iPad 使い方!Split View スプリットビュー操作方法

iPad 活用 方法
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

iPadで、2画面表示(画面分割)で作業を行いたい場合に便利に使えるのがSplit View(スプリットビュー)になります。

本来であれば画面いっぱいでアプリを利用するところ、画面を分割して2画面表示で異なるアプリを使う事が出来る機能になります。

使い方によっては便利に使えるため、操作方法も含めてマスターしておいた方が良い機能の1つになります。

そこで今回の記事は『iPad で、Split View(スプリットビュー)の使用方法』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

iPadは2画面表示で利用できる機能がある

iPadには2つの異なる2画面で利用できる機能があります。1つは画面分割のスプリットビュー、もう1つは右端に隠せる機能を持つスライドがオーバーになります。

Split View(スプリットビュー)

iPadで画面分割する場合に利用する機能がSplit Viewになります。いつもアプリを利用する場合では画面いっぱいに表示されていると思います。

これを画面中央から左右にアプリを2画面で表示できる機能になるため、アプリによっては便利に使える機能です。

必ず画面中央で分割ではなく、タッチ操作で「2分の1」や「3分の2」といった感じに変更する事も可能です。

でも、3分の2表示にした場合では、画面の幅に応じて、作業スペースも小さくなるため、使いやすいとは言い難い場合もあります。状況に応じて臨機応変に対応するのが良さそうです。

 

Slide Over(スライドオーバー)

iPadで2画面表示する場合ではSplit Viewで画面を分割する方法も有りますが、画面は分割しないで必要に応じて画面の右端から呼び出して表示する使い方も出来ます。

この場合に便利な機能がSlide Overになります。操作方法は基本的にはSplit Viewと同じなのですが、アプリをドロップするタイミングが異なるだけです。

アプリが表示されている状態でドロップすると、Slide Overできます。この機能は画面右側に隠しておける機能になります。

自分が表示したい時だけ、右からタッチ操作で呼び出すだけなので、使い方によっては便利に利用できる機能の1つです。因みに画面左側に隠す事はできません。

 

スポンサーリンク

iPadのSplit Viewで画面分割する場合

Split Viewで画面分割する場合では、注意事項があります。全てのアプリが画面分割を行う事で便利に使えるという訳ではありません。

画面分割する場合の注意事項

先ず画面分割を行えば、必ず便利にアプリが利用できると思うのは間違いという事を頭の隅にでも入れておく必要があります。

その上で、どんなアプリが画面分割して便利に利用できるのか?を自分で把握する必要があります。これを怠ってしまうと便利な機能とアプリを使っているだけになってしまいます。

せっかくiPadを使っているのですから、自分にとって便利に使えるように工夫試行錯誤を繰り返す事も大切です。

 

ゲームアプリの場合

iPadではゲームアプリも豊富にあるため、実際にゲームプレイしている場合も多いと思います。この場合では画面分割して同時プレイしたいな~と考える場合も有ると思います。

残念ながら、これは難しいです。1つのゲームを満足にプレイするのも難しいのに2つ同時にプレイという芸当は止めた方が賢明です。それに、ゲームアプリも対応していないと思います。

画面いっぱいでプレイするから面白いのであって、これを分割してしまうと面白みが半減すると思います。

 

画面分割しても便利ではない(不便)

2画面表示できるからといって、どんなアプリでも画面分割すれば便利に使えると思うのは時期尚早になります。

ハッキリ言って、2画面表示に向いているアプリも有れば、全く向いていないアプリもあります。この判別はしっかり行わないと何の為に画面を分割しているのか?意味不明になります。

特にOfficeアプリなどは一見すると、便利に感じるように見えますが、実際に2画面表示で使ってみるとExcelなどの表計算の場合では不便に感じる場合もあります。

 

Dockに追加&配置するアプリについて

Split View で画面分割する場合では、Dockを表示してアプリをドラッグ&ドロップする必要がああるため、Dockに配置するアプリも重要になります。

マルチタスクに最適なアプリを追加&配置

マルチタスクできる機能の Split View 及び Slide Over を便利に活用する上で必要になるのが、これを活かすにはどうするのか?という部分になります。

どんなに便利な機能だったとしても活用できなければ意味がありません。この2つの機能を上手く活用するのは結局のところ、アプリに頼る必要があるため、アプリ選びが重要になります。

Dockにはよく使うアプリを配置する傾向が高いのが実情ですが、よく使うアプリの中で、2画面表示した場合に最適に感じるアプリを優先的にDockに追加&配置するのが賢明の選択です。

 

よく使うアプリは何処に配置するのか?

Dockに追加&配置するアプリはマルチタスク専用にした場合では、肝心要のよく使うアプリの配置場所が何処にすれば良いのか?で困る事になります。

この場合では、ホーム画面1ページ目に配置するのが賢明です。又は、ウィジェットに対応しているランチャーアプリを利用するのも1つの方法になります。

ランチャーアプリを利用すれば、ホーム画面1ページ目は綺麗に整理整頓できるようになるため、他の第三者が見ても、綺麗そのものです。

 

iPadで画面分割する Split View 操作方法

実際に画面分割する場合の操作方法についての紹介になります。と言っても、簡単なので後は慣れるだけです。

アプリを起動する

Split View の機能を使って画面を分割する場合では、とりあえず何でも良いので(ゲームアプリは除く)、アプリを起動します。

可能ならば左側に表示して便利に使えそうなアプリを選択するのが望ましいです。というのも、最初に起動したアプリは、Split View を行うと画面中央から左側に表示されるからです。

この状態で画面下からタッチ操作でDockを表示します。

 

Dockを表示する場合の操作方法

Dockを表示する場合は、基本的には画面下からタッチ操作で表示する事が出来ます。実はもう1つ方法があります。

AssistiveTouchの設定でカスタムアクションの設定を変更する事で、Dockを表示する事も可能です。どちらでも良いので、自分にとって最適な方法でDockを表示するのが最適です。

 

iPad 使い方!ホーム画面のアプリ・アイコンを整理する方法
皆さん こんにちは! iPadのホーム画面はどのようにしていますか?アプリのアイコンで満杯になっているといった場合もあると思います。 誰が見ても綺麗に整理整頓されている場合もありますし、そもそも整理整頓なんてしていない場...

 

ドラッグ&ドロップ

Dockを表示したら、画面右側に配置するアプリをDockからドラッグして右端に移動します。

最初に表示されているアプリがちょっと左側に寄り、左側にアプリの枠が表示されます。ドラッグしているアプリの枠と分離している状態が確認されたらドロップします。そうすると、左右に画面が分割されます。

因みに、前のアプリが表示されている状態でアプリをドロップすると、画面分割しないで、Slide Over(スライドオーバー)になります。

どっちが便利に使えるのか?については自分で使ってみれば分かると思います。