iPadノートPC化では右クリック操作の設定・変更が便利に使える

iPad 活用 方法
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

iPadを所持している場合では、キーボードやマウスを利用する機会にも恵まれますが、この場合ではマウスよりもどちらか?というとトラックパッドの方を利用する場合が多いのでは?と思います。

というのも、iPadキーボード利用ではSmart connectorに対応しているApple純正のキーボードケースを利用した方が便利に使えるからです。

Magic KeyboardやロジクールFolio Touchの場合ではトラックパッドを搭載しているため、マウスを利用しなくても問題ありません。

今回の記事は『iPadノートPC化では右クリック操作の設定・変更が便利に使える』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

iPadでキーボードやマウスを利用する場合

iPadはキーボードやマウス、USBハブを利用する事ができるため、自宅で利用しているPCのように使う事もできるようになっています。

iPad利用について

基本的にiPadはタブレット端末なので、タッチ操作 又は Apple Pencilを利用した操作を行う場合が多いと思います。

でも、iPadには一般的なノートPCよりも高性能なCPUを搭載している事も関係して、キーボードやマウス、USBハブといったPC周辺機器を利用した使い方を行う場合もあります。

一般的に何でも行える便利なガジェットになるため、使い方によっては便利に活用できるのではないか?と考えます。

 

キーボードやマウス

① キーボード
iPadにキーボードやマウスを接続して利用する場合では、Smart connectorに対応しているキーボードケース 又は Bluetooth接続のキーボードなどを利用する事ができます。

 

② マウス
マウスの場合は、Bluetoothマウス 及び Wi-Fiワイヤレスマウスを利用できます。但し、Wi-Fiマウスを利用する場合は注意事項があります。

基本的にUSBレシーバーはUSB Type-Aに対応している場合が多いため、このマウスを利用する場合は、別途、USB Type-Cハブが必要になります。

 

USBハブ

iPadにUSB Type-Cハブを利用する場合は、キーボードケースによっては接続できない場合もあるため、購入する場合はiPad本体と同時に買うのではなく、iPad本体やケースを購入後に自分で確認してから買うのが賢明の選択になります。

 

スポンサーリンク

iPadトラックパッドでの右クリック操作

iPadにトラックパッド付キーボードケースをドッキング装着 又は タッチパッド付キーボードを接続した場合では、トラックパッドを利用する事ができるようになります。

トラックパッドで右クリック

① Magic Keyboard
iPad Magic Keyboardを所持していないため、右クリックした場合の動作は不明です。

 

② Folio Touch
iPad Air 4 にロジクールFolio Touch をドッキングした状態で、トラックパッドで右クリック操作を行った場合では何も起こりません。クリックできるだけになります。

 

右クリック&長押し(ロジクールFolio Touch)

ホーム画面で右クリックした状態で長押しすると、アプリ(アイコン)の位置を変更したり、ウィジェットの追加などのカスタマイズが行えるようになります。

何も操作しないで、しばらく時間が経過すると自動的にホームに戻ります(選択できない状態に戻る)。

 

アプリでの操作

① メモアプリ
iPad標準メモアプリに写真などの画像を貼り付けた上で、画像を右クリックすると、画像が大きく表示されます。もう1回右クリックすると最大化表示となります。因みに左クリックした場合も同じです。

 

② デジタルノート
Microsoft OneNote のページに画像を貼り付けて、同様に右クリック操作を行うと、基本的には左クリックと同じ操作となります。(左右クリック関係ない感じ)

 

iPad OneNote 使い方!複数の画像を横に並べる配置方法
皆さん こんにちは! Microsoft OneNote for iPad デジタルノートで画像を挿入する場合ではiPad内とオンライン画像を必要に応じて使い分けられるのが便利に感じます。 でも、画像を横に並べる場合は、...

 

iPadでPCマウスを利用する右クリック設定方法

iPadにUSB Type-Cハブを接続した上で、Wi-FiワイヤレスマウスのUSBレシーバーをハブに挿し込むとiPadで、ワイヤレスマウスが利用できるようになります。

マウスで右クリック操作の割り当て

iPadでPCマウスを利用する場合では、USB Type-CハブにマウスのUSBレシーバーを挿し込む事で利用できますが、このまま使っている場合が多いのでは?と思います。

実は、左右クリックした場合の動作をどのようにするのか?の設定変更が行えるようになっているため、iPadでマウスを使うのであれば、行った方が良いのではないか?と個人的に考えます。

何故か?というと、操作性や利便性の向上が挙げられます。どうせ使うのであれば、少しでも便利に使いたいと思うのは当然だからです。

特に何かアプリを使用していて、ホーム画面に戻りたい場合も実際にありますが、この場合にマウスで右クリックしたらホームに戻る事ができると便利だったります。

大した事ではないのですが、ちょっとした改善で意外と便利に使えるようになるため、覚えておいても損はないと思います。

 

右クリック操作の設定方法

① 設定を開く

② アクセシビリティをタップ

③ タッチをタップ

AssistiveTouch をタップ

⑤ デバイスをタップ

⑥ 接続しているマウスをタップ

⑦ 左右のクリックボタンを割り当てるを設定を行う

 

実際に左右クリックの割り当てを設定する場合

右クリック設定したい場合は、先にマウスの右クリックを行ってから、どのような動作を行うのか?選択リストから選ぶ事になります。

筆者の場合は、右クリックしたらホーム画面に戻るようにしています。キーボードケースに装着している場合では、タッチ画面で操作するより、ワンクリックで操作した方が簡単なので便利に感じます。

 

iPadトラックパッド・マウスどっちが便利?

ここでは、iPadで利用するキーボードケースに搭載のトラックパッドとPCマウスはどっちが便利に使えるのか?についての紹介になります。

たぶんトラックパッド(タッチパッド)

おそらく賛否両論あるとは思いますが、何だかんだ言ってもキーボードケースに搭載されているトラックパッドの方が便利に感じます。

その理由の1つとして、iPad本体と一体運用が行える点が挙げられます。マウスの場合だと、別個にマウスになるので持ち運びも含めて最適とは言い難いです。

特にワイヤレスマウスの場合では利用しようと思っていてもバッテリー切れという場合も有るのでその心配がないSmart connectorに対応しているキーボードケースの方が使い勝手は良いです。

 

ドラッグ&ドロップする場合はマウスが便利

唯一、使い勝手があまり良くないと感じるのはドラッグ&ドロップ操作を行う場合です。Split ViewやSlide Overする場合はタッチ操作でのドラッグ&ドロップなので特に問題ないです。

でも、トラックパッド上で同様の操作を行う場合では、上手くできないので使いづらさを感じます。こういう場合では、ワイヤレスマウスの方が快適に操作できます。

 

iPadにマウスは必要?

たぶんiPadを利用する場合では、別にマウスは無くても特に問題ないのではないか?と感じます。自分にとって最適に感じる使い方を行えば良いと思います。