iPad Air ロジクールFolio Touch メリット・デメリット

スポンサーリンク
iPad レビュー

 

皆さん こんにちは!

iPad Air でロジクールFolio Touch キーボードケースを利用する場合では、一長一短に感じる部分もあるため、購入して失敗したかな~と思ってしまう場合もあります。

どうしても購入前は、自分ではよく調べて購入したつもりでも、抜けてしまっている事も多いのが実情になります。

特にメリット&デメリットをよく理解してから購入しないと買って後悔する事もあるため、思い立ったら直ぐに購入という買い方は賢明の選択ではありません。

そこで今回の記事は『iPad Air ロジクールFolio Touch メリット・デメリット』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

ロジクールFolio Touch(iPad Air)

iPad Air でOfficeアプリなどの入力作業をする場合に有ると便利なのが、Smart Connector で電源供給&接続できるロジクール Folio Touch トラックパッド・キーボードケースになります。

ロジクールFolio Touch(iPad Air)仕様

サイズ : 256mm × 192mm × 21mm

重量  : 642.5g

端子等 : Smart Connector

モード : タイピング、表示、スケッチ、リーディング

その他 : バックライトキーボード

電源供給: Smart Connector経由でiPadによる電力供給

アプリ : 専用アプリをインストールする必要あり

 

ロジクールFolio Touch フリップカバー

① Apple Pencil カバー
Folio Touch は、Apple Pencil 2 に完全対応しており、マグネット接続&ワイヤレス充電も問題なく行なえるようになっています。

 

② Apple Pencil 2 収納
普通にApple Pencil 2 接続した状態でフリップカバーを使うのではなく、フリップカバーに収納する事も出来るようになっています。

そのお陰で、Apple Pencil 2 を使わない場合でもフリップカバーに収納しておく事が出来るため、便利に感じます。

 

③ 裏面に貼り付く
フリップカバーはマグネットで本体裏面にペタッと貼り付ける事も出来るため、ノートPCスタイルで利用する場合に便利です。

 

ロジクールFolio Touch スタンド

MicroSoft Surface Pro のようなスタイルで入力作業が行えるのが魅力の1つになりますが、この場合に便利なのが角度調整できるスタンドになります。

自分にとって最適に感じる角度に調整できる場合が多いので、入力作業を行う場合は便利に利用する事が出来ます。

 

スポンサーリンク

ロジクールFolio Touch デメリット

ここでは、ロジクールFolio Touch トラックパッド・キーボードのデメリットについての紹介になります。あくまでも感じ方なので実際にはそんなにデメリットに感じない場合もあります。

ドッキング時の重量が重たい

ロジクールFolio Touchを利用する場合では、最大のデメリットに感じる部分があります。その代表例になるのが重量です。

単体でも軽量とは言い難い642.5g。iPad Air にドッキングすると1.1Kg前後になるため、非常に悩ましい11インチノートPCになります。

外出先に持ち歩いて軽快に入力作業を行いたいと考えている場合では、素直にノートPCを持参した方が賢明の選択になります。

 

キーボードが外せない

ロジクールFolio Touch を iPad Air にドッキングすると、 MicroSoft Surface Pro のように利用できるようになりますが、キーボードの取り外しが出来ません。

キーボードが分離できないと、困る事が発生します。それは、動画視聴を行う場合になります。推奨している方法ではキーボードを底面にする必要があります。

これではホコリなどの汚れが付着してしまいます。これでは掃除する手間が発生するので非常に宜しくないです。

また、キーボードを利用しない場合では最低でも奥行が30cm以上確保されている場所に配置する必要があります。省スペースで使えるという訳ではないのが実情になります。

 

直挿し USB Type-C ハブが利用できない

ロジクールFolio Touch の場合は、キーボードケースになっているため、iPad Air 本体をガッチリホールドする「はめ込み」タイプのケースになっています。

その関係でUSB Type-C端子が直挿しで利用する事が出来ません。差し込んでも端子に届かないので結果的に利用できないです。

そのため、USB-Cハブを使う場合では、直挿しできないタイプが必要になります。

 

スポンサーリンク

ロジクールFolio Touch メリット

ここでは、ロジクールFolio Touch トラックパッド・キーボードのメリットについての紹介になります。あくまでも筆者の視点になるため、参考になるのか?分かりません。

Surface Pro のように利用できる

2in1ノートPCである MicroSoft Surface Pro のようなスタイルで、入力を伴う作業に利用できます。

このスタイルでFolio Touchを利用すると、いかにもノートPCのように見えますが、実際にはあくまでも iPad なので、ノートPC化してもPC代用として利用する事は出来ません。

この点をよく理解した上で利用するのが最適です。

 

トラックパッドが利用できる

ノートPCと言えば、キーボードの他にタッチパッドが搭載されていますが、ロジクールFolio Touchでもトラックパッドを利用する事が出来ます。

サイズも大きいため、操作し易いので便利です。さらに左右クリックも出来るため、マウスの代用としても使えます。

 

Apple Pencil 2 に対応

Apple Pencil 2 を持ち歩く場合に便利な専用フリップカバーを装備しています。iPad Air 4 にマグネット接続した状態でカバーとして使っても良いですし、マグネット接続しない状態でも収納できるスグレモノです。

フリップカバーが邪魔に感じる場合では、そのまま裏返しに本体裏面にマグネット貼り付けできるため、利用しない場合も便利です。

 

ロジクールFolio Touchトラックパッド・キーボードケース(iPad Air 4)レビュー
皆さん こんにちは! iPad Air 4 で入力を伴う作業を行うにはキーボードが必要になります。 幸いな事に iPad Air 4 には Smart Connector が搭載されているため、Apple純正の Smar...

 

ロジクールFolio Touch 使用に向いている人

ここでは、メリット・デメリットを考慮した上で、Folio Touch はどんな人に向いているのか?についての紹介になります。

重量が重たくても気にならない

ロジクールのキーボードケースであるFolio Touchを利用するにあたり、向いている人は重量が重たくても気にならない人が最適だと感じます。

特にiPad Air にガラスフィルムを装着した状態で、Folio Touchにとドッキングした場合では、合計重量が1.1Kgを超えてしまうので重たく感じます。

片手で持つには重たいと感じるため、全然軽いな~と感じる人 又は 利用するのは自宅のみという場合に限定されると思います。

 

直挿しではないUSB Type-Cハブを持っている

iPad Air には、USB Type-C 充電端子が搭載していますが、PC周辺機器と連携する事も可能になっています。

この場合に利用するのはUSB-Cハブになります。現在所持しているUSB-Cハブが直挿しではないタイプであれば、何ら問題ありません。

でも、iPad Air とドッキングする目的で直挿しできるUSB-Cハブを購入した場合は、ロジクールFolio Touch は利用できません。

この場合は、Apple純正の Magic Keyboard を購入するのが最適です。

 

ノートPCスタイルで使いたい

純粋に、iPad Air をノートPCのようなスタイルで使いたいと考えている場合は、Folio Touch を選んで大丈夫です。サイズの大きいトラックパッドも搭載しているので使い易いです。

さらには、バックライト・キーボードに対応しているため、暗い場所でも文字が見やすいため、入力を伴う作業が行えます。