iPad OneNote 活用!付箋に新しいメモを入力する方法

iPad OneNote
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

OneNote for iPad デジタルノートでは付箋機能を利用する事ができます。付箋と言うよりも単純に「メモ」機能と言った方が正解なのでは?と感じます。

というのも、ノートに付箋を貼り付けるといった感じではなく、ノートにメモを追加するといったイメージでの利用になるからです。

ノートシールの場合では付け外しも簡単に行えるのですが、これと全く同じような操作性ではないため、付箋という表現には違和感を感じます。

今回の記事は『OneNote for iPad デジタルノートは、付箋に新しいメモを入力する活用方法』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

OneNote for iPad 付箋メモを利用できる

デジタルノートOneNote iPadアプリで付箋(メモ)機能を使う場合についての紹介になります。

OneNote 付箋を利用する場合

付箋の機能を利用する場合は、ホームのツールバーの右端にある付箋のアイコンをタップすると利用できるようになります。

この機能は付箋というより、メモ一覧と考えた方が良いです。何故か?と言うと、メモを入力sきて表示するといった感じの機能だからです。

 

付箋の入力内容

メモの場合では、ちょっとしたタイトル内容を入力する場合が多いですが、いきなり内容を入力するメモとなります。

この辺は付箋の要素になっている感じです。タイトルが無いので何の件なのか?分かりづらいのがデメリットに感じますが、運用で十分にカバーできるため、これはこれで良いかも知れません。

 

メモのタイトル

新しいメモを入力する場合では、タイトルが無いので、何の件なのか?分かりづらいのがデメリットになりますが、幸いな事に最初の行が、付箋一覧に表示されるようになっています。

つまり、最初の行を「メモのタイトルを入力する」と決めておけば、重要なメモの用途でも十分に満足できる使い方が行えるのである。

 

スポンサーリンク

OneNote for iPad 付箋機能でメモ入力する活用方法

ホームで付箋を入力する場合では、ちょっと困った事が発生する場合も多いです。何に困るのか?と言うと、メモを入力したいのにも関わらず入力できないという有り得ない展開。

テキストメモの入力

付箋のアイコンをタップすると付箋一覧が表示されます。付箋が何も無い場合は一覧は表示されないです。

新しいメモを入力する場合は画面の右下に表示されている「」マークをタップすると、入力が行えるようになります。

 

付箋の機能

① 付箋紙の色分け
「新しいメモを入力」と表示されている上の段の右端にある「・・・」をタップすると、メモ入力の用紙を変更できます。

付箋紙には色々なカラフルな色もあるので、それに似せて利用する事が出来ます。重要なメモを実際のカラーで分けるといった使い方も行えるようになります。

 

② 付箋の削除
用が済んだ付箋紙は邪魔なのでゴミ箱に捨てる場合が多いですが、これと同じ操作を行う場合は「メモの削除」をここで行います。

 

実際にメモを入力すると・・・

ここでちょっとした問題が発生します。何が問題なのか?というと、入力したいのにも関わらず、キーボードが非表示になってしまうのである。

確かに瞬間的には表示されるのですが、瞬間的にまた消えて非表示になってしまいます。これでは全くと言って良いほど、役に立たないので実際には使えない機能なのかな?と思ってしまいます。

でも、これは操作する順番が違っているので、このようになってしまうのである。OneNote for iPad アプリを利用する場合では、説明書なんて読まないで使い始める場合が圧倒的に多いです。

というより、そもそも操作説明書なんて無いのでは?

 

OneNote for iPad 新しいメモを入力するコツ

付箋で新しいメモを入力スル場合では、何故か?分からないけれどもキーボードが非表示になって実際には入力できない!という不具合が発生する場合があります。

メモ入力にはコツがある

そもそもどうしてキーボードが瞬間的に表示されて消えてしまうのか?不思議に思います。これでは入力したいけれども入力できないので使い勝手は良くないです。

これは仕様なので仕方ないという事で割り切ってしまうのが最適です。

付箋でメモを入力する場合は、必ずページの任意の場所を何処でも良いからタップしてキーボードを表示するように習慣づけるのが一番最適な解決方法です。

これを習慣づける事で、スムーズに付箋のメモ入力が行えるようになります。

 

新しいメモを入力方法(まとめ)

ここでは、どのように入力を行えば、すんなり付箋メモを作成できるのか?についての紹介になります。

先ず付箋を開いた時に、「新しいメモを入力」と表示されている部分をタップしてはいけません。ココをタップすると、一瞬キーボードが表示されて直ぐに消えてしまうからです。

それならばどうするのか?と言うと、左隣のページの任意の場所をタップした上で、付箋メモをタップするのである。

そうするとキーボードは非表示にならないため、付箋メモを入力できるようになります。

この事に気が付かないと、こんなの全く使えない機能じゃないか!ある意味、怒ってしまったり文句の嵐といった感じになります。

 

iPad OneNote 活用!付箋メモを追加&一覧表示する方法
皆さん こんにちは! OneNote for iPad デジタルノートで付箋な重要なメモ等を書き留めておいて、それをいつでも直ぐに呼び出したいと思った事はありませんか? 筆者の場合はよくあるのですが、そういった事も何なく...

 

OneNote for iPad 写真付きの付箋メモを作成

付箋を入力する場合では入力のコツも必要になりますが、写真付きの付箋メモを作成する場合もちょっとしたコツが必要になります。

写真付の付箋メモでもコツが必要

テキストの付箋メモを作成する場合ではちょっとしたコツが必要になりましたが、写真などの画像を挿入したメモを作成する場合もコツが必要になります。

ハッキリ言って、コツだらけで使い勝手は良くないと断言できるのですが、OneNote for iPad アプリを利用するには仕方のない事だと割り切るしかありません。

コツを使わないで普通に写真メモを作成する場合では、普通に強制終了になってしまう場合が圧倒的に多いのである。

もしかして・・・バグなのかな?と思ってしまうのでは?と思いますが、ただ単に使い方が悪かっただけという事実に気が付きます。

 

写真付の付箋メモを作成する方法

① キーボード表示
実際に写真付きの付箋メモを作成したい場合は、ページの任意の場所をタップしてキーボードを表示します。

 

② テキスト入力
次に付箋の「新しいメモを入力」をタップした上で、テキストを入力します。写真メモの場合では写真がメインなのですが、テキストを先に入力する必要があります。

 

③ 写真を挿入
テキスト入力が終わったら、写真などの画像を挿入します。ライブラリから画像 又は 画像撮影の場合は画面右下に表示される「完了」をタップすると、写真メモ作成が完了します。

 

④ 写真メモ表示
付箋のメモ一覧に写真が表示されます。