iPad OneNote 活用!チェックボックス付リスト作成方法

スポンサーリンク
iPad OneNote

 

皆さん こんにちは!

OneNote for iPad デジタルノートには色々と便利に利用できる機能が有るので、自分だけのオリジナルなノートの作り込みにも役立ちます。

便利な機能の1つに挙げられるのがノートシールになります。デジタルノートに貼付できるタグになるのですが、この機能は挿入して付けるのも簡単ですが、シールを剥がすのも簡単なのである。

さらには、ただ単にシールとしての役割だけでなく、チェックボックスのような利用方法も行えるタイプも利用できるようになっています。

ノートシールを利用すれば簡易なチェックリストも容易に作成できるため、使い方は覚えておいて損は無いと思います。

今回の記事は『OneNote for iPad チェックボックス付リスト作成する活用方法』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

OneNote for iPad ノートシール(タグ)

デジタルノートOneNote iPadアプリでは、タグであるノートシールを利用できるようになっていますが、便利に使える反面、一長一短に感じる部分もあるため、必ずしも便利に使える機能ではないです。

OneNote ノートシールが利用できる

OneNoteで利用できるノートシールとは、いったい何なのか?と言うと、シールのように利用できるタグだと考えて頂ければ問題ありません。

シールは貼ったり、剥がしたりしますが、これと全くではないですが同じような機能を持たせたのがノートシールになります。

実際にはアイコンを付けたり剥がしたりできる機能なので、重要な部分を強調する目的で利用したりできるタグだと思います。

タグであるシールを付け外しするだけでなく、チェックボックス的な機能も担うタスクタイプもあるので仕事にも活用できるかも知れないシールです。

 

iPad OneNote ノートシールのデメリット

OneNote for iPadで利用できるノートシールの種類は27種類なので、そんなに多くはないのが実情になります。

それならば新たに作成して作れば問題ないのですが、iPadアプリではその機能が実装されていないため、カスタマイズできません。

さらに、OneNote for Windows で新たにノートシールを作成する事も可能なのですが、作成したノートシールをiPadアプリで利用できないのである。

たぶん、これが一番のデメリットになるのでは?と個人的に考えます。

 

スポンサーリンク

OneNote for iPad チェックボックスを利用できる

デジタルノートOneNote iPadアプリではタグであるのーとシールを利用できますが、その中にはチェックボックスの役割を担うタスクタイプもあります。

OneNoteで活用できるチェックボックス

OneNote iPadアプリで利用できるチェックボックスのノートシールは「タスク」になります。タスクは直ぐに利用できる3つのタグに含まれているため、ツールバーに表示されています。

「タスク」を利用すればチェックリストにも対応できるので、使い勝手の幅が広がるのはメリットに感じますが、正直のところ、あまり用途は無さそうに感じます。

どのように活用するのか? 又は どんな用途に活用できるのか?が重要になるのでは?と考えます。

 

細かな設定は行えない

タスクタイプノートシールは一見すると、チェックボックスとして利用できるため、タスク管理の用途に使えると解釈してしまいます。

でも、ただ単に「レ点」を表示したり、レ点を消したりするだけなので、ある意味、見せかけ的な感じのするチェックボックスになります。

 

チェックするだけの単機能

チェックボックスとして利用できる「タスク」ノートシールになりますが、チェックを入れるという単機能しか持っていないため、細かな設定が行えません。

これではタスク管理を行う用途に使うのはちょっと微妙に感じるため、仕事用途に活用も厳しいのではないか?というのが率直な感想になります。

とはいえ、「何かをやらなければいけない」といった用途でチェックリストを使う場合も十分にあるため、簡易な用途であれば使えるかも知れません。

 

スポンサーリンク

OneNote for iPad チェックボックス付リスト作成方法

正直のところ、単機能しか持っていないチェックボックスの役割を担う「タスク」タイプのノートシールになりますが、それでも使いようによっては活用も可能です。

やる事チェックリストで活用

毎日これだけは必ずやらなければいけない!というのは誰しも何かしら有るものです。

特に自宅ノートPC(OneNote for Windows)で「やる事リスト」を作成しておき、通勤の持ち歩いているiPad mini でチェックする使い方は便利です。

一番使えるのはWindowsとiPadの連携利用が最適でかつ、仕事にも活用できるパターンだと個人的に考えます。

 

チェックボックス付リスト作成方法

どのようにチェックリストを作るのか?になりますが、これは至って簡単です。

OneNote の任意のページを開いて、タイトルに名称を付けて「◯◯リスト」ホームのツールバーに表示されているタスクタイプのノートシールをタップするだけです。

タスクをタップすると、⬜が挿入され、項目入力できるので、メールを確認やスケジュール確認などのテキストを入力して改行キーを押します。

改行キーを押すと、⬜が追加され、次の項目入力となります。

 

次の項目を入力しない場合

タスク」ノートシールをタップすると、チェックボックスが挿入され、項目を入力できますが、改行キーを押すと、次の項目といった感じにチェックできる項目が増えていきます。

でも、途中で終了したい場合は、どのように行えば良いのか?分からない場合もあります。この場合では、任意の場所をタップすると確定されます。

ぜんぜん違う場所をタップした方が逆に分かりやすいと思います。

 

iPad OneNote 活用!ノートシール付け外し(挿入削除)
皆さん こんにちは! OneNote for iPad デジタルノートでは、重要なメモなどを強調する役割を担う事ができるタグで(ノートシール)を利用できるようになっています。 この機能を利用すると、段落の前などにアイコン...

 

OneNote for iPad 「タスク」ノートシール

チェックボックスタイプのノートシールを利用する場合では、基本的にはツールバーに表示されている「タスク」をタップすれば問題ありません。

タグ一覧の中にも「タスク」がある

タスクタイプのノートシールを利用する場合では、基本的には直ぐに利用できるツールバーを使うと思います。

でも、実は、タグ一覧の中にも「タスク」タイプのノートシールがいくつか格納されています。それならば、何が異なるのか?という事になりますが、基本的には大して変わらないです。

明らかに異なる部分はアイコンのと若干ですがが異なります。優先度によっても色分けされているのである。

 

優先度によっても色が異なる

タグ一覧を表示すると、「上司と相談」、「会議を設定」、「折り返し電話」、「タスク(優先度1)」、「タスク(優先度2)」、「顧客からの依頼」というチェックボックスタイプを選択できるようになっています。

この内の、「会議を設定」、「折り返し電話」、「タスク(優先度1)」のカラーはブルーで、それ以外はオレンジ系のカラーになっています。

色分けできるので、優先度によっても異なるチェックリストを作成できます。チェックボックスの形もほんの少しだけ異なっているため、気休め程度のオリジナル性も付ける事が出来ます。

 

タスクの使い勝手

タスクタイプのノートシールは大した機能が無いので、大した用途に活用できないのがデメリットになりますが、2種類の色分け 及び 若干異なる形になっているので、使い方次第でも変わって来るのかな?と感じます。