iPad 使い方!Slide Over スライドオーバー使用方法

iPad 活用 方法
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

iPadで、マルチタスク機能を利用する場合では、画面を左右に分割表示できる Split View と アプリを重ねて、あたかも浮いているように表示できる Slide Over を利用する事が出来ます。

どちらも使い方によっては便利に利用できる機能になりますが、その機能を使ったからといって、必ず便利に使えるという訳ではありません。

それぞれの機能に向いているアプリを使って初めて、便利に活用できるようになります。

そこで今回の記事は『iPadでSlide Over スライドオーバーの使用方法』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

iPadはマルチタスクで利用できる機能がある

iPadでマルチタスクを利用する場合では2つの機能(Split View、Slide Over)を利用する事が出来ます。

Split View(スプリットビュー)

iPadでアプリを左右に分割して表示する場合に使うと便利に感じる機能がSplit Viewになります
。基本的には左右に「2分の1」で利用する事になりますが、「3分の2」サイズに表示する事もできます。

でも、左右に画面を分割したからといって、どのアプリも便利に利用できるという訳ではないので、画面を左右に分割しても便利に感じるアプリを利用するのが最適です。

さらには、画面を左右に分割すると、作業スペースも小さくなるため、使いやすいとは言い難い場合もあります。

 

Slide Over(スライドがオーバー)

iPadで2画面表示する場合ではSplit Viewで画面を分割する方法も有りますが、画面は分割しないで、アプリを重ねて、あたかも浮いているように見せる表示方法もあります。

この機能がSlide Overになります。最初に表示しているアプリは全画面で表示できますが、上に重ねているアプリは3分の1のサイズでの表示になります。

さらに上に重ねているアプリは画面右端に隠す(非表示)にする事も可能になっており、必要に応じて右端から呼び出したり、隠したりする事が出来ます。

 

Dockを利用する

Split View 及び Slide Over に共通している事はいずれの場合でもDockからアプリをドラッグ&ドロップする必要があるという事に尽きます。

Dockに配置しているアプリのみ、Split View 及び Slide Over の機能を利用できるようになるため、Dockに配置するアプリも重要になります。

 

スポンサーリンク

iPadのSlide Overを利用する場合

Slide Overで、あたかもアプリが浮いているように見えるようにする場合では、Dockにマルチタスクで利用できるアプリを追加しておく必要があります。

Dockにアプリを追加&配置

最初に行うべき事は、Dockにマルチタスクで便利に使えるアプリを追加 及び 配置しておく必要があります。

たいていの場合では、Dockによく使うアプリを配置する場合が多いですが、その中にはマルチタスクでも便利に使えるアプリも有ると思います。

そういうアプリを優先的にDockに追加&配置するのが望ましいです。因みに、マルチタスクとは関係ないよく使うアプリはDockではなく、ホーム画面1ページに配置するのが最適です。

 

Slide Overで便利に使えるアプリ

Slide Over の場合は2つ目に表示したアプリが3分の1サイズで重ねて表示されるため、このサイズでも便利に使えるアプリが望ましいです。

これは実際に表示してみて自分の目で確認するしか方法が無いと思います。何故なら、自分にとって最適に感じる部分は「自分のみぞ知る領域」だからです。

多少面倒でも勉強の一環として行うのが良さそうです。

 

Slide Overに非対応のアプリもある

現在表示しているアプリの上に、Slide Overを利用して重ねたからといって、必ず浮き上がって表示されるとは限りません。

全てのアプリがSlide Overに対応していないので、この機能に対応していないアプリは、あたかも浮いている表示になりません。

対応していないアプリを選択した場合では全画面でアプリが表示されます。

 

Slide Overで利用できる機能について

Slide Overは基本的には、あたかもアプリが浮いているように表示できる機能になりますが、それ以外にも便利に感じる機能が利用できます。

画面右端に隠せる機能(非表示)

Slide Over の機能としては、あたかも浮いているように見せる表示方法になりますが、この他に、画面右端に隠せる機能もあります。

3分の1サイズの画面の場合では、いつも表示していると、全画面で表示しているアプリを有効に利用する事が出来ません。

全画面表示しているアプリを有効に使う場合では、Slide Overさせているアプリを必要に応じて非表示 及び 呼び出せるようにしておくのが最適です。

 

アプリを重ねて切り替える事もできる

Slide Overではアプリを重ねて表示できる機能になりますが、複数のアプリを重ねて表示&切り替える事も出来るようになっています。

スライドオーバーで、3分の1サイズに表示している場合では、必ず1つのアプリしか表示できませんが、他のアプリもこの状態で重ねる事が出来ます。

どのように切り替えるのか?と言うと、重ねている画面の下側にアンダーバーが表示されているため、ここを上に払うようにタッチ操作をすると、選択できるようになります。

この機能を利用すれば、使い方によっては便利に利用できると思います。

 

画面の左端には隠せない

Slide Over の場合では画面の右端に隠せるので呼び出す場合も便利ですが、左端に隠せないので注意も必要になります。

せっかく便利に使える機能になりますが、左右どちらからでも呼び出したり、隠したりできると利便性も高まるのですが、残念ながら非表示にできるのは画面右端だけに限定されています。

左端に隠そうとしても飛び出てしまうのである。

 

iPadでSlide Overの操作方法

ここでは、実際にどのように操作を行えばSlide Overできるのか?についての紹介になります。基本的にはアプリをドロップするタイミングが異なるだけでSplit Viewと同じになります。

実際の操作方法

① アプリ起動
先ず最初に全画面で利用するアプリを起動します。これは何でも良いと思います。

 

② Dockを表示
画面下側からタッチ操作でDockを表示します。

 

③ アプリをドラッグ&ドロップ
Slide Overしたいアプリを選択してドラッグして、全画面表示しているアプリの上で、ドロップします。

 

iPad 使い方!Split View スプリットビュー操作方法
皆さん こんにちは! iPadで、2画面表示(画面分割)で作業を行いたい場合に便利に使えるのがSplit View(スプリットビュー)になります。 本来であれば画面いっぱいでアプリを利用するところ、画面を分割して2画面表...

 

Slide Overの操作方法

① 非表示する場合
画面の右端に隠す場合の操作は、Slide Overさせているアプリを右に払うようにフリックするだけで良いです。

 

② 呼び出す場合
非表示状態にあるSlide Overさせているアプリを呼び出す場合では、右端から払うようにタッチ操作(フリック)すると飛び出て来るように表示されます。

 

③ アプリ切り替え
今度は、複数のアプリを重ねてSlide Overさせている場合では、切り替えて使う場合もあります。この場合では、Slide Overしているアプリの画面下側にアンダーバーが表示されているので、上に払うようにタッチ操作を行います。

 

Slide Overのアプリを終了する場合

Slide Overさせているアプリを終了する場合は、どのように行うのか?と言うと、画面下側に表示されているアンダーを上に持ち上げて一旦停止

その上で、何処でも良いので上にスワイプするようにタッチ操作を行うと終了します。