iPad OneNote 活用!規定のフォント・サイズ変更方法

iPad OneNote
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

OneNote for iPad デジタルノートでは、テキスト文字を入力する事も出来ますが、この場合では予め指定されているフォントサイズで入力する事になります。

入力した文字サイズが自分にとって最適に感じるのであれば何も問題ありませんが、ちょっと小さいサイズに感じるといった場合もあります。

このような場合では当然の事ですが、フォントサイズも変更すると思います。でも、ところがどっこい!そうは問屋がおろさないのである。

確かにフォントサイズを変更できるのですが、現在入力しているノートコンテナ以外の場所に映るとフォントサイズが標準に戻ってしまいます。

今回の記事は『OneNote for iPad 規定のフォント 及び フォントサイズの変更を設定する活用方法』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

OneNote for iPad テキスト入力する場合

デジタルノートOneNoteで、テキスト入力を行うと自動的にノートコンテナが作成されます。ノートコンテナは自由自在にどこでも配置できます。

OneNote iPadアプリでテキスト入力

ページでテキスト入力する場合では、任意の場所をタップしてキーボード入力 又は Apple Pencil などのiPad対応タッチペンで手書き入力する事になります。

何か文字を入力すると、自動的にノートコンテナが作成されます。このコンテナはドラッグ&ドロップで自由自在にページの何処でも再配置できます。

 

OneNote for iPad キーボード入力

ページ上でテキスト入力する場合に必要になるのがキーボードになりますが、外付キーボードやソフトウェア・キーボードを利用できます。

どちらのキーボードが最適なのか?は個々の判断で決めて頂くのが良いと思います。というのも、好み感じ方には個人差があるからです。

あえて言えば、ソフトウェア・キーボードで十分に感じます。その理由の1つとして、Apple PencilなどのiPadタッチペンを併用する場合に便利だからです。

特にフローティング表示で配置も自由自在ですから、使い勝手が良いです。

 

手書き入力

Apple PencilなどのiPad対応タッチペンを利用して手書き入力を行いたい場合は、描画タブを開くと手書き入力が行えるようになります。

図形挿入も、「インクを図形に変換」機能を利用すれば、手書きの図形をちゃんとした図形に自動的に変換してくれるため、見栄えが良いです。

 

スポンサーリンク

OneNote for iPad フォントやフォントサイズ変更

デジタルノートOneNote iPadアプリでテキスト入力する場合では、いつも同じフォントを利用するパターンが多いですが、必ずしも最適に感じるという訳ではないのも実情だと思います。

フォントやフォントサイズの変更する活用

キーボード入力したテキストの文字サイズが小さいな~と感じる場合も有ると思います。このような場合では、フォントサイズを変更すれば簡単に大きな文字サイズになるため、便利に利用できます。

また、フォントサイズだけでなく、そもそもフォントを変更したいと感じる場合もあります。フォントを変更する事で、文字の書体を変える事が出来るため、いつもPCで利用しているのと同じ物に変更できます。

 

変更しても元に戻ってしまう

OneNoteのページで文字のフォントやフォントサイズは確かに変更できるのですが、ここで問題が発生します。

現在入力しているノートコンテナ内では変更したフォントサイズのまま改行しても文字サイズは維持できるのですが、他の任意の場所をタップして入力すると、文字サイズが元に戻ってしまいます。

あれ?確かにさっきまでは文字サイズを変更して大きな文字を入力できていたのに、どうして元に戻ってしまうのだろうか?といった感じ。

何回やっても全て同じ結果になってしまうのである。これでは入力作業が非効率的になってしまうのでよくないです。

 

iPad OneNote 活用!デジタルノート基本的な操作方法
皆さん こんにちは! iPadで、ノートアプリを利用する場合では、色々なアプリがあるので、どれを選択すれば良いのか?非常に悩ましいのですが、あらゆる用途に活用できるのが良いかな?と思いました。 そこで白羽の矢が立ったアプ...

 

OneNote for iPad 規定のフォントサイズの変更設定

OneNote フォントやフォントサイズを変更した場合では、現在入力しているノートコンテナ内であれば、改行してもフォントサイズを維持できますが、別のノートコンテナで入力すると元のサイズに戻ってしまいます。

フォントの変更場所

そもそも文字サイズの変更場所は何処で行っているのでしょうか?たいていの場合はホームタブに表示されているフォント 及び フォントサイズを変更しているのでは?と思います。

ここを変更していても「規定のフォント 及び フォントサイズ」を変更設定していないので、文字サイズが元に戻ってしまいます。

この事に気が付かないと、どうして元に戻ってしまうのだろうか?といった感じで悩んでしまう結果に陥ります。

 

規定のフォント 及び 規定のフォントサイズ

単発ではなく、いつも入力するテキストの文字サイズを現在よりも大きくしたり、小さくしたりする場合は「規定のフォント」を変更する必要があります。

ホームタブに表示されているフォントサイズは規定のフォントサイズを表示しているだけに過ぎません。ここを変更すると現在使用中のノートコンテナ内の文字サイズを変更できます。

表示しているだけなので、ここを変更しても何も解決できないのである。

 

規定のフォントサイズ変更の設定する活用方法

① 設定を開く
画面右上にある4つのアイコンのうち、右から2番目にある設定アイコンをタップします。

 

② 編集と表示
設定を開いたら、編集と表示をタップします。

 

③ 規定のフォント 及び 規定のサイズ
編集と表示の中に規定のフォント 及び 規定のサイズがあるため、必要に応じて、自分にとって最適な物に変更します。

 

④ 設定完了
規定のフォントサイズを変更したら、任意の場所をタップすると、変更設定が完了します。

 

OneNote for iPad 規定のフォント変更の補足

OneNoteの規定のフォントを変更するにあたって補足事項があるため、その紹介になります。

利用できるフォント

規定のフォントを変更する場合では、自分にとって最適に感じるフォントに設定したいと考えると思います。

OneNoteで利用できるのは、Office互換フォントになるため、自分が求めているフォントが無い場合もあります。

また、どのフォントを利用するのか?によっても、細かく設定する必要もあるため、ちょっと面倒に感じる場合もあります。

 

まとめ

OneNoteで規定のフォント 及び 規定のフォントサイズを変更する場合は、ホームタブに表示されているフォントには触ってはいけません。

設定の「編集と表示」の中にある規定のフォント規定のサイズで変更します。