iPadは生活に利用して活用が便利な使い方!使い道に悩む必要なし

スポンサーリンク
iPad 活用 生活

 

皆さん こんにちは!

iPadを所持していても便利に利用していなかったりする場合もあります。このような場合では、使い道や活用方法に悩んでしまう悪循環に陥ってしまったりするものです。

そもそもiPadはどんな目的で購入したのでしょうか?本来の購入目的で使っていれば使い道に困る必要がないと思います。

それでも色々な事情で挫折や検討の甘さも相まって活用方法で悩む場合もあります。こんな時は毎日の日常生活で活用すると便利に使えます。

今回の記事は『iPadは生活に利用して活用が便利な使い方!使い道に悩む必要なし』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

iPadは何をする目的で購入するのか?

そもそも皆さんは、iPadをどんな目的で購入しているのでしょうか?これは人それぞれ個人差があるため、色々な購入目的があると思います。

iPad購入で一番やってはいけない事

iPadを購入する場合では、これだけでやってはいけない購入があります。それは、iPadをノートPCの代用として利用する目的での購入に尽きます。

真面目な話、本当にこれだけは絶対ではないですが、購入目的に加えてはいけません。この目的でiPadを購入してしまうと確実に挫折します。

何故か?と言うと、iPadにキーボードを接続してもiPadだからです。確かにCPUに関して言えば、一般的なノートPCよりも高性能ですが、それ以外はiPadです。

特にiPadで入力を伴う作業に活用する事を考えている場合は、PCでの入力を真面目に考えた方が良いです。

 

iPad周辺機器アクセサリーについて

iPad購入時の注意事項としては、ノートPC化を目的にした購入になりますが、これに付随する内容として、一緒に買う周辺機器アクセサリーについても考慮が必要になります。

iPad にはSmart Keyboard FolioMagic Keyboard などの魅力的に感じるApple純正キーボードケースがありますが、これらのキーボードは見なかった事にするのが良いと思います。

何故か?と言うと、これらのキーボードを利用して、どれだけ入力を伴う作業があるのか?に尽きます。残念ながらそんなに有るとは思えないです。

それに大変申し訳ございませんが、iPadノートPC化して入力作業するよりも、普通にノートPCで入力作業を行った方が便利に感じます。

iPadを便利に活用したいのであれば、一緒に買う周辺機器アクセサリーもよく考慮した方が良いです。

 

スポンサーリンク

iPadは使い道や活用方法に困る場合もある

毎日の日常生活の用途にiPadを利用していれば、使い道や活用方法に悩んでしまう事はないのですが、それでも困ってしまう展開も訪れます。

iPadのポジション

iPadの場合はスマホやPCと根本的にポジションが異なります。スマホPCは生活に必要に感じる必需品になります。

それに対して、iPadなどのタブレット端末は所持していれば便利に利用できるガジェットでかつ、所持していなくても特に問題ないガジェットに該当します。

この関係性をよく理解した上で、iPadを購入しないと、使い道や活用方法に悩んでしまう展開に発展する場合があります。

 

スマホやPCと用途が被る

使い道や活用方法で困ったり悩んでしまう原因の1つに考えられるのが、スマホやPCと用途が被ってしまい、iPadは何に使えば良いのか?分からなくなってしまうパターン。

一見すると、付ける薬は無いような状態になりますが、役割分担を見直すしか方法がないと思います。その結果、統廃合も仕方ないと思います。

 

買い替え時も関係あり

スマホやiPadの場合は、自分にとって魅力的に感じる最新機種が発売されると、不思議に欲しくて欲しくて仕方ないといった感じになると思います。

その結果、どうしても欲しい場合は購入すると思いますが、買うのは全然問題ないのですが、買ったら買ったで旧機種をどうするのか?という事も考慮しないといけません。

ハッキリ言って、残す選択を行った場合は自宅で眠るパターンになる方が圧倒的に多いため、良くない選択なのではないか?と個人的に考えます。

 

スポンサーリンク

iPadを生活に利用して便利に使う活用方法

iPadは、有れば便利に利用できるけれども無くても問題ないガジェットに該当するため、いかに便利に使うのか?が重要になります。

iPadを生活用途に利用する場合

ひとえに生活用途といっても範囲が広すぎるので逆に困ってしまうと思います。全般的な生活や個人的な生活といった感じで捉え方もマチマチです。

ここで言う生活用途というのは個人的な部分に該当します。つまり、「自分の生活に合わせた用途でiPadを便利に利用して使いこなす」という事に尽きます。

但し、これは今までも同様にやっていると思います。それでも使い道に困っている 又は 活用方法で悩んでいる訳なので、手法をガラリと変更する柔軟性が求められます。

今までと同じやり方をしていても結果は同じになるため、臨機応変に活用方法を変更できる柔軟な思考が必要になります。

 

生活には、どの年代にも共通している用途がある

iPadを生活用途に活用する場合では、活用できる用途が有るのか?が重要になります。結論から先に言えば、勉強や学習用途に活用するのが最適に感じます。

何故か?と言うと、勉強や学習用途は「どの年代」でも何かしらの勉強学習を行うからです。社会人だったとしてもスキルアップが必要になります。スキルアップしないと仕事に影響が及んでしまう場合があるからです。

又は、現在とは異なる分野の知識も得ておく必要もあるため、自ら率先して勉強や学習したりするのである。

この用途にiPadを教材ツールとして活用するのが便利でかつ最適に感じます。何せ書籍を購入して知識を得る場合でも電子書籍という方法で対応できるからです。

 

自宅の生活で便利に活用する場合

仮に勉強や学習用途に利用しないで他の生活用途に活用する場合だったとしても、ちょっと視点を変更するだけで、色々な用途で利用できるのではないか?とアイデアが浮かんできます。

キッチンは、料理の合間の時間を利用してレシピ閲覧でも使えますし、リビングルームではパソコン代わりにスマホよりも大画面でネット閲覧や動画視聴の用途に利用できます。

また、ネット通販で何か購入する場合でも利用できるので、使い道に困るという展開に陥るのは少ないのでは?と思います。

 

iPadを便利に活用するコツは生活に密着が基本

iPadを便利に活用するには具体的にどうするのか?についてですが、これは自分の生活に密着させるのが基本になるのではないか?と個人的に考えます。

自分の生活に密着する場合

① 通勤
仕事を持っていれば、テレワークでない限り、職場まで通勤する必要があります。この用途でiPadを利用するには、iPad mini でない限り、ちょっと厳しいのではないか?と考えます。

 

② 仕事
毎日の通勤ではあまり活用の機会がない場合が多いですが、仕事であれば活用できる場合があります。といっても現実的にはスケジュール管理ノート代わりの用途しか見つからないのが実情だったりします。

 

③ 帰宅後
仕事から帰宅した後の場合では、リラックスタイムになるため、この時間をどれだけ有意義に過ごせるのか?によって翌日以降の仕事にも関係してきます。この用途にiPadをフル活用するのが最適になります。

 

iPad活用を考慮した生活利用

iPadを生活用途に活用する場合では、無理にメイン用途で利用する必要はありません。もともとメイン用途では利用できないポジションに位置しているため、いかに便利に使えるのか?に重点を置いた方が良いと思います。

iPadがあれば便利に使えるけども、無くても生活に問題ないのが実情なので、後者の部分をどうにか?する必要が求められます。

やっぱりそうなると、パソコンを起動して「ネットで調べる」又は「PCソフトを利用する」までもない用途でかつ、スマホよりも大画面で利用したい用途で使うのがベストなのではないか?というのが個人的な結論になります。