iPad OneNote 活用!サイトURLリンク挿入&追加方法

iPad OneNote
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

OneNote for iPad デジタルノートでは、写真などの画像や図形、ノートシールを挿入して追加して利用する事もできます。

自分のオリジナルノートの作り込みでは、他のWEBサイトを参考にする場面にも恵まれるため、URLリンクを挿入していつでも開けるようにしておきたい場合もあります。

このような場合でもOneNote iPad アプリは対応する事が出来ます。WEBサイトのURLを挿入 及び ホームページを開ける事が行えるので自分の為に役立てる事も容易になります。

今回の記事は『OneNote for iPad デジタルノートで、WEBサイトのURLリンクを挿入して追加する活用方法』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

OneNote for iPad WEBサイトのリンク

デジタルノートOneNoteでオリジナルのノートを作り込みする場合では、自分にとって最適に感じるように作成したいと考えると思います。

自分にとって最適に感じるノート作り

OneNoteはテキスト入力や写真などの画像を挿入したりするのに最適に感じるデジタルノートになるため、使い勝手も良いです。

特に、写真などの画像はiPad内の保存されているファイルだけでなく、オンライン上の画像を自由自在の検索して挿入できるようになっています。

さらには一度挿入した画像やテキストを、自由自在にどこでも配置できるのでイメージ通りのノートを作る事が可能になります。

 

URLリンクも挿入

自分にとって最適なオリジナルノートを作る場合では、当然のごとく、どこかの参考になるWEBサイトにもアクセスできるようにしたい場合もあります。

そんな場合に役立つのがURLリンクになりますが、これを任意の場所に作成しておくと便利だったりします。

OneNoteでもそれが可能なので、挿入して便利に使った方が良いと思います。

 

スポンサーリンク

OneNote for iPad サイトURLリンクの追加方法

デジタルノートOneNoteで参照したいWEBサイトのURLを挿入して追加する事もできますが、この場合の操作方法についての紹介になります。

ハイパーリンクの挿入方法

① 挿入
参照したいWEBサイトのリンクを挿入したい場合では、「挿入」タブを開きます。

 

② 任意の場所
ページの何処にリンクを挿入するのか?を決めて、その場所をタップします。

 

③ リンク
ツールバーに表示されている「リンク」をタップします。そうすると、ハイパーリンクの編集が表示されます。

 

④ URL入力
WEBサイトのホームページアドレスを入力します。

※ 表示にも同じ物が入力されるため、変更したい場合は、別のテキストを入力します。

 

URL入力の注意事項

URLを入力する場合では、同時に表示にも同じURLが入力されてしまうので、要注意となります。ホームページアドレスを表示したい場合はこれでも良いですが、アドレスではなく、任意のテキストを表示したい場合もあります。

その場合は、同時入力される表示名をBackspaceキーで削除した上で、新たに適切なテキスト名称を再入力するのが賢明の選択になります。

又は、ハイパーリンクを編集する事も出来るので、どちらか?の方法で行います。

 

URL入力できない場合もある

稀に、入力したハイパーリンクがタップしても開かない場合や、そもそも「リンク」をタップしてもキーボードが瞬間的に表示されて非表示になってしまい、ハイパーリンクの編集が行えない不具合が発生する場合もあります。

この場合の対処方法は、一度Appスイッチャーを表示した上で、上に払うようにフリックして、OneNoteを閉じた上で、ホームに戻ります。

ホームに戻ったら再度、OneNoteを起動すると、リンクの操作が行えるようになります。

 

iPad OneNote 活用!付箋に写真メモを追加&貼り付ける方法
皆さん こんにちは! OneNote for iPad デジタルノートでは、付箋メモを利用する事ができますが、実際に利用する場合は色々とコツが必要だったりします。 どんなコツ?と思うかも知れませんが、普通に入力したつもり...

 

OneNote for iPad ハイパーリンクを開く場合

デジタルノートOneNote iPadアプリに追加したWEBサイトのURLリンクを追加して満足するようでは別にそんな事をしなくても問題ありません。開いてこそ!活用できるものです。

追加したURLリンクを開く場合

ページに参照したいWEBサイトのURLリンクを追加した場合では、真っ先に本当に開く事ができるのかな?と気になって開けてみたくなるものです。

この場合はどのようにページにアクセスすれば良いのか?と言うと、そんなに気にする事もなく、いつもの操作で何ら問題ありません。

URLリンクをタップした上で、ハイパーリンクを開くをタップすれば良いです。

 

ブラウザの起動

ここで注意が必要になるのですが、「ハイパーリンクを開く」をタップすれば瞬時に参照のWEBサイトが表示されるという訳ではありません。

何故か?と言うと、WEBサイトを開くにはブラウザを起動する必要があるからです。OneNote for iPad はデジタルノートですが、ブラウザではないため、起動するまでにちょっと時間を要します。

この辺は仕方がないので不満かも知れませんが、諦めて下さい。

 

WEBサイトからOneNoteに戻る場合の操作方法

OneNoteのリンクをタップしてWEBサイトを参照した場合では、当然の事ながら目的が達成されたらOneNoteに戻る事になります。

Dockを表示して対応する活用

WEBサイトのリンクをタップすると目的のWEBサイトが表示されますが、またOneNote に戻りたい場合もあります。

あくまでも参照するのが目的になるため、目的が達成されれば用済みなのである。そのため、またOneNote に戻って、作業を継続する事になります。

リンクをタップした時点でブラウザが起動するため、どうすれば良いのかな?と思ってしまいます。

この場合は、基本的にはDockを表示してOneNoteをタップすれば、また途中から作業の継続を行う事ができます。

 

Appスイッチャーを表示する方法

Dockを表示する場合では、OneNoteをDockに格納しておく必要があるため、格納していない場合は利用する事ができません。

このような場合では、Appスイッチャーを利用するのが最適になります。アプリスイッチャーはタッチ操作で簡単に呼び出せるのでDock表示に匹敵するぐらいに便利な操作方法になります。

画面の下側からスワイプして、画面中央で一旦停止すると、起動しているアプリが一覧で表示されるため、OneNoteをタップすれば良いです。

 

参照したWEBサイトを閉じる方法

AppスイッチャーでOneNoteを開く場合では、一度参照したWEBサイトを閉じても良い場合があります。

この場合は、画面の上側に払うようにフリックすれば参照していたWEBサイトが消えてアプリが閉じます。