iPad 仕事活用!仕事効率化できるか?は使い慣れたアプリも必要

iPad 活用 生活
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

iPadを仕事に活用する場合では、仕事に役立つアプリも必要になりますが、豊富にあるiPadアプリの中からどれを選択すれば良いのか?も重要になります。

たいていの場合はOfficeシリーズを利用する場合が多いですが、デザイン系の仕事であればプロ仕様のイラストやデザインツールを利用すると思います。

この場合にとても重要になるのが果たして本当に仕事に役立つのだろうか?という部分ではないでしょうか?こればっかりは実際にチャレンジしてみないと分からない部分になります。

今回の記事は『iPad 仕事活用!仕事効率化できるか?は使い慣れたアプリも必要』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

iPadを仕事に活用する場合のアプリ選択

iPadを仕事に活用している場合ではどのようなアプリを使っているのか?気になります。何故か?と言うと、自分では知らないアプリも有るからです。

先ずは、どんな用途に使うのか?検討を

iPadを仕事に使う場合では、色々豊富にあるアプリの中から、どれにしようかな?といった感じに選択する事になりますが、どれが良いのか?大いに悩みます。

基本的にはスケジュール管理やメモ帳があれば、おそらく仕事にもプライベートにも活用できると思いますが、それだけでは物足りなさを感じる場合もあります。

だからと言って、あれもこれもとチョイスしてしまうと1つ1つは薄っぺらい状態になるので活用している気分にならないのではないか?と感じます。

アプリ選びで悩む前に、どんな用途に活用するのか?検討するのが先なのでは?

 

Officeはどれを使えば良いのか?

iPadで利用できるOfficeアプリといっても種類があるので、どれを利用すれば最適なのか?も気になる要素の1つになります。

というのも、iPadには標準で、「Pages、Numbers、Keynote」という文書作成・表計算・プレゼンテーションが利用できるアプリがインストールされています。

本来であれば、このアプリを利用すれば良いのですが、実際に利用した事がないと、ちょっと抵抗を感じる場合もあるものです。

かといって、Microsoft Officeを利用するのか?というと、これまた悩みのタネになりますから、結局のところ、無料で利用できるOffice互換アプリに落ち着いたりするのでは?

 

スポンサーリンク

iPadでOfficeアプリを使えば仕事に役立つとは限らない

iPadで文書作成や表計算、プレゼンテーションなどのアプリをインストールしてあるからといって、iPadは仕事にも活用できると思ってしまう場合も多いです。

Officeを使えば仕事活用できる?

iPadにOfficeアプリをインストールしてあるからといって、それがそのまま仕事に活用できると解釈するのは時期尚早なのではないだろうか?と考えます。

その理由の1つとして、操作方法が挙げられます。インストールされているOfficeアプリは自分が使えるのでしょうか?それなりに使えるとは思いますが、詳しいのか?理解しているのか?便利に使いこなせるのか?は重要になります。

仮に、使いこなせないのに仕事に使ってもそれは仕事活用ではないです。活用というのは何かの用途に役立ってこそ活用な訳なので、アプリを使えば活用に繋がるという事ではないです。

 

Officeアプリは使いこなせるのか?が重要

iPadにインストールされているOfficeアプリは果たして本当に仕事に活用できるのか?と言えば、自分自身が何度も使っていて使い慣れている状態であれば仕事活用できます。

でも、インストールしてあるけど、あまり使っていなかったり、操作方法についてちょっとよく分からない部分があり、ネットで調べて確認しているといった場合では不向きではないか?と個人的に考えます。

それならばiPadに拘る必要はなく、iPadのようにタブレット端末としても利用できる2in1ノートPCで使い慣れたOfficeソフトを利用して活用した方が仕事効率化に繋がると思います。

