Logicool Crayon for iPad レビュー!メリット&デメリット

スポンサーリンク
iPad レビュー

 

皆さん こんにちは!

iPad mini 5 及び Smart Cover と同時に購入したのがApple Pencil(第1世代)ではなく、Logicool Crayon for iPad になります。

どうしてApple Pencil(第1世代)ではなく、ロジクールCrayonを購入したのか?と言うと、充電方法がどうしても気に入らなかったのである。

そこで今回の記事は『Logicool Crayon for iPad レビュー 及び メリット&デメリット』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

Logicool Crayon for iPad について

iPad mini 5 で利用するデジタルペンシルのLogicool Crayon for iPad についての紹介になります。iPad mini の周辺機器の中で一番よく使っている機器です。

Logicool Crayon for iPad 仕様

サイズ : 163mm × 15mm
充電端子: Lightning 端子
カラー : オレンジ

充電方法: iPad mini 付属のLightning充電ケーブルで充電

 

Logicool Crayon for iPad 充電方法

iPad mini に付属している充電コンセント 及び Lightning充電ケーブルにて充電できるのが特徴の1つになります。

Apple Pencil(第1世代)の場合では、iPad mini のLightning端子に差し込んで充電となりますが、いつでも何処でも充電できません。

それに対して、Logicool Crayon for iPadの場合では、iPad mini 付属のLightning充電ケーブルで充電できるようになっているため、充電する場合でも省スペースで良いです。

充電端子はオレンジのキャップの中に収納されています。キャップは外れやすいですが、本体と一体になっているため、紛失の心配がありません。

 

ペアリング不要で使える

Logicool Crayon for iPad の最大の特徴がペアリング不要で利用する事が出来る部分になります。

Bluetooth機器の場合では本体とのペアリングが必要になりますが、このCrayon for iPadの場合は電源ONすればペアリング不要で利用できます。電源ONすれば直ぐに使えるので簡単です。

但し、初めて使う場合は何も反応しない!(もしかして初期不良?)という展開に陥ってしまう場合があるので注意も必要です。

この場合の対応は、iPad設定画面でAssistiveTouchの設定を行うと、いつの間にか使えるようになっている場合が多いです。

 

スポンサーリンク

Logicool Crayon for iPad メリット・デメリット

ロジクール Crayon デジタルペンシルのメリット・デメリットについての紹介になります。あくまでも筆者が感じた部分になるため、一概には何とも言えないと思います。

デメリット

仕事で活用する場合では必ずではないのですが、ロジクールCrayonが2本必要に感じる場面が多いという部分に尽きます。

どういう事なのか?と言うと、このデジタルペンシルの場合では充電しながらタッチ操作を行うという便利な事が出来ないため、必然的にもう1本必要になる場合が多いです。

それに対して生活用途で使う場合では1本あれば十分なので特に問題になる事はありません。

 

メリット

① キャップ
充電端子を格納しているキャップは本体と繋がっているため、紛失すr心配がありませんが、ちょっと力を加えるだけで開いてしまうのが気になります。

 

② 充電方法
iPad mini 付属のLightning充電ケーブルと電源コンセントで充電できるため、場所を問わず何処でも充電する事が出来ます。

Apple Pencil(第1世代)のようにiPad mini に差し込んで充電する場合では充電場所を選ぶ必要があるため、ロジクールCrayonの方が利便性が高いです。

 

特筆事項

Logicool Crayon for iPadはの平べったい形状なので、うっかり落下させてしまった場合でも転がる心配がないのが助かります。

Apple Pencilの場合は丸みを帯びているので転がりやすいですが、その心配がないのは便利に感じます。

 

スポンサーリンク

Logicool Crayon for iPad レビュー

iPad mini 5 と一緒に購入したロジクールのデジタルペンシルであるCrayon for iPadについてのレビューになります。気になった事や感じた感想になるため、参考になるのか?分かりません。

イマイチに感じる部分

デメリットにも一部記載しましたが、充電しながら使う事が出来ないのが痛いです。

せっかくiPad mini に付属しているLightning充電ケーブル&電源コンセントで充電できるようになっているのに、これではメリットが半減してしまいます。

結局のところ、これを解決するにはもう1本購入する 又は 気が付いた時に充電を心がけるという選択肢しか選択肢が見つからないため、イマイチに感じます。

 

気になる部分

実際の使ってみると意外と気になる部分があります。それはキャップになります。キャップはメリットでもあるのですが、余計に気になる部分に感じます。

確かに本体と繋がっているので紛失の心配がありませんが、キャップがよく開きます。ほんのちょっとの力を加えるだけで開いてしまうので癖になります。

 

