラスの方向も変更できる

描画モードには、Apple PencilなどのiPad対応タッチペンを利用する場合に便利な機能である「スタイラスの方向」を変更できる機能が搭載されています。

ここで6種類(絵で表示)から選択できるようになっているため、自分にとって最適に感じる設定に変更してください。