iPad OneNote 活用!デジタルノート基本的な操作方法

スポンサーリンク
iPad OneNote

 

皆さん こんにちは!

iPadで、ノートアプリを利用する場合では、色々なアプリがあるので、どれを選択すれば良いのか?非常に悩ましいのですが、あらゆる用途に活用できるのが良いかな?と思いました。

そこで白羽の矢が立ったアプリが、Microsoft OneNote for iPad になります。このアプリは無料で利用できるデジタルノートになります。

厳密に言えば、Microsoft OneDrive にファイルが保存されるため、使用している容量によっては課金も必要になる場合があります。

今回の記事は『Microsoft OneNote for iPad デジタルノートの基本的な操作の活用方法』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

Microsoft OneNote for iPad について

OneNote はMicrosoft のデジタルノートアプリです。このアプリについて基本的な説明及び解説についての内容になります。

OneNote デジタルノート

OneNoteはどういうアプリなのか?になりますが、色々あるのーとアプリの1つに該当するデジタルノートというカテゴリのアプリです。

デジタルノートなのですが、使い方次第で色々な用途に対応できるため、趣味の用途から仕事活用まで便利に使えるアプリの1つになります。

Apple Pencil に対応しているだけでなく、手書きのメモを図形に変換する事も可能なので、使い方次第では便利に活用できます。

また、画像の挿入 及び 配置も自由自在であるため、オリジナル仕様のノート 及び 参考書作りにも使えます。

 

ノートブック、セクション、ページ

① ノートブック
OneNote のノートブックは、1冊のノート(フォルダの大分類)といったポジションに該当します。大分類カテゴリだと認識しておけば良いと思います。

 

② セクション
セクションは小分類といったポジションになります。メモを分類するためのカテゴリとなります。オリジナルのラベルを貼って管理します。

 

③ ページ
実際にテキスト入力や画像貼付などを行うのがページになります。このページは別のセクションに移動やコピーする事も出来ます。

 

ノートコンテナとは?

OneNoteを利用する上で、覚えておく必要があるのが「ノートコンテナ」になります。これは何なのか?と言うと、テキストボックスのような物と思って頂ければ良いのではないか?と考えます。

ページで任意の場所をタップして、入力すると自動的にノートコンテナが作成されます。

 

iPad 活用方法!デジタルノート OneNote 使用レビュー
皆さん こんにちは! iPadでノートアプリを利用する場合では、無料 又は 有料アプリをApp Storeからインストールして利用する事になります。 無料だと機能面で満足できない場合が多く、有料だと機能面が満足できる場合...

 

OneNote ファイルの保存場所

Microsoft OneNote for iPad のファイルは、Microsoft OneDrive に保存されます。iPad内にファイルが保存されないため、OneDriveの使用容量には注意を払った方が良いと思います。

何故なら、使用容量によっては課金が必要になるからです。

 

スポンサーリンク

iPad OneNote 使い方「ノートブック作成」活用

ここではMicrosoft OneNote for iPadで実際にノートブック、セクション、ページを作成する場合の説明をさせて頂きます。

ノートブック作成

全ての基本となるのがノートブックになります。最初に起動すると、◯◯さんのノートブックが作成されています。

これにページを追加して利用しても良いですし、新たに新規作成して「ノートブック」を作成しても良いです。

この場合は画面右下にあるノートブックの前に表示されている「」をタップします。そうすると、ノートブックの作成が表示されるため、名称を入力した上で、ノートブックの色を選択し、作成をタップします。

 

セクション作成

ノートブックを新規に作成すると、自動的に「新しいセクション」と「無題のページ」が自動的に作成されます。

新しいセクションを「長押し」を行い、鉛筆マークをタップすると「名前の変更」及び「セクションの色の変更」が行えるようになります。

この他に新しくセクションを追加する場合は、画面下に表示されているセクションの前にある「」をタップします。

そうすると、新たにセクションと対応する無題のページが作成されます。

 

ページ作成

セクションを作成すると無題のページが自動的に作成されますが、これ以外に新たにページを作成する場合は画面下に表示されているページの前にある「+」をタップします。

ページの名称を変更する場合は、無題のページを「長押し」しても変更できません。無題のページをタップして、日付の上の空白部分をタップしてタイトルを入力します。

 

スポンサーリンク

iPad OneNote 使い方「基本操作方法」

ここでは、Microsoft OneNote for iPad の基本操作方法についての紹介になります。デジタルノートアプリを便利に使いこなすには基本操作をしっかりマスターする必要があります。

コピー&ペースト 及び ドラッグ&ドロップ

基本的には、「コピー&ペースト」及び「ドラッグ&ドロップ」が出来れば特に困りません。テキストを入力する場合は、ページの任意の場所をタップするとキーボードが表示されます。

何かテキストを入力すると、自動的にノートコンテナが表示されます。このコンテナは任意の場所に自由自在に移動&配置できます。

コンテナを移動する場合ではドラッグ&ドロップする必要があります。

 

画像挿入&貼付

ページの挿入タブを開くと、画像を挿入(貼付)する事ができます。画像は2種類の挿入が行えるようになっています。

既にiPad内に保管されている画像を挿入するのか?それともオンライン上にある画像を利用して挿入するのか?を臨機応変に選択できるようになっています。

因みにオンラインの画像を挿入する場合は、「オンライン画像」をタップすると、画面右横にオンライン画像の枠が表示されます。

真ん中に検索ボックスが有るので、何の画像を挿入したいのか?を検索します。

 

オンライン画像の挿入

オンライン画像を検索すると、対応する画像が表示されるため、ページに挿入したいお好みの画像をタップすると、ページに貼付されます。

このままでは大きな画像が貼付されてしまうので、必ずしも最適とは言えません。必要に応じて貼付された画像サイズを調整します。

因みに画像サイズを調整する場合は、画像をタップすると、サイズを変更できるようになります。

 

iPad OneNote 活用「手書き入力」方法

Microsoft OneNote for iPad はApple Pencil による手書き入力にも対応しています。手書き入力を行いたい場合はページの描画タブを開きます。

描画のタブで手書き入力

ページを編集している時にApple PencilなどのiPad対応タッチペンで手書き入力を行いたいといった場合も有ると思います。

このような場合に便利なのが手書きモードになります。手書き入力は描画タブを開くと画面中央の上部にタッチペンのペイントツールが表示されます。

この状態で、好みのインクを選択して手書きすれば文字などを入力する事ができます。

 

手書きメモを図形に変換

描画タブで右上に表示されている「インクを図形に変換」をタップすると、手書きメモを図形に変換する事ができます。

どのような手書きメモなのか?と言うと、基本的には「◯、△、◇」などの図形をApple PencilなどのiPad対応タッチペンで書くと、ちゃんとした図形となって表示されるのである。

手書きだと見栄えが良いとは言えないため、ちゃんとした図形に自動的に変換してくれるのは助かります。

 

描画で、テキストモード

描画タブでもキーボード入力が行えます。画面左上に表示されている「テキストモード」をタップした上で任意の場所をタップするとキーボードが表示されます。

キーボードはフローティング表示にしておくと、Apple Pencil でタイピングが出来るので便利に使える場合があります。