本体カラーのオレンジ

本体カラーはグレーオレンジの2色ありますが、オレンジを選択して正解だったと思います。というのも、目立つので置き忘れ防止にも繋がっています。

仕事で利用する場合では持ち歩く事になるため、うっかり忘れそうになる場合も多いです。でも、本体カラーがオレンジなので視認しやすいです。

逆に、グレーの場合では視認の面であまり効果は感じられないのではないか?と推測します。

 

実際の使い勝手

ロジクールCrayonの使い勝手になりますが、持ちやすい形状ですし、胴体がアルミなので夏でも冷んやりしているので持っていて気持ち良いです。

でも、電源ONにした時は電源ランプが点灯しいているのですが、少し時間が経過すると自然に電源ランプが消灯しているため、分かりづらいです。

もしかして、OFFになっちゃったのかな?といった感じ。ディスプレイをタッチしてみて使えたら電源ON、使えなかったら電源OFFという事で割り切っています。

正直のところ、これは不便だと感じます。とはいえ、そんなに不便という感じではないのも事実なので慣れも関係しているのだと思います。

 

Apple Pencil 2 レビュー!メリット&デメリット(iPad Air 4)
皆さん こんにちは! iPad Air 4 と一緒に購入した Apple Pencil 2 もよく使っているアクセサリーの1つになっていますが、ロジクール Crayon for iPad と比べると充電方法もタイプが異なります...

 

Logicool Crayon for iPad 充電レビュー

どんなに便利に感じるガジェットだったとしても、実際に使ってみると色々と発見があるものです。特に不便に感じる部分も見えてきます。ロジクールCrayonには充電方法に一長一短があるのです。

充電しながら使用できないのが不便

普通に充電していると全くと言って良い程、気が付かないのですが、ちょっと横着するようになると本来では見えなかった負の要素も見えて来るものです。

筆者の場合はベストタイミングで、iPad mini を操作している時にその瞬間が訪れたのでラッキーでした。

タッチ操作している時に何も反応しなくなったのでバッテリーが切れたんだな!と思いました。スマホのように充電しながら使えば何も問題なし!と思って、充電ケーブルを繋いだのですが使えませんでした。

筆者的には、超不便に感じた瞬間でした。まさか!こんな展開が訪れるとは全くの想定外だった事もあり、躊躇する事なく2本目の購入となりました。

 

Apple Pencil代替ESR iPadタッチペン・レビュー!パームリジェクション機能対応
皆さん こんにちは! iPadシリーズでデジタルペンシルを利用する場合ではApple純正のApple Pencil(第1・第2世代)又はロジクールCrayon for iPad を使う場合が多いです。 でも、色々な事情で...

 

2本購入を(充電方法を考慮)

現状の使い方において、最大のデメリットに感じるのが、Logicool Crayon for iPad を充電しながらiPad mini や Air を使う事が出来ないという部分に尽きます。

これが出来ないと、仕事にiPad mini を活用する場合では厳しい感じなので、筆者の場合はもう1つ購入してしまいました。

何せ、ロジクールCrayonは電源ONにしても、いつの間に電源ONのLEDが消灯しているため、どのぐらいのバッテリーが残っているのか?サッパリ分かりません。

仕事用途で活用する場合では2本は必要になるのではないか?というのが個人的な見解になります。

 

スポンサーリンク

 

Logicool Crayon for iPad 活用

ロジクールのCrayonをどんな用途に活用しているのか?についての紹介になります。参考になるのか?分かりません。

Planner for iPadアプリで活用

仕事のスケジュール管理は手書きできる手帳アプリのPlanner for iPadを使っています。とても便利なので生活用途でも活用しています。

具体的には書いて覚える学習の用途に最適に感じます。趣味の1つが中国語学習(台湾華語)なので繁体字を書いて覚える用途に最適です。

何だかんだ言っても単語を覚える場合では実際に書いて覚えた方が筆者は効率的に感じます。何冊もノートを購入する必要がないですし、CrayonとiPad miniの本体重量だけで済みます。

 

iPad Air 4でも使える

仕事で活用する目的で、iPad Air 4 も購入していますが、Apple Pencil(第2世代)だけではなく、Logicool Crayon for iPadも利用できます。

iPad mini と iPad Air の両方で使えるのはとても便利に感じます。2つあれば、バッテリー切れでも継続して使えるので作業効率に影響が及びません。

 

ゲーム用途にも使える

15分程度の時間が空いた時にジグソーパズルをプレイする場合があります。このゲームではデジタルペンシルが有ると非常に便利に感じます。

指先でもプレイできますが、デジタルペンシルを使った方が快適です。