iPad mini 活用方法!テキスト入力は便利に活用できない

iPad 活用 方法
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

iPadはPC周辺機器を利用する事ができるため、キーボードやマウスを接続して利用する事も容易に行なえます。

iPad mini でも当然の事ながらBluetooth接続のキーボードを利用できるのですが、必ずしも最適にという訳ではないのが実情になります。

画面サイズの関係もありますし、キーボード入力もイマイチだったりするのである。

今回の記事は『iPad mini で、キーボードを利用して、テキスト入力する活用方法は便利に活用できない』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

iPad mini テキスト入力する場合

iPad mini で入力を伴う作業を行う場合では3つの方法を利用する事が出来ます。どれが良いのか?は好みや感じ方で異なるため、一概には何とも言えません。

ソフトウェア・キーボード

テキスト入力が行えるアプリを起動すると、ソフトウェア・キーボードを利用する事が出来ます。但し、普通に画面上に表示すると、画面の6割近くがキーボードになってしまうため、便利とは言えないと思います。

このような場合では、必要に応じて、フローティング分割するといった方法も良さそうに感じますが、あまり良い選択ではないかな?というのが率直な感想になります。

 

iPadキーボードケースなど

iPad mini の場合では、Apple純正のキーボードケースを利用できないため、ネット通販等で購入できるキーボードケースを利用する事になります。

基本的に iPad mini のサイズに合わせてあるため、キーボードのサイズは小さいです。この状態で入力作業を行うと、不便に感じ場合があります。

それもその筈で、キーボード自体が小さいため、何かしらの制約も発生します。キーのサイズが小さかったり、配置が異なったりといった感じ。

これでは使い慣れるまで時間を要する事になるため、入力作業は非効率的になると考えます。

 

タッチパッド付キーボードが便利

iClever 折りたたみBluetoothタッチパッド付キーボードが該当しますが、タッチパッドが搭載されているため、マウス代わりに使えるのが魅力的です。

実際に使ってみると、タッチパッドは確かに便利なのですが、ノートPCに搭載されているタッチパッドと比較すると、小さいので、そんなに便利ではない事に気が付きます。

さらには何かしらの電波の関係だと思いますが、カーソルが挙動不審な動作をする場合があるので、そのようなタイミングに当たってしまうとイマイチに感じます。

 

スポンサーリンク

iPad mini テキスト入力はアプリ選びも必要

iPad mini で入力を伴う作業を行う場合ではキーボード選びも重要になりますが、それ以前にテキスト入力を行う為のアプリも選択する必要があります。

テキスト入力で使うアプリ

iPad mini でテキスト入力する場合では、どんなアプリを使うのでしょうか?テキスト入力といっても短文から長文まで色々あるので、用途に適合しているアプリを選ぶ必要があります。

iPad mini に限らず、iPadにはデフォルトで初期インストールされている便利なアプリがあります。文書作成する場合はPagesメモといったアプリが該当します。

テキスト入力といってもどの程度の文章を入力するのか?も関係あるため、先ずは自分はどのぐらいの文章入力を行うのか?で判断する事になります。

もし、長文であればPagesで問題ありません。いや長文ではなく簡単なメモ程度というのであれば、標準のメモアプリ 又は App StoreでメモアプリをインストールすればOKです。

どちらも魅力的でない場合や利用した事がないので他の知っているアプリでも全然問題ありません。

 

iPad 文書作成アプリ Pages

Pagesと言っても馴染みのない場合もあります。馴染みがない場合や実際に使った事がない場合では、あまり利用したくないといった感じでスルーする場合も多いと思います。

簡単に言えば、Word相当の文書作成アプリなので、Microsoft Officeをインストールしなくても文書作成が行えます。

便利に感じる部分は、iPad内にファイルを保存できる部分。デメリットに感じる部分は特に無いのですが、フォントサイズを変更する場合は不便に感じます。

画像を貼付する場合は自由自在に配置できるので便利ですけど、だからと言って、デジタルノートのOneNote代用として利用はできないので、一長一短と言った方が良いかも知れません。

 

iPad 活用方法!文書作成アプリPagesメリット・デメリット
皆さん こんにちは! iPadにはPagesという文書作成アプリが初期インストールされているため、Microsoft OfficeなどのOfficeアプリを別途インストールしなくても良いです。 だからと言って、自分にとっ...