 

iPad仕事活用に拘る必要なし

iPadを所持していれば、活用方法として仕事にも利用したいと考える場合もありますが、実際に便利に仕事活用している人も多いです。

しかし、皆さん共通して便利に活用できる訳ではないのが実情になります。会社の同僚は便利に活用していても自分が行うと全然ダメだったという事も普通にあるので、真似事をするのではなく、オンリーワンの活用方法を見出す事も必要です。

その結果、仕事にも活用できる場合も見つかるのではないか?と考えます。

 

iPad 仕事活用!仕事に使える・使えない?は業務内容と用途次第
皆さん こんにちは! iPadを仕事に活用したい!と思った事はありませんか?この場合ではどのような仕事にiPadを活用できるのか?も重要になります。 というのも、十分に仕事活用できる職種もあれば、いやいや全く活用できない...

 

iPad仕事活用では使い慣れているアプリが最適

iPadを仕事に活用する場合では、Officeアプリよりもっと重要な事があります。それはどのアプリを選択した場合でも、そのアプリを使いこなせているのか?になります。

使いこなせるアプリを選択

どんなアプリを利用するにせよ、ちょっと使っただけで、完璧という事はないです。それなりに何度も使って初めて、そのアプリについて理解できるようになると思います。

その結果、このアプリならば仕事に役立てる事ができるかも知れない?といった感じになる場合もあります。そのように感じるのがどのぐらい有るのか?

又は、ネットで調べなくても使いこなせる状態であれば応用力でどうにかなるものです。問題は応用力が有るのか?という事になります。

 

使い慣れていないアプリは仕事に向かない

使い慣れていないアプリを仕事に活用しても空回りするだけなので、良くない選択になると考えます。というのも、アプリを使っているから使い慣れているという訳ではないからです。

よく勘違いするのですが、何かを使っていれば自分は使いこなしていると思ってしまう事がありますが、それは違うと思います。

或る意味、自分が思い込んでいるだけに過ぎないのですが、これに気が付かない場合が多いので突き進んでしまいます。その結果、空回りしていたりするのである。

 

何か1つは用意を

iPadを購入したら何に使っているのでしょうか?ゲームに利用している場合もあれば、ネット閲覧や動画視聴の用途で利用する場合もあります。

ゲームや閲覧・視聴の用途でiPadを利用している場合では残念ながら直ぐに仕事に活用するのは難しいと思います。頭の切り替えが直ぐにはできないですし、仕事に利用できるアプリもiPadで使ってないです。

やっぱり何かしら1つはちゃんと完璧に使いこなせる仕事に向いているアプリが有った方が良いと思います。

 

iPad仕事活用では最適に感じるアプリが重要

iPadで利用しているアプリでは自分にとって一番最適に感じるというのも何かしら1つは有ると思います。たぶんこれが仕事に活用できる近道なんじゃないのかな?と思います。

仕事に活用できる近道

仕事活用においては、使い慣れているアプリや使いこなせるアプリも必要になりますが、その中でもこのアプリは自分にとって最適に感じるというのが有るのでは?

そのアプリを仕事に利用した方が効率化にも繋がるのではないか?というのが個人的な見解になります。筆者の場合では、Microsoft OneNoteが該当します。

他にも使っていますが、あくまでも連携する目的での利用になっている場合が多いので、その用途以外では使っていないので、OneNote以外のアプリは該当しません。

 

OneNote for iPad

このアプリはデジタルノートに該当しますが、利用当初はプライベート目的で使い始めています。その後、旅行の思い出整理や言語学習といった感じで広げていき、最終的に行き着いたのは仕事にも活用といった感じになります。

とはいえ、実際には自分の受け持っている仕事の進捗管理やまとめ的な用途での使い方になるので、大した仕事用途では利用していません。

あくまでも仕事にOneNoteを使っているよ!と言った方が正解かも知れません。それでも、デジタルノートにしておけば、後で必要に感じた時に確認できるので役に立っています。

役に立ってこそ活用ですから、たぶん仕事に役立っていると勝手に思い込んでいます。