iPad mini 仕事活用!通勤に持参と手書きスケジュール管理

スポンサーリンク
iPad 活用 生活

 

皆さん こんにちは!

iPadを仕事に活用する場合では、キーボードを利用して、ノートPC活用する場合も多いですが、iPad miniの場合は必ずしもキーボード活用は便利ではないです。

何故か?と言うと、別途、折りたたみキーボードを持参する必要性があるため、一体運用できませんし、仮にキーボードケースで一体運用できた場合でも、全体重要が重たくなるのでイマイチといった感じ。

それならばiPad miniはどのように仕事に活用すれば良いのだろうか?と考えてしまうのではないでしょうか?

今回の記事は『iPad mini 仕事活用!通勤に持参して、手書き入力 及び スケジュール管理に利用』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

iPad mini を仕事に活用する場合

iPad mini は抜群のサイズ感もあり、軽量でかつ、片手で持つ事もできるため、通勤バッグの中に入れて通勤に持参している場合も有ると思います。

Apple Pencilは使わないのがコツ

iPad mini を仕事に活用する場合では、Apple Pencilは使わないで、iPad対応スタイラスペンを利用するのが賢明の選択になります。

何故か?と言うと、充電方法が1つの要因になります。iPad mini 本体と接続して充電する場合だとタッチペンを利用したい時にバッテリー切れの場合に困ります。

充電しながら利用できるスタイラスペンの方が使い勝手を考慮すると最適に感じます。そうなると、仕事に活用する場合では必然的にApple PencilよりもiPad対応タッチペンの方が利便性が高くなる訳である。

とはいえ、全てのiPad対応タッチペンが充電しながら利用できるとは限らないのも実情なため、購入に失敗する場合もあります。

 

軽量でかつ、片手で持てる

iPad mini の場合では、ディスプレイサイズも小さいので、iPadシリーズの中では最軽量になります。最軽量なので持ち運びもその分、楽になるため、通勤する場合も負担を軽減する事ができます。

さらに、片手で持てるサイズ感なので、片手で持ちながらiPad対応タッチペンで手書きする事も可能になります。出先でスケジュール管理する場合にも対応できるのである。

因みにこの場合に利用するアプリは、Planner for iPad などの手書きスケジュールアプリが良いと思います。

 

スポンサーリンク

iPad mini 軽量なので通勤に持参できる

iPad mini を仕事に活用する場合では、通勤に持参する用途での活用も魅力的に感じます。特に電車通勤で座席に座れる可能性が高い場合では、痛勤でも有意義な時間を堪能できるようになります。

通勤(痛勤)を快適にできる

仮に、座席に座る事ができる可能性が高い場合では、趣味が読書という前提条件が付きますが、車内でiPad mini を書籍代わりに利用できるのが魅力的に感じます。

iPad miniであれば何冊でも読書できますから、複数の書籍をバッグに収納するより軽量かも知れません。とはいえ必ずしも読書するという訳でもないですけれどもね。

というのも、座席に座ったら、たぶん、電車の絶妙の揺れ加減や疲れ具合も関係して睡魔がやって来ると思いますから、実際には爆睡する展開になる場合が多いと思います。

こればっかりは、どのような状況なのか?も含めて利用する時間帯も関係あります。

 

スケジュール確認

電車の車内でiPad miniを活用する場合では、読書よりも睡魔の方が勝ってしまうのが実情になりますが、それでもほんの少しの時間であれば、どうにか睡魔に勝つ事ができます。

この数少ない時間を利用して、スケジュール確認するのも1つの方法になります。スケジュールの場合では手書きする必要もないのでパット見てサッと片付ける事ができれば何も問題ありません。

正にこのような使い方が可能なのは、iPad miniだと思います。通勤バッグの中から取り出して、スマホよりも大画面で確認できて、サッと仕舞えます。

iPad mini Smart Coverを装着してあればディスプレイ保護にも役立ちます。

 

スポンサーリンク

iPad mini は片手で持てるメリットを仕事に活用

iPad miniはスマホよりも大画面でかつ、スマホのように片手で持てるメリットがあります。このメリットを上手く活用する事ができれば、仕事にも十分に対応可能となります。

手書きメモ

何だかんだ言っても、手書きできるアプリを利用して、紙のノート代わりに使う用途が、最適なのではないか?と感じます。

iPad標準メモやスケジュール管理アプリ、デジタルノートアプリも含めて、自分にとって最適に感じるアプリを利用する事ができるため、仕事の効率化に繋がります。

特に仕事の場合では、改善項目アイデアといった感じで、メモしておきたい事項が色々と有ったりするので、この用途に利用するのが必然です。

それに片手で持てるので写真メモの用途でも利用できますから、使い方次第で、いかようにも対応できそうなイメージになります。

とはいえ、イメージと実際は大きな違いがあるので、見掛け倒しで終わる可能性も否定できません。

 

置き忘れるデメリット

iPad miniに限った話ではないのですが、出先にiPadシリーズ 及び Apple Pencil以外のiPad対応タッチペンを持参する場合では、置き忘れてしまうデメリットが発生します。

iPad本体にマグネット吸着できれば置き忘れるような事は発生しませんが、必ずしも所持しているスタイラスペンがマグネット対応しているとは限りません。

実際の話、過去1回ほどあるのですが、Apple Pencilではなく、iPad対応スタイラスペンを出先に忘れて来てしまった事があるので、必ずしも最適な活用方法とは言い難いです。

 

iPad 仕事活用!仕事に使える・使えない?は業務内容と用途次第
皆さん こんにちは! iPadを仕事に活用したい!と思った事はありませんか?この場合ではどのような仕事にiPadを活用できるのか?も重要になります。 というのも、十分に仕事活用できる職種もあれば、いやいや全く活用できない...

 

iPad mini 仕事活用のメリット&デメリット

ここでは、iPad mini を仕事に活用した場合の一長一短についての紹介になります。あくまでも筆者の視点での紹介になるため、参考になるのか?分かりません。

デメリット

① サイズが微妙
iPad mini は大画面スマホよりも一回り大きいサイズ感になるため、通勤に持参しなくても大画面スマホでも良いのではないか?ちいう気分になりやすいです。

 

② スマホが便利
何だかんだ言っても、全てにおいて便利に感じるのはスマホ。スマホは必需品に該当しますが、iPadシリーズはガジェットになるため、有れば便利に使えるけど、無くても困らないグッズに該当します。

そのため、通勤に持参しなくても良いのではないか?となりやすいのが実情になります。

 

メリット

iPad mini を仕事に活用する場合のメリットとしては、片手で持てて、iPadシリーズの中では最軽量である事に尽きます。

自分にとって最適に感じれば良いので、このメリットを活用する事ができれば、自分の仕事の効率化や通勤(痛勤)の不快に感じる時間を少しでも有意義にできる可能性が高くなります。

要するに、どのように考えるのか?は個人の自由ですから、自分にとって最適に感じる方法で、より良い仕事活用が行えれば良いと思います。

 

実際の通勤活用を紹介

筆者の場合は、電車通勤なので、iPad miniを通勤に持参しています。座席に座れる確率は1週間のうちに1~2回あれば良い方になります。それでも通勤に持参しているのである。

電車内では立っている場合の方が圧倒的に多いため、座席に座っても不思議と睡魔はやって来ません。だから、電子書籍で読書できるのである。