iPad活用できない場合は1つの用途に特化すると上手く活用できる

iPad 活用 方法
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

iPadを購入したは良いけど、実際には大した用途に利用していない場合もあったりするものです。このような場合では活用方法で悩んでしまう展開になるのでは?

一度悩んでしまうと、名案が浮かぶまで相当な時間を費やす事になるので浮かんでは消えての繰り返しに終わってしまう場合も意外と多いです。

この場合では、もっとシンプルに考えるのが賢明です。シンプルというのはiPadでアレコレ使うという発想からの転換を行えば良いと思います。

今回の記事は『iPad活用できない場合は1つの用途に特化すると上手く活用できる』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

iPadは色々と利用できる便利なガジェット

iPadを所持している場合では、色々な用途に活用する事になりますが、どの用途にもそれなりに対応できるガジェットなので利用している人も多いと思います。

iPadは何に利用している?

iPadを購入したらどんな用途に利用しているのでしょうか?こればっかりは使用者の自由ですから、自分が利用したい用途に使うのが最適です。

でも、あえて言えば、iPadに搭載してあるカメラはスクリーンショットでは利用しても写真を撮影する目的で利用していないのではないか?と思います。

これはいったい、どんな目的で利用すれば便利に使えるのか?ちょっと分からないのも事実です。そのため、ハッキリ言ってスクリーンショット以外は全く使っていません。そもそもカメラはスマホで十分といった感じ。

 

ネット関係は一般的な用途に使える

iPadの場合ではオフラインでも利用できますけど、実際にはWi-Fiでインターネットに接続して利用するパターンが多いのでは?と思います。

本体ストレージが大容量であればAppleのクラウドストレージを利用しなくても問題ありませんが、何をするにもネット閲覧しないと便利に使えないのが実情です。

その点、インターネットに利用して便利に使えるアプリも豊富にあるため、何をするにも便利に利用できるガジェットがiPadなのではないか?と考えます。

それでいて、一般的なノートPCよりも高性能なCPUを搭載しているので性能的にも申し分ないです。

 

スポンサーリンク

iPadを便利に使うのと活用は異なる

iPadを所持していても自分では便利に使っていても活用していないと感じる事も少なくないのではないでしょうか?

使っている用途はiPadじゃないとダメなのか?

ネット閲覧から動画視聴、料理のレシピ閲覧とか、何でもあれこれ利用するのは別に問題ないのですが、1つ1つのアプリを利用している時間が少ないので、どれも中途半端になりやすいです。

少しの時間で完結できるのであれば有意義ですけど、その用途は、果たして本当にiPadじゃないと実現できないのでしょうか?たぶん、スマホや自宅PCでも可能だと思います。

何がダメのか?と言うと、ズバリ!他のデバイスの用途をiPadが奪っている状態になるので、その分、他のデバイスを利用しなくなります。

便利に使えればそれでも良いのですが、これはその逆のパターンも十分に有るという裏返しでもあります。iPadが統廃合の対象にもなるという事に尽きます。

 

便利に使えるのと活用は異なる

iPadは色々な用途に便利に使えますが、使えるからといって活用しているという訳ではありません。本当に自分にとって役立っているのであれば活用になりますがそうでない場合もあります。

もしかすると、自己満足で終わっている事も有るのでは?と思います。その良い例を挙げれば、ノートPC活用が当てはまります。

iPadをノートPC代わりに利用する活用方法に憧れてしまうと自己満足に終わる事も珍しくありません。ハッキリ言って、キーボードやマウスを利用できるようになったからといってもノートPCではなくiPadなんですよね~。

 

iPadキーボード必要?いる・いらない?買ったら便利に使える?
皆さん こんにちは! iPadをノートPCのように利用して活用する方法もありますが、この場合に必要になるのがキーボードやマウス、トラックパッドなどのPC周辺機器になります。 Apple純正のSmart Keyboard ...

