iPadノートPC活用は日本語入力を確認後にキーボード購入が最適

スポンサーリンク
iPad 活用 方法

 

皆さん こんにちは!

iPadでキーボードを利用したいと思う事もありますが、この場合ではどのタイミングでキーボードを購入していますか?

というのも、どの時点で購入しているのか?によっても上手く活用できるのか?関係して来るのではないか?と考える事ができるからです。

とはいえ、たいていの場合はiPad購入時に同時購入 又は 同時注文するパターンが多そうに感じますが、ちゃんとよく考えてから購入した方が良いと思います。

今回の記事は『iPadノートPC活用は日本語入力を確認後にキーボード購入する選択が最適な方法』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

iPadの活用や使い道

iPadを利用する場合では、使用者によっても活用方法が異なりますし、iPad自体もPC周辺機器も利用できるので、ノートPCの用途まで対応できる場合があります。

デジタルノート活用

デジタルノートのアプリを利用して、紙のノート代わりに活用する方法もあります。どちらか?と言うと、この活用方法が一番合っているのではないか?と感じます。

Apple Pencilも含めてiPad対応タッチペンが利用できるので手書き入力が便利に感じます。デメリットは、Apple Pencilのペン先が摩耗するので交換も必要なる部分に尽きます。

そのため、必ずしも最適とは言えませんが、それでも便利に活用できると思います。

 

イラスト・デザイン活用

仕事や趣味がイラストなどのデザイン関係の場合では、便利に活用できると思います。アプリも充実しているため、自分にとって最適に感じるアプリも見つけやすいです。

Apple Pencilを利用する場合が多いので、こちらの場合もペン先交換が必要になります。

 

iPadノートPC活用

iPadはキーボードやマウスといったPC周辺機器を利用できるため、この用途に利用する目的で購入する場合もありますが、この方法はオススメできません。

何故か?と言うと、iPadはタブレット端末なので、ノートPCではないからです。あくまでもキーボードを利用できるiPadと思った方が正解になります。

短文の文書作成の用途に使えますが、長文入力には不向きに感じます。これは実際に使ってみないと何とも言えない部分かも知れません。

 

スポンサーリンク

iPad Smart connector対応キーボードケース

iPadでキーボード入力する場合では、Smart connectorに対応したキーボードケースを利用するのが最適です。iPad本体から給電できるので利用したい時に使えるからです。

Apple純正

Apple純正のキーボードケースは、Smart Keyboard FolioMagic Keyboard があります。実際に購入した事がないので、使い勝手はよく分かりません。

どうして購入しないのか?と言うと、Smart connectorに対応したロジクールFolio Touch(iPad Air)を購入したので、必要性を感じませんでした。

 

ロジクール

ロジクールFolio TouchもSmart connectorに対応しているので、iPad Air とドッキング装着して利用できます。外見的な特徴としては、Microsoft Surface Pro のような見た目になります。

スタンドの角度調整は申し分ないですし、Apple Pencilにも対応しているので持ち運びも一体運用できるのが便利に感じます。

但し、ドッキング装着した場合の重量が重たいので持ち運びには適していません。あと、利用できるUSB Type-Cハブは、直挿しできないタイプになります。

 

ロジクールFolio Touchトラックパッド・キーボードケース(iPad Air 4)レビュー
皆さん こんにちは! iPad Air 4 で入力を伴う作業を行うにはキーボードが必要になります。 幸いな事に iPad Air 4 には Smart Connector が搭載されているため、Apple純正の Smar...

 

キーボードケースは必要?

よく思う事は、iPadにキーボードケースは本当に必要なのだろうか?という事に尽きます。

何だかんだ言ってもよく使っているアクセサリーはESR iPad Air ケースなのでキーボードケースって実はそんなに用途がないのでは?と思うのは気のせいでしょうか?