 

iPad mini 入力作業は便利に活用できない

iPad mini テキスト入力を行うのは正直のところ、あまりオススメ致しません。何故か?と言うと、キーボード入力したからと言って便利に感じないからです。

iPad mini テキスト入力は不便

どうしてテキスト入力が不便に感じるのか?と言うと、iPad mini 用のキーボードケースを利用した場合では、いつも自宅で使っているキーボードサイズが小さめになっているのと、キー配列も多少異なるのが要因の1つになります。

どちらの場合でも、使い慣れる迄はキー見ながら入力する事になるため、入力作業は非効率的になりますし、使い勝手も悪くなると思います。

さらにトドメを言うと、タッチパッド付キーボードの場合では、全てにおいてPC入力の方が便利に感じます。

 

iPad 日本語変換もイマイチ

iPad mini に限らず、iPadで日本語テキスト入力を行う場合では、日本語変換が特にイマイチに感じます。ハッキリ言って、普通にPC入力した方が快適に入力作業を行う事が出来ます。

おそらく、使っているキーボードに慣れていない部分も有るとは思いますが、この部分を考慮したとしても便利に使える変換ではないと思います。

そこまでして、iPadでテキスト入力に拘らなくても良いのではないか?というのは個人的な見解になります。

とはいえ、Cafe等でiPadで軽快に入力作業を行っている人も実際に見た事があるため、これは実際に自分で試してみて判断して頂くしか方法がないと思います。

 

iPad mini テキスト入力の評価

筆者の場合は、キーボードケースと折りたたみタッチパッド付キーボードの2種類を実際に何度も利用していますが、そんなに便利に感じませんでした。

便利ではないけれども使っているといった感じなので、これは活用とは言えないのではないか?と感じます。

少なくとも、iPadでテキスト入力する場合では特にイマイチに感じる日本語変換をどのように感じるのか?が鍵になるのではないか?と考えます。

 

iPad mini スタイラスペン(タッチペン)が最適

iPad mini でキーボード入力も魅力的かも知れませんが、実際にキーボードケースやタッチパッド付き折りたたみキーボードを利用するよりもiPadタッチペンの方が便利に感じます。

キーボードよりもタッチペンが便利

iPad mini は文庫本サイズでもあるので、キーボードを利用して入力を伴う作業に活用するのではなくて、Apple PencilなどのiPad対応タッチペンを利用した活用を考慮した方が良いと考えます。

その理由の1つとして、実際に入力を伴う作業はどのぐらい有るのでしょうか?そんなに無いのでは?と思います。

それなのにキーボードケースやキーボードを購入するのは勿体ないです。iPad mini 活用なのに、キーボード活用を考慮する羽目になります。

それに対して、iPadタッチペンの場合は色々な場面で活用できますし、一体運用できる便利に使えます。

 

iPad mini 活用方法

iPad mini 活用を考慮した場合では、キーボードケースやキーボードは全くではないですけど、考慮しなくても良いと考えます。

これらの周辺機器を購入よりも iPad対応タッチペンを購入した方が良いです。但し、Apple Pencil(第1世代)だけはオススメしません。

充電方法が全くもって不便だからです。これを買うのであれば、ネット通販等で購入できるUSB充電に対応したiPad対応タッチペンの方が安価で便利です。

但し、注意事項があり、感度は必ずしも自分にとって最適に感じるという訳ではないので、その辺は頭の隅にでも入れておいた方が無難です。