 

iPad購入前の検討が甘い!

iPadを活用できない場合では、おそらく購入前の検討が甘いのではないか?と考えます。購入前のイメージとしては、とにかく「欲しい」や「買いたい」が強いので自分にとって不利に感じる部分はどうしても考えないようにすると思います。

それを考えてしまうと、欲しくて欲しくて仕方ないiPadが買えなくなってしまうので、そんな不都合な事はどうでも良いといった感じ。

残念ながら、これじゃあダメなんですよ!やっぱり自分にとって不都合に感じる部分を全て列挙した上で、iPadのデメリットも考慮しないと、上手く活用できないと思います。

 

iPad活用できない時は1つの用途に特化する活用を

もし、iPadをうまく活用できなくて悩んでしまっている場合では、1つの用途に特化する活用方法を試してみるのが良いと思います。

1つの用途に特化

あれこれ利用できるiPadなのに、たった1つの用途に使うのは勿体ないのではないか?と考える場合もありますが、複数の用途で利用しているのにうまく活用できないのが現実なので、1つの用途に絞るのが最適です。

勿体ないとか思ってしまうと、うまく活用できないです。もっとシンプルに自分はこの用途を行う為にiPadを購入したんだ!と考えれば良いのである。

他にも利用できるけれども、他の用途は素直にスマホやメインで利用しているPCに任せてしまうのが最適な活用方法になります。

 

色々な用途を求めないのがiPad活用のコツ

iPadでキーボードやマウスが使えるからといって、ノートPCの真似事をしても上手く活用できません。だってこれらの機器を利用してもiPadなのですから、キーボード入力に関して言えばノートPCには勝てません。

勝てる事と言えば、軽量さかな?と思いますが、キーボードケースをドッキング装着すると、モバイルノートPCよりも重たい場合もあります。

あれこれ色々な用途に利用できるからといって、あれこれ求めてしまうと全体としては上手く回っていても1つ1つは疎かになっている場合もあります。

その1つ1つにスポットライトを当てて、1つを極めると継続的に利用できるようになります。

 

iPad周辺機器アクセサリー

1つの用途に特化する活用方法だったとしても周辺機器アクセサリーは何かしら必要になると思いますが、購入する場合は注意が必要です。

たいていの場合はiPad本体と同時に購入するパターンが多いのが実情なのではないでしょうか?

Apple Pencilやカバーケースは同時購入しても問題ないのですが、他の周辺機器の場合は少なくともiPad本体を先に購入した上で、実際に操作などを確認してからの方が良いと思います。

 

1つの用途に特化するiPad活用例

ここでは1つの用途に特化した場合のiPad活用についての紹介になります。あくまでも筆者の活用例になるため、参考になるのか?分かりません。

iPad mini 通勤やゲームに特化

iPad mini は基本的に通勤に持参する目的で購入していますが、この用途だけで利用するのはちょっと勿体ない感じがしたので、ゲーム用途でも利用しています。

他の端末ではAndroidスマホも含めてゲームは全て iPad mini で行っています。Androidスマホのバッテリー持ちも良くなったので、結果的には良かったのではないかな?と考えています。

通勤では、電子書籍の読書での利用となります。とはいえ、電車の座席に座れない場合の方が圧倒的に多いので、あまり電車の車内で読書していません。

 

iPad Air デジタルノートに特化

iPad Air は仕事活用する目的で購入しましたが、実際には仕事用途には使わず、デジタルノートに利用する活用に特化しています。

厳密に言えば、デジタルノートの場合は仕事にも使えるので、まとめ的な感じで利用していますが、それ以外は言語学習も含めて勉強に利用している場合が多いです。

この用途に特化して活用する場合ではデメリットもあります。Apple Pencilのペン先の摩耗が早いと感じます。まさか!ペン先の交換が必要になるとは思いませんでした。

実際に利用しているデジタルノートのアプリは無料で利用できるMicrosoft OneNote 及び iPad標準メモとなります。