iPad活用できない!色々な用途を求めないのがiPad活用のコツ

スポンサーリンク
iPad 活用 方法

 

皆さん こんにちは!

iPadの活用方法に悩んでしまった場合では無駄に時間を費やす事になる場合が多いです。これでは時間が勿体ないのですが、名案が浮かばないので仕方ないといった感じ。

こういう場合は無理にiPadを使うという事はしないで、しばらく使わないのも1つの方法になりますが、使わない生活に慣れてしまうと別に使わなくても問題ないといった感じになるため、これも宜しくないです。

結局のところ、どうすれば良いのか?と言うと、アレコレiPadに期待するのはやめて、シンプルに利用する事を求めるのが良いのではないか?と考えます。

今回の記事は『iPad活用できない!色々な用途を求めないのがiPad活用のコツ』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

iPadはアレコレ利用できる便利なガジェット

iPadは一通り便利に使えるガジェットになりますが、これは正直のところ、ちょっと困る部分も実際にあります。

あれこれ利用できるのも困る

どうして、あれこれ利用できると困るのか?と言うと、変な気を起こしてしまうのである。何せiPadは高性能なCPUを搭載しているので、余計に「もしかすると、ノートPCの代用ができるのではないか?」という気分になってしまいます。

ほんの少しでも、このように考えてしまうと、どんどん膨らんでいってしまうのである。こればっかりはどうしょうもないといった感じ。

 

ノートPCを所持している場合のiPad

メインで利用しているパソコンがノートPCの場合でも、iPadを購入する機会にも恵まれます。この場合ではタブレット端末の用途で使えば便利に利用できます。

でも、キーボードやマウスを利用するのは良くないです。何故か?と言うと、ノートPCと用途が被るので活用方法で悩む展開に発展する可能性が高くなります。

この場合では、Apple PencilSmart Coverといったアクセサリーを利用するのが賢明の選択になります。

 

デスクトップPCを所持している場合のiPad

メインで利用しているパソコンがデスクトップPCの場合では、Smart connectorに対応したキーボードケースを購入しても良いです。

基本的にデスクトップPCは据え置き型なので持ち運びできませんから、iPadをノートPCのように利用しても用途的に補完できると思います。

但し、完全に補完できる関係ではないので、補完できない場合も色々と多くあります。あくまでも用途的に補完するといった活用になります。

 

スポンサーリンク

iPadは活用方法や使い道に困るのが悩み

iPadを買ったは良いけど、活用方法に悩んだ事は有りませんか?実際にはあまり無いのですが、それでも本当にこの活用で良いのだろうか?と思った事は何度かあります。

iPadはガジェット

スマホやパソコンの場合は生活必需品になりますが、iPadの場合はガジェットになります。

ガジェットや便利グッズの場合は有れば便利に使えますが、別に無くても特に困らないというカテゴリに該当するため、自宅で眠ってしまったり、宝の持ち腐れになりやすいです。

iPadは生活必需品ではないので、どうにかして自分にとってiPadが無いと困るという状況を作り出してあげる必要があります。

そうしないと買ったは良いですけど、使い道に困って活用方法に悩んだり困ったりするパターンが訪れてしまいます。これではそれなりの高い金額を出して購入したので勿体ないと思います。

 

使い道に困る要因

iPadが使い道に困るのはどうしてなのか?と言えば、必ずではないのですが、同じ用途で利用できるデバイスが他にもある場合が多いです。

その良い例がスマホパソコンだと思います。両方とも生活必需品の1つであり、iPadと用途が被る場合があります。用途が被ってしまうとその分、利用する頻度も少なくなるので、あまり使えないな~といった感じになりやすいです。

さらにダメ押しすると、iPadはどちらのデバイスにも代用できないです。でも、スマホやパソコンの場合はiPadの用途の一部を代用できるので、必然的にこの2つの必需品に用途が集まって来る事になります。

この流れをどうにかして変えない限り、使い道に困るのは必然であり、仕方ないのではないか?と考えます。

 

