iPad Air ロジクールFolio Touch 使用レビュー(1ヶ月)

スポンサーリンク
iPad レビュー

 

皆さん こんにちは!

iPadシリーズ本体を購入する場合ではApple純正のアクセサリーを一緒に購入する場合が多いと思います。

流石に純正品だけあって一通りに揃えようとすると、それなりに購入費用も増えてしまうので、悩ましい展開に陥る事も実際にあります。

このような場合では、Apple純正品以外の選択も考慮しても良いと思います。いわゆる類似品を利用して純正品相当を実現する選択になります。

そこで今回の記事は『iPad Air アクセサリー購入では、Apple以外の製品選択も魅力的に感じる』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

ロジクールFolio Touch(iPad Air)について

iPad Air で入力を伴う作業をする場合に有ると重宝するのが、Smart Connector で接続できるキーボードケースのロジクールFolio Touchになります。

ロジクールFolio Touch(iPad Air)仕様

サイズ : 256mm × 192mm × 21mm

重量  : 642.5g

端子等 : Smart Connector

モード : タイピング、表示、スケッチ、リーディング

その他 : バックライトキーボード

電源供給: Smart Connector経由でiPadによる電力供給

アプリ : 専用アプリをインストールする必要あり

 

Folio Touchの特徴

① キーボードケース
Smart Connector で iPad Air と接続できるキーボードケースになっているのが特徴になります。キーボードにはトラックパッドも搭載しているため、マウス代わりに使えます。

 

② ケース部分
iPad Air 本体を保護する役割を担うのがケース部分になります。Apple Pencil 2 と接続する部分を除いて、4角も含めて保護するタイプなので安心感があります。

 

③ 音量ボタン
意外と気が付きにくいのですが増減の音量ボタンまで搭載しています。厳密に言えば、音量ボタンカバーと言った方が正解です。

 

角度調整スタンド付き

iPad Air をドッキングして入力を伴う作業を行う場合では、角度調整も必要になります。自分にとって最適な角度には個人差があるので意外と重要です。

この場合に役立つのが本体裏面にあるスタンド機能になります。

 

スポンサーリンク

Folio Touch「1ヶ月」使い勝手(USB Type-C)

iPad Air で入力を伴う作業を行う場合では、ロジクールFolio Touchをドッキングして使いますが、この場合にUSB Type-Cハブを使う機会に恵まれます。

直挿しできるUSB Type-Cハブが利用できない

iPad Air 本体にはUSB Type-C端子が搭載されているため、直挿しできるUSB Type-Cハブを利用する事が出来ます。

でも、ロジクールFolio TouchにドッキングしてUSB-Cハブを利用する場合では、直挿しできるタイプは利用できません

この事実に気が付くのが遅くなってしまった事もあり、直挿しできないタイプのUSBハブを購入するまでは使い勝手が悪かったです。

因みに、筆者が所持しているのは、ノートPCに直挿しできるUSB Type-Cハブ(ドッキングステーション)になります。

 

USB Type-C ハブを購入

ノートPCのように入力作業が行えるようになったのに、USB Type-Cハブが利用できないのは使い勝手が悪いので、新たにQGeeM USB Type-Cハブを購入しています。

魅力的に感じるUSBハブが色々と豊富に有ったのでどれにしようかな?で本当によく迷いました。

結局シンプルに、USB Type-A が2つ、USB Type-Cが1つ、HDMIが1つのタイプを購入しました。

メモリカードリーダー・ライタは、iPadでは使わないため、非搭載タイプを購入

 

USB Type-Cハブを購入した場合の使い勝手

直挿しできないタイプのUSB Type-Cハブを購入して利用したからといって、使い勝手が良くなると考えるのは時期尚早になります。

何故か?と言うと、全然スマートではないからです。Folio Touchのスタンド角度にも関係ありますが、USBハブを接続すると、ぶら下がる形になります。

ハッキリ言って見た目が悪いです。この部分だけ我慢すれば、それは素晴らしい事なんの!って感じで利用できます。

 

