iPad活用できる・できないは「iPadで何をする?」の検討次第

iPad 活用 方法
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

iPadを購入したは良いけど、うまく活用できない場合もあります。それなのに友人や会社の同僚はうまく活用していたりすると、どうして自分は活用できないのだろうか?と思ってしまいます。

でも、これは発想の転換でどうにかなるものです。というのも、本当にうまく活用しているのか?は分からないからです。

自分が聞いているのと実際は異なるので、そのように感じているだけかも知れないので、そんなに悩む事はないと思います。要するに「他人は他人、自分は自分」で良いのである。

何も他人の真似はしなくても良いと思います。自分だけの活用方法を見出す事ができれば値千金だと思います。

今回の記事は『iPad活用できる・できないは「iPadで何をする?」の検討や考慮次第』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

iPadを購入したけどうまく活用できない

iPadを買ったは良いけど、うまく活用できていないな~と感じる事もあります。でも、自分の知り合いの人はうまく活用している場合も多いです。

自分は活用できないけど、知り合いは活用できる

一番ショックに感じるのは、自分の知り合いの人はiPadをうまく活用しているけれども、自分は全然うまく活用できない場合だと思います。この違いって何だろう?と思った事は有りませんか?

人から伝わる言葉は飛躍している場合もあるので、80~100%信じなくても良いと思います。このように考えれば、そんなにショックにならずに済みます。

それでも実際に上手く活用している場合も有るので、同じ事をするのではなく、自分なりの活用方法を見付けるのが最適です。

何故か?と言うと、皆さん同じではないからです。1つの事を行う場合でも全く同じ結果になるとは限らないので真似しなくても良いと思います。

 

購入目的と現在の用途は同じ?

iPadを上手く活用できていない場合では、もしかすると、iPad購入前の用途と現在の用途が異なっているのではないか?と考えます。

自分は購入したiPadで何か?をしたいから購入した訳ですから、その用途で利用していれば、現在も便利に使えていると思います。

何らかの事情で途中で用途を変更したりすると、がなくなってしまっている状態になるので、あれもこれもといった感じで何でも使えるガジェットの用途で利用しているのでは?

こんな感じだと、スマホとメインで利用しているPCとで用途が被るので上手く活用できないのではないか?と感じます。

 

iPad mini 仕事活用!通勤に持参の用途が痛勤を快適にする
皆さん こんにちは! iPadを毎日の通勤に持ち歩くボディバッグに収納して持参しています。どうして持参しているのか?と言うと、そもそもの購入目的が通勤に持ち歩く為に買ったからです。 ただこれだけの理由で、毎日のように飽き...

 

スポンサーリンク

iPad活用できる・活用できないの分かれ道

iPadをうまく活用できるのか?活用できないのか?の分かれ道は何かな?と思いますが、たぶんこれは、購入前にどれだけ真剣に検討を行ったのか?に尽きるのではないか?と考えます。

運命の分かれ道はiPad購入前

購入前に検討する事は、基本的には「iPadで何をするのか?」に尽きるのですが、それ以外にも「何の用途」で利用するのか?

又は、購入目的の用途が途中で達成されてしまった場合は、何に活用するのか?といった用途を購入前に検討事項に該当すると思います。

最後に自分が求めている機種選びを行う感じ。たいていの場合は、一番最後の機種選びに時間を掛けている場合が多いので、よく検討しておいた方が良い事項は後回し(そもそも考えていない)になっている場合が多いです。

 

途中で軌道修正できるのか?

購入目的の用途でiPadを購入したは良いけど、途中でその目的が達成されてしまう場合もあります。この場合では直ぐに別の用途に切り替える事ができるのか?も重要になります。

とりあえず活用方法が見つかるまではゲームなどの用途に利用するといった感じだと、ズルズルどうでもよくなるので、あまり大した用途で使っていなかったりする場合があります。

これでは、それなりに高い金額で購入したiPadが勿体ないので、仕事や日常生活に役立てる事ができるような活用方法を見つけた方が良いです。

本来であれば、購入前に検討しておくのが無難です。

 

iPadはPCではない

よく勘違いしている場合が多いのですが、iPadはキーボードやマウスといったPC周辺機器を利用する事ができますが、これらのキーボードを利用すればノートPC代用ができるのでは?と思ってしまっている場合があります。

とても残念ですけれども、iPadでキーボードを利用しても、ノートPCではなくiPadに過ぎません。この用途で購入を検討している場合はiPadは買わないで、ノートPCの購入を検討した方が良いです。

 

そもそもiPadで何をする目的で購入したのか?

