iPad活用!何に使う?何をする?明確な用途があれば活用できる

iPad 活用 方法
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

iPadを所持している場合では、毎日の日常生活で色々な用途に使っていると思います。仕事や勉強にも使えるので非常に便利なタブレット端末なのではないでしょうか?

でも、必ずしもこのような展開にならない場合もあります。何に使えば良いのか?分からなかったり、そもそも何をする目的で購入したのか?といった感じ。

こんな感じの場合では、それなりに高い金額を出して購入したのに実際にはあまり大した用途では利用していない場合が多いので結果として宝の持ち腐れになる事も珍しくありません。

今回の記事は『iPadは何に使う?iPadで何をする?明確な用途があれば活用できる』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

iPadで何をする?目的で購入するのか?

iPadを購入する場合では真っ先に考えて欲しいのが「iPadで何をするのか?」に尽きるのではないでしょうか?たぶん考えてない場合もあると思います。

iPadで何をする?

iPadを買う場合では、買ったら何をするのでしょうか?そんなに考えるまでもない!と思っていると、大きな落とし穴に落下する展開になります。

これは根幹の部分に該当するため、これがないと、大した用途に利用しない場合が多いです。特に、友人や会社の同僚が便利に使っているから自分も購入するといった場合では、うまく活用できないと思います。

というのも、確かに友人や同僚は便利に活用できるかも知れませんが、自分は何も明確な用途がないので、いくら頑張っても同じ結果にはなりません。

それこそ、どうして自分は上手く活用できないのだろうか?といった感じにります。

 

iPad買いたい、iPad欲しいが優先

iPadを購入する場合では、残念ながら「iPadで何をする」よりも、どの機種を購入するのか?で大いに悩む展開に陥る場合が多いです。

iPadを買いたい欲しいが優先されているので、買うのを前提に実際に機種選びを行ってしまうため、自分にとって不都合に感じる部分は何も検討しない場合が多いです。

自分にとって不都合というのは、iPadを買った場合のデメリットが該当します。何せ、これを考えてしまうと、買えなくなってしまうので、あまり考えたくないと言った方が正解になります。

大変申し分ないですけど、デメリットをよく検討しないと良い買い物は出来ないので、買わない選択を行った方が賢明な判断になると思います。

 

スポンサーリンク

iPadは何に使うのか?も検討や考慮が必要

iPadを購入する場合では、「iPadで何をする?」を検討する必要がありますが、もう1つ重要な事項があります。それは「iPadは何に使うのか?」になります。

iPadは用途が被るので注意

どうして明確な用途が必要なのか?と言うと、メインで利用しているPCやスマホと用途が被りやすいので、用途の奪い合いが発生するのである。

その結果、どうなるのか?と言うと、どのデバイスを利用すれば効率的に使えるのか?を優先するようになる場合が多いのでiPadが統廃合の対象になってしまうのである。

そのようにならない為にも「iPadは何に使うのか?」は明確にしておく必要があります。

 

iPad購入後は明確な用途が必要

購入する前はある程度の漠然とした用途でも問題ありませんが、購入後は、そんな生半可な考えは良くないです。もう既に買ってしまっている状態なので、今更、何に使うのか?を考えるなんて時間が勿体ないです。

購入したら直ぐに開封して、直ぐに購入目的の用途に使える状態にしないと、いつまで経っても購入用途での活用は行えなくなります。

そのうち、いつの間にか購入用途での利用ではなく、他の用途に変わってしまっている場合も珍しくありません。

仮にこのようになってしまうと、何に使うために購入したのか?が分からなくなるため、結果的に大した用途には使っていないと感じます。

 

iPadおすすめ選び方!後悔しない購入方法は用途&活用で決める
新しいiPadを買いたいと思った場合では、どのiPadを購入すれば良いのか?悩む場合が多いですが、この選択方法は間違っていると思います。 何故か?と言うと、機種で選んではいけないと感じるのが最大の理由になります。iPadの機種...

