iPhoneではなくAndroidスマホでもiPadを活用できる

iPad 活用 生活
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

iPadを購入する場合にAndroidスマホを所持していても、iPadを便利に使えるのかな?と考えてしまう場合もあるのでは?と思います。

スマホがiPhoneであれば、iPadとも親和性が高いですからバッチリなんですけど、なかなかそう簡単に変更という訳にもいかない事情もあります。

このような場合では、ちょっと踏ん切りが付かなくて悩んでしまう場合も多いのではないでしょうか?

今回の記事は『iPhoneではなくAndroidスマホでもiPadを活用できる』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

iPadを上手く活用できるとは限らない

iPadを購入しても便利に活用することができる場合もあれば、活用方法で悩んでしまって上手く活用できない場合もあります。この違いは何でしょうか?

iPad購入しても活用できないと意味がない

iPadの場合では、周辺機器アクセサリーも含めると、それなりに高い金額になってしまう場合が多いです。それなのに、実際に使ってみると、うまく活用できなかったりする場合も多いのが実情だったりします。

これでは、いったい何の目的でiPadを購入したのか?分からない状態になるため、購入する前の検討はしっかり行った方が賢明です。

おそらく、上手く活用できないのは、適切な用途を与えていないので、そのようになってしまった場合が多いです。継続的にiPadを利用するのであれば、iPadじゃないで出来ない何か?を事前に用意しておくのが最適です。

何せ、iPadはガジェットですから、別に無くても困らないので、活用方法に悩む展開も多いのである。

 

実際には活用できるという訳ではない

せっかく購入したは良いけど、実際にはiPadの活用の難しさに悩む場合もあります。何せ、色々な用途に利用できる便利なタブレット端末なので余計に悩むのである。

確かに便利に使えるけれども、自分のやりたい事が実現できるとは限らないので、そのギャップに悩むのでは?と感じます。頭の中のイメージのままで購入すると、実際に使ってみると、落差が大きいと感じます。

あと、自分は上手く活用できないのにも関わらず、友人や同僚は便利に活用している場合もありますが、この場合は自分と何が違うのか?も気になります。

聞いても自分と同じ感じの場合が多いので、それならば何で?といった感じ。

 

スポンサーリンク

iPad活用はiPhoneが最適?

iPad活用を考慮した場合ではスマホはiPhoneの方が連携も簡単なので、iPhoneに変更した方が良いのではないか?と思う場合もあります。

iPhone iPad 連携

iPad連携活用する場合では、おそらくiPhone iPad 連携が最適だと考えます。やっぱり同じメーカーですし、親和性の高いOSなので、連携活用に関して言えば、申し分ないです。

iPhoneを所持している場合では、iPadを購入しても何も問題なく活用できる場合が多いですが、iPad活用に関して言えば、スマホはあまり関係ないと思うのは気のせいでしょうか?

というのも、スマホと連携するのが目的でiPad購入している訳ではない場合が多いですから、スマホをiPhoneに変更してまでiPad購入しなくても良いと思います。

 

iPad活用はiPhoneが有ると便利

iPhoneを所持していれば、iPad活用できるので最適な組み合わせになるという訳ではなく、iPhoneを所持している場合では、iPadと上手く連携できるため、より一層便利に活用できる可能性が高いです。

活用というのは、生活などの用途に役立って活用になる訳なので、iPhoneと連携して使ったからといって、それがそのまま活用なのか?疑問に感じます。

あくまでもiPhoneがあると、iPad連携もしやすいので便利に使える場合が多いという認識で良いのではないでしょうか?

 

最適か?は自分のみぞ知る領域

人の感じ方には個人差が有りますし、好みや考え方も異なるので一律的に同じではないです。iPhone iPad連携が最適に感じるのか?は使用者のみ知る領域なので、個々で判断すれば良いのではないか?と考えます。

 

Androidスマホを所持していてもiPadを活用できる

Androidスマホを持っている場合でもiPadを購入したい!と思いますが、この場合ではiPad活用できるのか?も気になると思います。

AndroidスマホでもiPad連携できる

Androidスマホを所持していてもiPadと連携する事ができます。仮にファイルを相互に転送する場合では、ファイル転送アプリを利用することで対応できます。

デジタルノートを利用する場合でも、AndroidとiPad相互に対応していれば、同期する事も可能になるので、うまくデータ連携もできるようになります。

特にGoogleドキュメントスプレッドシートを利用している場合では、iPadでも普通に利用できるので便利に使えます。

 

異なるOSを試せるのが魅力

Androidスマホを所持していながらiPadを購入した場合の最大の魅力は、AndroidとiPad両OSを試す事ができるという部分に尽きます。

iPadは基本的にはiPhoneアプリも利用できますし、Dockも利用できるため、使い勝手を試す場にも役立つのである。

現在はAndroidでも将来的にiPhoneに移行しようと考えていたりする場合では良い選択かも知れません。

その結果、やっぱりAndroidスマホで良いとか、やっぱりiPhoneの方が良い!という判断も容易に行えるため、次回スマホを購入するサイクルまでにゆっくり検討を重ねる時間を作り出す事ができます。

 

ファイル転送はアプリが便利

AndroidスマホからiPad、又はその逆のパターンで相互にファイル転送する場合では、Sendanywhereなどの転送アプリを利用して行うのが便利に感じます。

但し、Wi-Fiだけでなく電話回線でも行えるので、「Wi-Fi使用時のみ送信」に設定しておく必要があります。

 

iPad 活用方法!Sendanywhere ファイル転送アプリのレビュー
皆さん こんにちは! iPadでスクリーンショットやカメラ撮影した画像ファイルやPCから音楽データをiPadに転送する場合はどのように行っていますか? 特別なアプリを使わなくてもUSBケーブルとPCが有れば基本的には自由...

 

iPad活用では所持しているスマホは関係ない

iPhoneを所持している場合ではiPadを上手く活用できると思いがちですが、そんな事はないと個人的に考えます。AndroidスマホでもiPadを活用できます。

iPad活用はiPhone、Android関係ない

iPad活用する場合では、iPhoneを所持していた方が便利に使えると思うかも知れませんが、たぶん、正解でもありますが不正解でもあると考えます。

同じApple製品ですから連携活用に関しては抜群であり、申し分ないと思いますが、あくまでも連携活用の観点の話になります。

活用というのは範囲が広いので、別に連携活用に拘る必要がないと思います。それにAndroidスマホでも、それなりに連携はできるので必ずしもiPhoneを所持していないとiPad活用できないという訳ではないです。

筆者の場合は、Androidスマホを所持していますが、何も不便なくiPad活用できるので、あまり関係ない気がします。

 

適切な用途があればiPad活用できる

AndroidスマホやiPhoneの場合は生活必需品に該当しますが、iPadは所持していれば便利に使えるけど、無くても困らないガジェットや便利グッズに該当します。

そのため、iPadを所持していても便利に活用できない場合も当然の事ながらあります。この場合では、それなりに高い金額を投資して購入したけれども実際には活用方法で悩む展開になります。

これでは時間も含めて勿体ないですから、少なくとも適切な用途を予め用意した上で購入するのが賢明の選択になります。

ただ魅力的に感じるから購入や友人や同僚も所持しているから購入といった感じだと上手く活用できない場合が多いです。それに、他人は活用できても自分もという訳ではないので、用途は重要になります。