iPad 活用方法!2台持ちiPad併用のメリット&デメリット

iPad 活用 方法
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

新しいiPadを購入した場合では、今まで愛用していたiPadが余ってしまうので、使い道にも悩んだりするようになります。

もう完全に使わないと断言できるのであれば売却処分というのも1つの方法になりますが、売却すると二束三文の値段になってしまう場合では、必ずしも最適な方法とは言えません。

そうなると、現実的な解決方法としてiPad 2台持ち併用での活用となると思います。

今回の記事は『iPad 活用方法!2台持ちiPad併用のメリット&デメリット』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

複数台のiPadの所持では、現役で使っている?

iPadの愛用者であれば、全シリーズ所持しているのではないか?と思います。使いこなしているのか?は別として、自宅に眠っている場合もあると思います。

2台所持して2台とも現役で使用中

筆者の場合はiPad mini 5iPad Air 4 を所持しており、両方とも現役で使っているため、使い道に困って宝の持ち腐れになっていません。

おそらくこれが理想のパターンになりますが、必ずしもこのような展開になるとは限らないのが実情なのではないでしょうか?

というのも、iPadの場合では2つ同時に使用する事は出来ませんし、必ずどっちかの機種を愛用している場合が多いので、必然的に愛用している機種をよく利用する傾向になります。

利用頻度が少ないと、必然的にサブの用途に成り下がってしまうため、利用頻度も少なくなると思います。

 

2台とも現役で利用できるには理由がある

複数のiPadを所持して、便利に使えるパターンは、一般的には家族で利用する場合に限られるのではないか?というのが個人的な見解になります。

筆者の場合は家族で使っているという訳ではなく、iPadは完全に自分だけになります。それなのに2台のiPadを使いこなせるには理由があります。

通勤用自宅用に使い分けているので、継続して使用する事ができるのである。因みにiPad mini を購入した理由は、通勤に持参する用途でになります。

購入用途でiPadを継続して利用する事が出来れば、複数台のiPadを所持していても便利に使えるのである。

 

スポンサーリンク

iPad 2台持ちのメリットは何があるのか?

実際に、iPad mini 5、iPad Air 4 を所持して、2台とも現役で使っていますが、2台持ちのメリットは何があるのでしょうか?

用途別に使い分けできる

複数台のiPadを所持している場合では、用途別に使い分けする事ができるのが最大のメリットになるのではないか?と考えます。

特に自宅で使う用途と外出時に持ち歩く用途といった感じで用途が重ならない組み合わせの場合では最適な活用方法になります。

用途が少しでも被ってしまうと活用の幅も狭くなってしまうので、この場合は複数台所持していても便利に使い分ける事が厳しいのではないか?と思います。

 

使い分けの場合は画面サイズも関係あり

iPadを用途別に使わけて活用する場合では、画面サイズも大きく関係してきます。同じサイズのiPadを複数台所持している場合では、残念ながら使いこなすのは厳しいのではないか?と個人的に考えます。

全くではないですけど、画面サイズが近い場合では、見た感じや本体の重量が差ほど変わらないので、それならば愛用している方で何ら問題ないといった感じになりやすいです。

これでは、両方とも使っているけれども片方はよく使っていない機種となってしまいます。その結果として、サブに成り下がる 又は 予備用といったポジションも十分に想定できます。

 

用途が被らない事も前提

iPadはスマホとPCの中間的なポジションに該当するので、これらの機器と用途も被りやすいです。この場合では完全なサブに徹する使い方を強いられるパターンが多くなると思います。

これと同じ事が発生するのがiPad2台持ちになります。ただでさえ、他のPCスマホと用途が被りやすいのに、複数のiPadがあると余計にリスクも高まります。

そのため、複数台のiPadを使い分け利用する場合は用途が被らないように努力する必要があります。

 

iPad 2台持ちのデメリットを紹介

複数台のiPadを所持して現役で活用する場合では、当然の事ですがデメリットも発生します。ここでは実際に筆者が体験したデメリットを紹介したいと思います。

iPad mini 通勤用途のデメリット

iPad mini 5 を通勤用のボディバッグに収納して持参していますが、通勤中に実際に使っている時間はとても少ないです。

電車通勤なのですが、iPad mini を確実に使えるという状況ではありません。何故か?と言うと、必ず座れるとは限らないからです。

運良く座る事が出来たら、iPad mini で読書となります。1週間に1~2回訪れる事が出来れば良い方なのでは?と思います。

それでもiPad mini は痛勤を少しでも改善できるアイテムなので持参しています。

 

iPad Air 4 自宅用途のデメリット

自宅で使う目的で購入した iPad Air 4 になりますが、一緒のタイミングでロジクールのキーボードケースであるFolio Touchも購入しています。

何がデメリットなのか?と言うと、せっかくキーボードケースを購入したのにも関わらず、そんなに利用していないのである。

どうしてなのか?自分でも不思議な状態なのですが、購入する前と購入後のギャップが大きいとこういう結果になるんだな~と実感しています。

良い勉強になったので、これはこれで良しとしています。

 

iPad Air ロジクールFolio Touch メリット・デメリット
皆さん こんにちは! iPad Air でロジクールFolio Touch キーボードケースを利用する場合では、一長一短に感じる部分もあるため、購入して失敗したかな~と思ってしまう場合もあります。 どうしても購入前は、自...

 

2台持ちの悩めるデメリット

iPad Air 4 は基本的に自宅専用で使っていますが、実は仕事に持参する場合もあります。この場合ではiPad mini が干されてしまうのである。

なるべく重ならないように努力していますが、こればっかりは仕事なので、そうもいかないのが実情になります。

どのようにやりくりすれば良いのか?余計に悩める時間も多くなっています。

 

個人利用ならば、iPadは1台あれは十分

通勤用途でiPad mini 5、自宅用途でiPad Air 4 を所持して使っていますが、それでも、個人で利用するのであればiPadは1台あれば十分だと思います。

iPadは、1台あれば十分の理由

筆者の場合は画面サイズが異なるiPadシリーズを2台所持していますが、使い分けで悩む展開も意外と多いのが実情になります。

この場合では、どうやって使い分けをすれば良いのかな?と悩める時間も増えてしまうので、この悩んでいる時間は勿体ない時間に該当します。

時間というのは有限なので、勿体ない時間というのは無くしてしまった方が良いのである。そうなると、1台に集約するのが賢明の選択になります。

但し、これはあくまでも個人利用の場合に限定されます。

 

家族が居る場合では状況が異なる

家族(特に子供)が居る家庭では、個人の状況とも大きく異なります。個人で2つのiPadを利用するのは時間的に制約も関係して十分に使う事はできませんが、家族も利用するのであれば、使いこなせる確率が高くなります。

特に小さい子供の場合では、触らせてあげるだけで、面白くなって、いつの間にか親よりも操作方法を熟知している状況だったりします。

それに、子供の場合では普通の勉強はあまりやりいたがらないのですが、iPadでゲーム感覚で学習するアプリの場合は率先して行う傾向が高いです。

そのため、家族で利用する場合に限り、iPadは複数台あっても便利に使いこなせるのではないか?と考えます。