iPad 仕事活用!入力作業や表計算は iPad よりPCが便利

iPad 活用 生活
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

iPadを仕事に活用する事もありますが、この場合ではOfficeアプリを使用する場合もあります。

Officeアプリで文書作成や表計算、プレゼンテーションといったアプリを使う場合では、iPadのソフトウェアキーボードでは対応できない場合も実際にあります。

そのため、キーボードケースが有った方が便利に使えるのではないか?と考えてしまうのである。でも、キーボードケースを利用すると重たくなるので、あまり持ち運びたくない気分になります。

そうなって来ると、iPadノートPC化よりも普通に軽量ノートPCを仕事に活用した方が便利なんじゃないのかな?と思います。

今回の記事は『iPad 仕事活用!入力を伴う作業や表計算はiPadよりPCが便利に使用できる』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

iPad仕事活用する場合のOffice

iPadで利用できるOfficeアプリは、Microsoftも含めて複数の種類があります。会社でMicrosoft Officeを利用しているのであればiPadも同じアプリが良いと思います。

Office互換アプリもある

本来であれば、仕事で利用しているOfficeはPCiPad版は共通していた方が仕事の効率化にも繋がりますが、必ずしもこの選択ができない場合もあります。

このような場合に便利なのがOffice互換アプリになります。iPad標準アプリの「Pages、Numbers、Keynote」が該当しますが、「Googleドキュメント、スプレッドシート、スライド」といったGoogle系も利用できます。

また、WPS Office for iPadアプリもあるため、どのOffice互換アプリが便利に使えるのか?も気になります。

 

iPad仕事活用では便利に使えるのか?も関係ある

ただ闇雲にiPadにOfficeアプリをインストールしても便利に使う事はできません。PCでは便利に使えていても、iPadでは不便という場合もあるからです。

そのため、仕事に活用するOfficeアプリは、使い慣れている必要があります。使い慣れていないと、便利に使えないので仕事効率化には繋がりません。

最低でも基本的な操作方法に加えて、応用もできる程度にしておくのが賢明の選択になります。

 

スポンサーリンク

iPadキーボード入力で仕事活用

iPad mini 及び iPad Air を所持しており、両方とも現役で活用しています。それぞれ役割分担を行っているので、便利に使い分けることができます。

iPad mini 仕事活用

iPad mini でキーボード入力する機会はありません。iPad mini は片手で持てるので、仕事ではスケジュール管理 及び メモ帳の用途で活用しています。

そもそも、通勤に持参する目的で購入しているため、基本的には通勤の用途で利用となるため、仕事活用はオマケ的な感じでの活用となります。

 

iPad Air の場合

iPad Air は仕事に活用する目的でキーボードケースも含めて購入していますが、実際には入力を伴う仕事活用に使っていません。何故か?と言うと、キーボードケースが重たいので持ち運びが嫌になったからです。

iPad Air にロジクールFolio Touchをドッキング装着するとメインで利用しているノートPCよりも、重たく感じるので、持ち運びは諦めました。

この関係で、紙のノート代わりの用途でしかiPad Airを使っていないと言った方が正解になります。ノート代わりの場合では仕事も含めて学習にも便利に使えます。

Officeアプリも利用しますが、あくまでも閲覧修正の用途にしか使わないといった感じになります。新規作成の用途は完全にPCで行っています。

 

文書作成や表計算はノートPCが便利に使える

iPadキーボード入力による文書作成た表計算アプリを使用する場合では、iPadで使うよりもノートPCでやった方が便利に利用できます。

キーボード入力

キーボード入力に関して言えば、いつも使い慣れているキーボードを利用した方が賢明の選択になります。特にキーボードによってはキーの配置が若干異なる場合があるので入力間違いも発生します。

もう1つ以外と重要になるのが、打ち間違いしないで入力が便利に行えるのか?も気にした方が良いです。バックライト付キーボードであれば暗い場所でも入力できるので便利です。

でも、光の加減でパッと見てどのキーを叩いているのか?分からないといった場合もあるので、使い慣れている方が良いのでは?と感じます。

 

文書作成では日本語入力も考慮

仕事で文書作成する場合では、日本語入力が自分にとって最適に感じていないと作業の効率化には繋がらないと考えます。

例えば、ローマ字入力した場合で漢字や平仮名に変換する時に、変換キーを押したら直ぐに最適な言葉が表示されるのがベストな選択になります。

これが実現できるのか?それとも実現できないけれども、それに近い事ができるという場合であれば仕事で十分に活用できるのではないか?と思います。

この事を考慮すると、筆者の場合はGoogle日本語入力が選択できるノートPCが仕事にも便利に感じます。

 

表計算はiPadでも問題ない

確かに文書作成の用途ではiPadよりもノートPCの方が快適に入力できるので便利に感じますが、表計算アプリに関していえば、自分さえ良ければどちらでも良いのではないか?と感じます。

その理由としては、長文入力する事もないですし、入力しても短文が多いので、特に問題ないというのが率直な感想になるからです。

但し、このように感じるのは入力作業に関してなので、iPadアプリの使い勝手は、人によっても個人差があります。マウスの有無は別になくても使えます。

 

iPad 仕事活用!文書作成や表計算に使うOffice互換アプリ
皆さん こんにちは! iPadを仕事に活用している場合もありますが、この場合では、Officeアプリも利用するパターンも実際に有るのではないでしょうか? OfficeといえばMicrosoft Officeを利用すれば安...

 

タブレット利用したい場合は2in1 PCという方法もある

iPadにキーボードを接続して利用するのも良いですが、それなら普通に軽量ノートPCを利用しても良いと思います。幸いな事にタブレット端末としても使える2in1 PCも有るので仕事にも十分に活用できます。

2in1 PC 仕事活用メリット

2in1 PC って何だろう?と思うかも知れませんが、ノートPCタブレット端末一本化したようなポジションのパソコンになります。

要するにパソコンでありながらタブレット端末のように利用できてかつ、携帯性にも配慮されているのでプライベートだけでなく仕事にも活用できるのがメリットの1つになります。

Surface Proのようにキーボードを着脱できるタイプもあれば、タブレット端末のようにディスプレイの裏面にピタッとキーボードを折りたたむ事ができるタイプがあります。

どちらのタイプが良いのか?は好み考え方にも左右されるので個々の判断にお任せとなります。

 

仕事活用ではiPadノートPC化よりも使える

iPadにキーボードケースをドッキングして利用すると、まさに2in1 PCのように利用できますが、パソコンではないですから、できない事もあります。

でも、2in1 PCであればiPadノートPC化でイマイチだな~と感じている事もより快適に対応できる場合が多いので、仕事に活用するのであれば検討しても良いと思います。

とはいえ、あくまでも仕事活用という観点なので、プライベートで満足できるのか?は一概には何とも言えません。