Apple Pencil互換iPadタッチペン購入して使用の注意事項

スポンサーリンク
iPad 活用 方法

 

皆さん こんにちは!

iPadで利用するApple Pencilになりますが、純正品の場合はそれなりに価格が高いと思います。それに対して、iPad対応タッチペンと呼ばれるスタイラスペンの場合では、純正品と比べると半分以下の価格もあります。

この価格を見てしまうと、別に純正品じゃなくても便利に使えれば良いのではないかな?と不思議に思ってしまうのも実情なのではないでしょうか?

価格が安価という事は、何かしらの機能が搭載されていない 又は 劣っているという裏返しでもあるため、この辺の事情も考慮した上で購入する必要があります。

タッチペンを利用する場合ではApple Pencilを購入する必要がありますが、安価で購入できるiPad対応タッチペンも候補の1つに入って来ると思います。

今回の記事は「Apple Pencil互換のiPad対応タッチペンを購入して使用する場合の注意事項」についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

iPadで手書き入力できるタッチペン

iPadで手書き入力に必要になるのはApple PencilなどのiPad対応タッチペン(スタイラスペン)になります。それぞれ機能も含めて違いがあるのが特徴の1つです。

Apple Pencil(第1世代、第2世代)

iPadでタッチペンを利用する場合はApple Pencilを購入すれば間違いありません。機能や実際に使用していて多少は不便に感じる場合もありますけど、他のiPadタッチペンに比べて満足できる場合が多いです。

その反面、Apple純正品であるため、価格もそれなりに高いので経済的とは言い難いですし、少しでも安く購入したいといった場合に悩む展開に陥ります。

さらには意外と盲点なのが、ペン先になります。この部分に関して言えば消耗品であるため、必要に応じて交換しないといけません。

交換サイクルは毎日のように頻繁に使っている場合では3~6ヶ月程度で交換した方が良いのではないか?と考えます。

そんなに使っていないよ!という場合では交換サイクルは長くなると思います。

 

Apple Pencil 2 レビュー!メリット&デメリット(iPad Air 4)
皆さん こんにちは! iPad Air 4 と一緒に購入した Apple Pencil 2 もよく使っているアクセサリーの1つになっていますが、ロジクール Crayon for iPad と比べると充電方法もタイプが異なります...

 

iPad対応タッチペン(スタイラスペン)

ロジクールCrayon for iPad や ESR iPad タッチペンなどのスタイラスペンもiPadで利用できます。

これらのiPadタッチペンに共通している事は、USB充電ケーブルにて充電を行う事ができるため、充電に関しては便利に利用できる部分に尽きます。

但し、充電しながら利用できるのか?と言うと、ロジクールCrayonは充電しながら使えないですが、ESR iPad タッチペンの場合は充電しながら使えるので機能も異なります。

さらにタッチペンを利用した場合の感度もそれぞれ異なるため、単純に安価だから選ぶとか?充電が便利だから購入という選択は好ましくありません。

やっぱり総合的に判断してどうなのか?で購入するのが賢明の選択になります。

 

Apple Pencil代替ESR iPadタッチペン・レビュー!パームリジェクション機能対応
皆さん こんにちは! iPadシリーズでデジタルペンシルを利用する場合ではApple純正のApple Pencil(第1・第2世代)又はロジクールCrayon for iPad を使う場合が多いです。 でも、色々な事情で...

 

スポンサーリンク

iPad対応タッチペンも選択肢の1つに検討

Apple Pencilを購入する場合では、ネット通販等で安価な価格で購入できるiPad対応タッチペンも視野に入って来る場合があります。

安価で購入できるiPad対応タッチペン

iPadタッチペンの場合は、ロジクールCrayon for iPad を除いて、Apple Pencilに比べて半分以下の価格で購入できる場合が多いです。

純粋に価格が全てといった感じに見えてしまうので、そっくりな見た目でかつ、誤操作防止のパームリジェクション機能 及び マグネット接続に対応していると、これなら問題ないのではないか?と不思議に感じてしまいます。