 

iPadはガジェット

スマホやPCは生活必需品に該当しますが、iPadはガジェットになります。ガジェットの場合では、有れば便利に使えますが無くても問題ないグッズに該当します。

いPadが無くても実際の生活には困らないので、「何に使うのか?」というのは重要になります。

 

iPadは購入目的の用途で活用するのが最適

iPadは所持していれば便利に使えますが、別に持っていなくても問題ない困らないガジェットになるため、活用方法で悩む場合もあります。

購入目的の用途は超重要

iPadは一通り何でも使えるので、色々と期待してしまうのが良くない部分になります。iPadが有れば何でも出来るのではないか?という不思議な印象。

このように感じてしまうのも仕方ないのですが、得意な事もあれば不得意な事もあります。少なくともiPadが苦手にしている部分をよく理解した上で購入しないと、買って後悔する展開も訪れてしまうと思います。

何でも過度な期待はしないのが賢明です。過度な期待を持ってiPad購入すると、実際に使い始めて、自分のやりたい事が実現できなかった場合では挫折する事になります。

そのため、ずっと継続できる用途は重要になります。

 

ずっと継続できる用途が最適

よく挫折する用途としては、iPadノートPC活用なのではないでしょうか?Apple純正のキーボードケースを利用すると、まるでノートPCのように利用できるので過度な期待を持ってしまいます。

この目的でiPad購入すると、遅かれ早かれ、いつか?は挫折するパターンが多いのでは?と個人的に考えます。何せ、見せ掛けはノートPCでも実際の中身はiPadですから、この事実に気が付いてしまうと落胆は大きいです。

iPadは基本的にタブレット端末なので、この用途で利用するのが最適になります。継続できる用途は必然的にタブレット端末で活用できる用途を選択するのが望ましいのではないか?というのが個人的な見解になります。

 

Apple Pencil

タブレット端末としてiPadを活用する場合では、Apple PencilなどのiPad対応スタイラスペンも必要になる場合があります。

手書き入力できるため、便利に使えるのですが、毎日のように使っているとペン先が摩耗するので、交換も必要となります。ペン先は消耗品になるので、必要に応じて交換する事になります。

 

Apple Pencil 2 レビュー!メリット&デメリット(iPad Air 4)
皆さん こんにちは! iPad Air 4 と一緒に購入した Apple Pencil 2 もよく使っているアクセサリーの1つになっていますが、ロジクール Crayon for iPad と比べると充電方法もタイプが異なります...

 

実際に使っているのはiPadデジタルノート活用

ここでは筆者が実際に活用しているiPadの使い方についての紹介になります。何だかんだ言っても、最終的に落ち着いたのはデジタルノート活用になります。

ノートPC活用よりノート活用が便利

iPad Air を購入した当初は仕事に活用する目的で購入したのですが、同時購入したロジクールFolio Touchが重た過ぎて幻滅し、持ち歩くのが嫌になった事も関係して購入目的の用途は早々に挫折しています。

特にiPad標準の日本語入力イマイチに感じたので、長文の文書作成に不向きなのではないか?という結論に到達したのが原因の1つに挙げられます。

本来であれば、購入前によく検討しておくべき事項ですが、情報が少なくて調べられなかったのである。

でも、iPad購入前に、もし用途が挫折した場合の保険を予め用意していた事もあり、直ぐにデジタルノート活用に切り替えて現在に至ります。

 

紙のノート代わりに使う活用は便利

デジタルノートを何に使っているのか?と言うと、勉強語学学習に利用しています。特に単語などは書いて覚える学習の方が覚えやすいと感じているため、ひたすら書きまくるといった感じ。

画面を2分割にするSplit Viewによる勉強法は便利に感じていません。何故か?と言うと、左側に参考書、右側にノートのスタイルにしても、ちょっと画面サイズが小さく感じるので不便なのである。

11インチサイズのiPadでは、残念ながらSplit Viewによる2画面分割によるiPad勉強法はイマイチだと思います。やっぱり12.9インチサイズが最適なのではないか?と感じます。

 

Microsoft OneNote

実際に使っているデジタルノートアプリはMicrosoft OneNoteになります。無料で利用できるので使っていますが、便利に使えます。

幸いな事にメインで利用しているPCがWindowsなので、Windows版OneNoteとも連携できるので使い勝手は良好です。