スポンサーリンク

iPadにアレコレ求めるのは良くない

iPad活用では、アレコレ求めてしまうと、実現できなくて空回りしたり、アレコレ周辺機器アクセサリーを購入したりしてどうにか?活用できるようにもがいてしまう悪循環も発生します。

無理にでも活用しようとするデメリット

活用方法で悩んだ場合では、とにかく使っていれば、何とかなると考えます。これは正解でもあり、不正解でもあると思います。

というのも、ただ使っていれば、その内に名案が浮かぶという発想にはならないからです。それこそ時間だけがどんどん経過していくので、解決策が見いだせないです。

そのため、いつもと違う視点で試しながら利用するのも1つの方法となります。毎回同じ使い方より、毎回違う使い方の方が同じ時間をでも中身が異なるので充実度に違いが発生します。

その内にどれが良いのか?も見えて来るのでは?だからといって、必ず代案が出て来るとは限らないので、頭を冷やしてみた方が良いかも知れません。

 

無駄な活用に投資する可能性

iPadにアレコレ求めてしまう場合では、色々な用途に利用できるという部分だけしか見ないようになるため、結果的に無駄になってしまう投資を行う可能性があります。

というのも、iPadはキーボードやマウスを利用できるため、ノートPC代用できるのではないか?と考えてしまうのである。

特にApple純正のキーボードケースの場合ではドッキング装着すると、ノートPCのように見えます。確かに利用はできるのですが、基本的にパソコンではないので代用できません。

この事に気が付くのはキーボードケースを購入して、実際に試した後の場合が多いです。

 

iPadノートPC活用は日本語入力を確認後にキーボード購入が最適
皆さん こんにちは! iPadでキーボードを利用したいと思う事もありますが、この場合ではどのタイミングでキーボードを購入していますか? というのも、どの時点で購入しているのか?によっても上手く活用できるのか?関係して来る...

 

iPad活用のコツは1~2の用途に特化が最適

あれこれの用途にiPadを活用しようとすると、活用はできるのですが、1つ1つは薄っぺらいのであまり大した用途に使っていない場合が多いです。

1~2の用途に特化する活用が最適

基本的には1つの用途に特化した方が上手く活用できると思いますが、この場合だとそれなりに高い金額を投資して購入したiPadが勿体ないと思ってしまう場合もあります。

このように思ってしまうと、残念ながらアレコレと考えるようになってしまうので、いつもの悪循環に繋がってしまうのである。

これを回避するには、1~2の用途に特化して活用するのが最適です。逆を言えば、1~2の用途以外は、全て放棄して他のデバイス(スマホ、パソコン)にて対応する事になります。

一見すると非効率的かも知れませんが、この使い方に慣れてしまえば、あまり気にしなくなります。それでいて、継続してずっと使い続ける事ができます。

 

何の用途に特化するのか?

こればっかりは自分で決めて頂くしか方法がありません。どの用途が自分にとって最適に感じるのか?は自分のみぞ知る領域なのである。

但し、インターネットの用途に特化するのは疑問符が尽きます。何故か?と言うと、「ネット閲覧、動画視聴」に限らず、アプリもインターネットを利用しているため、結局のところ、アレコレに使っている感じになります。

これらの作業は大変申し分ないですけど、スマホやメインで利用しているPCでも行っていると思います。用途が被っているのでは?と思います。

用途を被らないで利用できる何か?じゃないと、活用していると実感できないと考えます。

 

オススメできない活用

iPad活用で悩んだ場合に行き着く先が、たぶんゲーム活用なのではないか?と考えます。何せ、スマホよりも大画面で利用できて、高性能なCPU及びグラフィックスを搭載しているので、正にゲームマシンに活用できます。

この活用をやっても良いのは、安価で購入できるiPadに限るのではないか?と個人的に考えます。その理由としては、それなりに高い金額で購入したのに使い道に困るという理由でゲームに使ってしまったら、勿体ないと感じるからです。