 

ESR iPad Air ケースのレビュー!マグネット磁気吸着のSmart Folio
皆さん こんにちは! iPad Air 4 と一緒に購入した iPad Air Smart Folio が有るのにも関わらず、ESR iPad Air ケースを購入しました。 どうして購入したのか?というと、問題が発生し...

 

スポンサーリンク

iPadキーボード購入は日本語入力を確認してから購入が最適

ここでは、iPadで利用するキーボードを購入するタイミング 及び 購入判断&可否についての紹介になります。あくまでも個人的な見解になるため、参考になるのか?分かりません。

iPad本体と同時購入してはいけない

どうして?iPad本体とSmart connector対応キーボードケースを同時購入(注文)してはいけないのか?というと、キーボードケースに関して言えば、申し分ないぐらいに素晴らしいので何ら問題ありません。

それならば何故?なのか?と言うと、キーボードではなくて日本語入力が重要になります。iPadでキーボード入力する場合では「かな入力」 又は 「ローマ字入力」すると思います。

これを漢字や平仮名やカタカナに変換すると、適切な単語の候補が表示されますが、表示された候補は必ずしも自分にとって最適に感じるとは限りません。

逆に、ドン・ピシャ!であれば特に気にする必要はないので、キーボードを購入しても問題ないです。

 

iPad標準の日本語入力を確認する作業が必要

Smart connector対応のSmart KeyboardやMagic KeyboardなどのキーボードケースをiPad本体と同時購入した場合では、iPad標準の日本語入力を試す機会がありません。

買ったは良いけど、実際に使ってみたら、日本語変換がイマイチに感じる場合も実際にあります。自分にとって最適な候補の文字が出て来るまで変換キーを連打する場合だと入力作業が非効率的です。

慣れてしまえば何とかなるのも事実なので、これでも良いのかも知れませんが、せっかくそれなりに高い金額を出して購入するのですから、ちゃんと調べてから買った方が良いと思います。

 

キーボード購入の確認事項

ノートやメモアプリを開いて、ソフトウェア・キーボードを表示して、実際に長文入力をしてみるのが最適です。短文だとあまり分からないので、長文入力が良いと思います。

この作業を何度か行ってみて、変換キーを押した時に、自分にとって最適に感じる候補が表示されたら、キーボードを購入しても良いのですが、変換キーを連打するようだったら、キーボードは買わなくても良いと思います。

 

キーボード入力はiPadよりノートPCが最適

iPadの場合では、一般的なノートPCよりも高性能なCPUを搭載していますし、魅力的に感じるトラックパッド付キーボードケースも利用できるので、ノートPC代用として利用できるのでは?と思ってしまいます。

iPadでキーボード入力しなくて良い

iPadでキーボード入力する用途は実際にはそんなに有るとは言えない場合が多いです。確かに用途的には有るのですが、そんなに使っていない場合が多いと思います。

何故か?と言うと、メインで利用しているPCを利用している場合が多いので、必然的にそんなにウェイトが無いと言った方が正解になります。

それに購入当初はよく利用するのですが、時間が経過すると自然に効率化も考えるようになるため、徐々にiPadでキーボード入力が少なくなると思います。

その結果として、気が付いた頃は、キーボードを買ったは良いけど、入力作業に使っていないよね?といった感じ。まあ、これは筆者の場合だけかも知れません。

 

入力作業はノートPCが最適

何だかんだ言っても、iPadノートPC化でキーボード入力するよりも、メインで利用しているPCで入力を行った方が全てにおいて便利に感じます。

自分に最適化された日本語入力になっているので、変換キーを連打しなくてもピンポイントで変換されるのが最大の理由になります。

でも、外出先に持ち歩けないじゃないか?と思うかも知れませんが、iPadノートPC化よりも軽量でかつ、安価で購入できるノートPCもあるので、サブPCとして購入して活用するのも1つの方法になります。

とはいえ、iPadに加えて、メインPC、サブPCも所持していると活用方法も困るため、用途 及び ガジェットの最適化も必要になると思います。