何故か?と言うと、まさにApple Pencilと同様のように感じてしまうからです。このように感じてしまったら、必然的に欲しくなってしまうので、安価で買えるのも相まって購入するパターンになってもおかしくないです。

 

iPadタッチペンのペン先は注意

たいていの場合はApple Pencilに機能面で似ている場合が多いので、基本的には購入しても問題ありません。ここで注意した方が良いのはペン先になります。

iPad対応タッチペンはそれぞれペン先が異なります。極細や細いといった感じでマチマチです。ペン先が細いとディスプレイ上で操作する場合に感度がイマイチだったりする事があります。

そのため、購入するのであれば、ペン先のサイズも考慮した方が良いのでは?と感じます。これは実際に使ってみないと何とも言えないので一概には何とも言えません。

感度は悪くてもApple Pencil用のペン先カバーを装着すれば快適に利用できる場合もあります。

 

スポンサーリンク

iPadタッチペン購入 及び 使用の注意

iPadで利用する目的でApple Pencil代替のiPad対応タッチペンを購入して使う場合は、全てのiPadシリーズで共通して使えるとは限らないので注意も必要になります。

全てのiPadに対応しているのか?

iPad対応タッチペンを購入する場合では、一番考慮しないといけないのが、現在所持しているiPadで本当に使えるのか?という部分に尽きます。

ネット通販の商品購入ページでは、そのように記載があるため、これならば安心と思ってしまうのである。

でも、実際には購入者は実物を確認していない状態で購入する事になるため、本当の部分は分かりません。この事をよく理解した上で購入しないといけません。

Apple Pencil互換だったとしても全てのiPadシリーズで利用できるとは限りません。

 

ガラスフィルム貼付も関係あり

iPadにガラスフィルムなどを貼付している場合もあります。この場合では特に注意した方が良いです。フィルムの有無によっても感度の良さが関係してきます。

ディスプレイにフィルムを装着していない場合では問題なく利用できる場合と、フィルムを装着していると全く無反応という場合があります。

仮に、無反応だった場合では、フィルムを剥がしてしまえば良さそうに感じますが、これは時期尚早になります。

何故か?と言うと、フィルムを剥がしても無反応という場合も有るからです。iPad対応タッチペンは全てのiPadシリーズに対応しているとは限らないので、このような展開も実際にあります。

 

実際に Apple Pencil 2 代替商品の購入

実際に購入した事がありますが、Apple Pencil 2 に見た目がそっくりなiPad専用タッチペンをiPad Air で使ってみたのですが、全く反応しませんでした。

購入店舗に問い合わせたところ、ガラスフィルムを装着しているから反応しないのかも知れませんという事でした。

確かにガラスフィルムを装着しているので、当たっているかも?と思いました。これでは勿体ないので返品はしないでiPad mini で使っています。

 

iPadタッチペンのメリット&デメリット

Apple Pencil互換で利用できるiPad対応タッチペンを購入して所持しているiPadで使用する場合のメリット 及び デメリットについての内容になります。

iPadタッチペンのメリット

Apple Pencilよりも安価(半分以下の価格)で購入できる部分ぐらいしかメリットは無いのでは?と感じます。

むしろ、iPad AiriPad Pro を所持している場合ではデメリットの方が多いような気がします。

そのように感じる理由としては、ガラスフィルムを装着している場合が多いので、iPad対応タッチペンを購入しても実際には使えなかったりする場合が多いからです。

たぶん、メリットが有るとすれば、フィルムを装着していない場合に限られるのではないか?というのが個人的な見解になります。

 

iPadタッチペンのデメリット

iPad対応タッチペンを購入したからといって、iPadで利用できる保証がないのがデメリットに該当します。

実際の話、筆者の場合はiPad mini 5 と iPad Air 4 を所持していますが、iPad mini では利用できても iPad Air では使えないという結果になっています。

しかも2種類購入して2種類とも同じ結果に終わっているのでリスクの方が大きいです。おそらく2種類ともガラスフィルムを剥がせば使えると思います。

筆者の場合は剥がしたくないと感じているため、iPad Air はApple Pencil 2を使用し、iPad mini は、iPad対応タッチペンを使うという使い分けで対応する事に決めました。