iPad 仕事活用!文書作成や表計算に使うOffice互換アプリ

スポンサーリンク
iPad 活用 生活

 

皆さん こんにちは!

iPadを仕事に活用している場合もありますが、この場合では、Officeアプリも利用するパターンも実際に有るのではないでしょうか?

OfficeといえばMicrosoft Officeを利用すれば安心かつ便利で最適になりますが、色々な事情で利用できない場合も実際にあります。

このような場合ではOffice互換アプリを利用する事になりますが、仕事に活用できるのか?も重要になります。

今回の記事は『iPad 仕事活用!文書作成や表計算に使うOffice互換アプリ』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

iPadで利用できるOffice互換アプリはどれが良いのか?

iPadでOfficeアプリを利用する場合では、何を使っていますか? iPad標準のPages、Numbers、Keynoteを活用する場合もあれば、Microsoft Officeを利用する場合もあると思います。

iPadでOfficeは何が良い?

iPadで文書作成や表計算アプリを利用する場合では、どのアプリを利用すれば良いのか?気になると思いますが、自分さえ良ければ何でも良いと思います。

メインで利用しているPCと同じOfficeが良ければ、iPadでも同じ物を利用した方が連携しやすいですが、必ずしも最適という訳ではないのも事実です。

何故か?と言うと、iPad版を利用する場合では有料だったりするので、お財布との相談も必要となります。それに、iPadにインストールしたからといって必ず活用できるという訳ではないです。

結局のところ、使い慣れているアプリが良さそうに感じます。

 

iPadで利用できるOffice互換アプリ

① iPad標準
iPadには、標準で、Pages(文書作成)、Numbers(表計算)、Keynote(プレゼンテーション)のアプリが最初からインストールされています。

これらのアプリを利用すれば基本的にはOfficeと同等の事が行えるので、別に他のOfficeアプリをインストールしなくても良いです。

 

② WPS Office for iPad
Windows版ライセンスを持っていると、広告を非表示にできるメリットがあります。

 

③ Google
PC、スマホ、iPadで利用できるGoogleドキュメント(文書作成)、Googleスプレッドシート(表計算)、Googleスライド(プレゼンテーション)。

 

スポンサーリンク

メインで利用しているPCでOfficeソフトは何を使っている?

意外と重要になるのがメインで利用しているOfficeソフトになります。何故か?と言うと、iPadと連携して活用する機会が多いので、可能ならば両方とも共通したアプリを利用した方が連携しやすいです。

iPad仕事活用ではPCで利用のOfficeも関係ある

勉強や学習も含めて生活用途に利用するOfficeアプリの場合では、どのOfficeを利用していても問題ないのですが、仕事に活用する場合では、PCで利用しているソフトも関係してきます。

仮にPCで利用しているOfficeソフトとiPadで利用しているOfficeアプリが異なる場合では、ファイルを連携活用する場合にそれなりに手間が発生する場合があります。

表向きは読み込む事ができますが、完全に再現されている保証がないため、場合によっては修正する必要に迫られる事になります。

これでは仕事に活用するのは不向きに感じます。

 

PCとiPadで利用するOfficeは同じアプリが最適

Officeアプリを仕事に活用するのであれば少なくともPCとiPadの両方で利用するOfficeは共通化するのが賢明の選択になります。

マクロなどは完全に再現されない場合もありますけど、iPadで利用する表計算アプリは新規作成ではなく、修正又は閲覧の用途が多いため、そんなに問題になる事はありません。

でも、文書作成の用途に関して言えば、iPadでも作成&修正も普通に行う場合も有るので、この場合に共通化しておいた方が良さそうに感じます。

 

会社ではMicrosoft Office

会社ではMicrosoft Officeを利用している場合が圧倒的に多いですが、自宅ではOffice互換ソフトを利用している場合もあります。

自宅でテレワークや仕事を行う場合では、会社で利用しているOfficeを使った方が良いですが、ペライベート利用の場合ではOffice互換ソフトでも問題ありませんん。

 

スポンサーリンク

iPadで仕事に活用するOffice互換アプリ

実際にiPadで利用しているOffice互換アプリはWPS Office for iPad 及び Googleドキュメント、Googleスプレッドシートになります。

WPS Office for iPad

メインで利用しているWindowsノートPCで利用しているのがWPS Office 2 になるため、iPadでも普通にWPS Officeを利用していました。

というのも、Windows版ライセンスを持っていると、特典として、モバイル版のWPS Officeを広告非表示で利用できるため、意外と便利に使えます。

使っていて広告が表示されると、何か間違ってタップしてしまったりする場合が多いので鬱陶しい感じになりますが、その心配がないので、この部分に関して言えば使いやすいです。

 

iPad 活用方法!WPS Office アプリの使用レビュー
皆さん こんにちは! iPadで利用するOfficeアプリと言えば、Microsoft Officeになりますが、有料での利用になるため、必ずしも最適な選択とは言い難いです。 この場合では、Office互換ソフトという選...

Googleドキュメント、スプレッドシート

2in1 ChromebookのLenovo IdeaPad Duet を購入してから、iPadで利用するOfficeアプリをGoogleドキュメント 及び Googleスプレッドシートに変更しています。

iPadで文書作成する場合では、Smart connectorに対応しているロジクールFolio Touchキーボードケースをドッキング装着して利用となります。

表計算に関して言えば何も問題ないのですが、長文の文書作成の用途ではiPad標準の日本語入力がイマイチに感じるため、この用途をChromebookに移管した関係で、iPadで利用するOfficeアプリもGoogleに一本化しています。

 

iPad 活用方法!Google ドキュメント・スプレッドシートのレビュー
皆さん こんにちは! iPadを仕事や生活用途に活用する場合では、Officeアプリも利用する場合があります。この場合では、正規版Officeである Microsoft Office を利用するのか?それともOffice互換ア...

 

iPad Officeアプリで仕事活用

筆者の場合では、イラストやデザイン系の職種ではないため、この用途ではiPadを利用していないです。主に、プライベートでも仕事でも主にデジタルノート活用が圧倒的に多いです。、

それでも、Office互換アプリを利用して文書作成や表計算の修正を行う必要があるため、外出先でも利用できると便利に感じます。

 

iPad Officeアプリで仕事活用の一長一短

ここでは、実際にiPadで利用できるOffice互換アプリを利用して仕事に活用した場合の一長一短についての紹介になります。

iPad Office 仕事活用の長所

iPadにOfficeアプリをインストールしておけば、外出先でも文書作成や修正作業が行えるようになるため、会社や自宅に戻ってからの作業が減る可能性が高いです。

但し、この場合は外出先にキーボードを持参する事になるため、持ち運びに適しているiPad周辺機器も必要になるので、購入する場合が多いです。余計な出費が必要になるのは短所かも知れない。

 

iPad Office 仕事活用の短所

よく勘違いするのですが、iPadにOfficeアプリをインストールすれば仕事にも便利に活用できると思ってしまう場合が多いです。

これは大きな落とし穴になる訳ですは、文書作成する場合ではキーボードも必要になりますが、このキーボードは自分にとって使いやすいのか?も関係あります。

さらには、文書作成する場合に日本語入力する訳ですけれども、本当に自分にとって最適に感じる日本語入力なんですかね? この両方がマッチしていないと、実際には上手く活用できないのではないか?というのが個人的な見解になります。