何をする目的でiPadを購入するのでしょうか?これは人によっても様々なので色々あると思います。購入目的の用途で現在も使っているのか?が重要になります。

iPadで何をする?

iPadを購入する場合では、購入目的が有って買う場合が多いですが、自分はどのような購入目的でiPadを買うのでしょうか?

ただ友人や会社の同僚が所持しているから自分も買いたいといった場合だと、大変申し分ないですから活用できないのでiPadを買わない選択をした方が賢明の選択になります。

何故か?と言うと、自分はiPadで何をするのか?というのが無いので、これはどう頑張っても難しいと思います。ハッキリ言って、スマホとPCの中間的なポジションに該当するため、どちらの用途にも被ります。

用途が被ると、必然的にあまり使わなくなるので「iPadじゃないと実現できない何か?」が必要です。

 

iPadで何をする?の答えが見つけられるのか?

自分なりに「iPadで何をする?」の答えが見つかっているのであれば、購入しても問題ありませんが、簡単な事ではないと思います。

何かの用途に役立てるのが活用ですから、少なくとも何か?の用途で役立てる事ができるのか?も考慮した方が良いです。

 

買い替えの場合

今まで使っていたiPadがあるのに、新しい魅力的な新製品が発売された場合では、つい欲しくなってしまうものです。この場合では今まで愛用しているiPadは利用しなくなるのでどうするのか?も考える必要があります。

あるていど年数が経過していれば利用しなくても割り切る事ができますけど、買ってから1~2年の場合では売却して新しいiPadの購入費用に充てる事も視野に入れると思います。

でも、ここであえて言わせて頂ければ、今買わなくても良いと思います。というのもiPadは1~2年のサイクルで新製品が出るので次の機会を待っても良いのではないか?と思うのは気のせいでしょうか?

とはいえ、欲しくて欲しくて仕方ない状態の場合では買いたい欲が強いですから、自分をコントロールする事ができるのか?も重要になります。

 

iPadをうまく活用する場合は購入前に要検討が最適

iPadを購入したいな~と思っている場合では、「欲しい」や「買いたい」が頭の中で先行してしまっている状態なので、良い部分しか入ってこない状態になります。

iPadデメリットをよく検討する必要あり

iPad購入前に、どれだけ多くのデメリットが有るのか?を洗い出す事が重要になります。iPad購入前は買いたい欲が前面に出ている状態になるので、自分にとって不都合に感じる要素はあまり考えない場合が多いです。

この状態で、iPadを購入してしまうと、買ったは良いけど、うまく活用できない!という展開に陥る場合があります。これは、おそらく購入前によく検討しなかった事も原因の1つに含まれると考えます。

iPadで何をするのか?それを実現する目的で購入したのに、それが実現できないという事は、やっぱり元に戻って、購入前の検討が甘かったという裏返しになります。

このような結果にならないためにも、欲しくて欲しくて仕方ない状態だったとしても、一度立ち止まる勇気も必要になります。

 

iPadできる・できないを確認する事が重要

iPad購入前にメリットやデメリットも含めて「できること」、「できないこと」を自分なりの視点で洗いざらい抽出した上で、購入可否の判断をしないと活用方法で悩む場合があります。

頭の中のイメージでは色々な用途に利用できると飛躍している場合が多いので、その飛躍している部分に対しての明確な答えを用意するのが重要です。

それは、「iPadで何をするのか?」が基になるため、この部分は明確に答えを用意しておいた方が無難です。逆を言えば、これさえしっかりしていれば継続してiPadを使い続けることができます。