スポンサーリンク

ロジクールFolio Touch「1ヶ月」使用レビュー

ここでは、「1ヶ月」使い勝手(USB Type-C)に含まれない内容の使用レビューについての紹介になります。気になった事や感じた感想になるため、参考になるのか?分かりません。

キーボード入力の評価

入力作業を行う場合では、薄っぺらいキーボードが気になります。しっかり入力は行えるのですが、キーボード 及び キーが薄っぺらいので、慣れていないと違和感を感じます。

どちらか?と言えば、折りたたみタッチパッド・キーボードの iClever IC-BK08 の方が入力しやすい感じです。

でも、慣れさえすれば、このような感覚は、ある程度は克服できるので使い勝手は改善すると思います。

 

トラックパッドの評価

サイズの大きいトラックパッドは非常に使いやすいので便利に利用できます。クリック作業も出来るため、特に何も問題ありません。

ノートPCに搭載されているタッチパッドのような感覚で操作が行えるので特に申し分ありません。

 

キーボードケースの評価

① スタンド
iPad Air を自分にとって最適な角度に調整できるスタンドになっているため、便利に使わせてもらっていますが、イマイチに感じる部分もあります。

特にある一定の条件下でスタンドを開くと、その場で固定できなくて、iPad Air 本体の重みでペッチャンコ(一番開いた状態)になります。この点が残念に感じます。

因みに、ある一定の条件とは?どういう事なのか?と言うと、Folio Touch を置いている場所がツルンツルンに滑るデスクなどの場所を指します。

 

② フリップカバー
Apple Pencil 2 に完全対応しているフリップカバーなのですが、実際の使い勝手は便利に使えます。あえて言えば、フリップカバーの幅が96mmなのでちょっと短いと感じます。

せっかくApple Pencil 2 に対応しているのだから、ESR iPad Air ケースのように丸ごとスッポリ収納できるサイズ感が有った方が良かったのにな~と感じます。

 

③ 全体
11インチのノートPCとして考慮した場合では、合計重量が1.1Kgあると重たいと感じます。

 

ロジクールFolio Touchトラックパッド・キーボードケース(iPad Air 4)レビュー
皆さん こんにちは! iPad Air 4 で入力を伴う作業を行うにはキーボードが必要になります。 幸いな事に iPad Air 4 には Smart Connector が搭載されているため、Apple純正の Smar...

 

ロジクールFolio Touch 購入前に検討&確認を

iPad Air で入力作業を伴う場合に利用するキーボードケースをApple純正のMagic Keyboardではなく、Folio Touch に選択する場合では、よく検討してから購入した方が良いです。

USB Type-Cハブを使う場合

① USBハブはどのタイプを使うのか?
自分はどのタイプのUSBハブを利用するのか?によって運命が変わります。iPad Air に直挿しできるタイプのUSBハブを利用する場合は、ロジクール Folio Touch は不向きなので購入してはいけません。

 

② 直挿しではないタイプ
Folio Touchで利用するUSBハブが直挿しではないタイプの場合は、最適な組み合わせになるため、購入して問題ありません。

 

外出先に持ち歩く場合

iPad Air を Folio Touch にドッキングすると MicroSoft Surface Pro のようなノートPCスタイルで利用する事が出来ます。

でも、iPad Air を含めての合計重量が 1.1Kg あるので重たいです。片手で楽々持てるといった感じではないので、外出先で入力作業を行う用途には向いていません。

自宅で作業する用途に向いているキーボードケースに該当すると思います。

 

ノートPCではないのが実情

iPad Air にロジクールFolio Touchをドッキングすると、ノートPCのように利用できますが、あくまでも利用できるだけです。ノートPC代わりに使う事は出来ないので要注意です。

ノートPCの代用として購入を検討している場合は、素直にノートPCを購入するのが賢明の選択になります。