iPad 勉強活用!ゲーム感覚で学ぶ学習アプリで子供も楽しく勉強

iPad 活用 生活
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

iPadの活用を考慮する場合では、子供の学習に役立てる選択も十分に有りだと考えます。何故か?と言うと、子供は何でも関心や興味を持つため、iPadなどのガジェットをいつの間にか使いこなしてしまうからです。

それならば学習に役立つアプリを利用して子供の勉強に役立てるのも1つの選択になります。但し、小さい子供の場合は親の目の届く範囲で行うルールも作っておく必要があります。

使いこなしてしまうが故のデメリットもあるため、使用にあたってのルールも重要な要素になります。

今回の記事は『iPadをゲーム感覚で学ぶ学習アプリで子供も楽しく勉強に活用』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

iPadは子供の勉強学習の用途に活用できる

iPadは子供に限らず学生や社会人、生涯学習の用途にも活用できる学習教材ガジェットでもありますが、このように使うには学習アプリが必要になります。

勉強や学習に役立つアプリが豊富

子供勉強や自分の勉強に役立つ学習ツールは色々ありますが、その中でもiPadは便利に使えます。先ず豊富なプリが魅力的です。

学習用途で利用する場合では、向き不向きもあるため、自分にとって最適に感じるアプリというのは個人差があります。

この場合に豊富なアプリが有ると、色々と試す事ができるので便利です。

 

Split Viewで2画面分割の学習法もある

学習法としてはどうなのかな?と思うのですが、iPadのマルチタスク機能の1つであるSplit Viewを活用する勉強法もあります。

但し、この場合は一長一短に感じる部分があるため、学習用途に便利に感じる場合もあれば、逆に不便に感じる事もあるのが実情になります。

何故か?と言うと、ディスプレイサイズに大きく影響するからです。2画面に分割した状態で、どのように感じるのか? 狭いな~と感じる場合では不向きだと思います。

 

Appele Pencilも利用できる

iPadを子供の学習に使う場合では、お絵かきツールとしても役立ちます。何せ、Appele Pencilで画面に触れるだけでペイントツールが起動するため、直ぐにお絵かきできます。

お絵かきできるという事は書いて覚える学習にも使える事を意味するため、単語などを覚える学習にも使えるので一石二鳥です。

 

スポンサーリンク

iPadで学べる学習アプリの活用

iPadには勉強や学習に役立つ便利なマルチタスク機能が搭載されているため、これを活用しないのは勿体ないと思います。

英会話などの外国語学習アプリ

英会話や外国語学習のアプリは豊富にあるため、自分にとって最適に感じるアプリを見つける事も容易になります。

それに、NHKらじる☆らじる等のラジオアプリも聴いて覚える学習に役立ちますから、学習用途にiPadは便利に使えます。

 

資格試験の対策アプリ

英会話などの外国語学習も魅力的に感じますが、資格試験も同様に魅力に感じます。この場合に役立つのが資格試験の対策アプリになります。

資格試験の対策アプリの場合は流石に全てのジャンルとは言えませんが、それなりに多くあるため、何かしら1つはインストールできるアプリも見つかるのではないか?と思います。

でも、見つかったからといって、便利に使えるとは限らないので、この場合は一長一短に感じます。

 

学習管理アプリ

iPadを勉強に活用する場合では学習管理も重要になります。勉強の習慣を身に付けるのに役立つ学習管理アプリもあるため、このようなアプリをインストールして役立てるのも1つの方法になります。

Studyplus(スタディプラス)などのアプリは、毎日の学習管理に役立つ場合もあるため、実際に使ってみて試してみるのも良いかも知れません。

 

ゲーム感覚で学べるiPad学習アプリを活用

勉強が好きな子も居れば、勉強が大嫌いな子供もいますけど、勉強が嫌いな子供だったとしても、iPadでゲーム感覚で学べるアプリは好きだったりします。

子供は勉強が嫌いでもiPadならば勉強する

子供は自分が楽しい&面白いと感じる物 又は 関心や興味のある事に対しては、自分から率先して突き進む感があります。この状態は何もストレスを感じていない状態になります。

でも、勉強を行う場合では、直ぐに飽きてしまったり勉強をやりたくない状態になってしまいます。心ここにあらずといった感じ。

これはある意味、勉強していても楽しいや興味がないため、ストレスを感じている状態かも知れません。

ところがどっこい、iPadの学習アプリを使った場合では、何故だか分かりませんが勉強するようになります。おそらくアプリがゲーム感覚で楽しめるからだと思います。

 

勉強嫌いでも役立つ学習アプリ

勉強嫌いでもiPadの学習アプリなら楽しく勉強するのであれば、学習教材の1つとして活用するのも有効な対策になるのでは?と思います。

メインで利用するのは流石にどうかな?と考えますが、学習教材の1つという用途であれば、勉強にも役立てる事も可能です。

但し、App Storeからインストールする学習アプリは豊富に有るが故に、選び方も重要になります。面倒に感じてしまうと、子供に任せる事に繋がるため、これは良くないと思います。

 

学習アプリは親が選んでインストール

App Storeからアプリをインストールする場合では、無料&有料アプリがあります。学習アプリをiPadにインストールする場合は必ずが行う必要があります。

子供は無料や有料は特に気にしないですから、アプリのインストールまで子供に任せてしまうと、ブーメランの如く自分に跳ね返って来るので要注意です。

やっぱり、無料と有料についてもちゃんと理解させる事も必要になります。

 

子供の学習にiPadを利用する場合の注意事項

iPadを子供の勉強や学習用途に活用する場合では、子供の特徴を理解しつつ、色々と注意も必要になるのが実情になります。

夢中になりやすい

iPadを子供の勉強に活用する場合では、楽しく学習に役立てる事ができますが、子供の場合は自分が楽しくなればなるほど、どんどんのめり込んでいきやすい特徴があります。

自分でコントロールできないので、どんどん嵌ってしまうのである。夢中になればなるほど、目を酷使する事に繋がるため、視力の低下にも繋がります。

子供の視力にも配慮した使い方が望ましいです。その為に必要な事は子供との意思疎通は欠かせないと思います。

 

目の届かない場所では使わない

子供にスマホやタブレット端末を与えてしまうと、いつの間にか親よりも使いこなしている場合が多いです。この場合の弊害としては、親が知らない所で有害なコンテンツに触れている場合があります。

iPadをゲーム感覚で学習している場合では、いつの間にか、ゲームもプレイするようになるため、勉強よりもゲームに費やす時間も増えてしまうのが実情です。

そのため、少なくとも親の目の届く範囲でiPadを使うというルールも必要になります。可能ならば、インストールしてあるアプリは何なのかな?も確認しておいた方が良いです。

 

iPadは子供に与えない

iPadを子供の勉強に活用する場合では、子供の所有物にしない方が良いです。実際には子供が勉強する目的で使っている場合では所有物は親にしておくのが賢明です。

子供がiPadで勉強する場合に貸してあげるといったパターンであれば親も定期的にどんなアプリをインストールしているのか?堂々と確認できます。

何せiPadの場合は、スマホのように必需品ではないため、有れば便利に使えるガジェットでかつ、別に無くても困らないガジェットなので与えなくても問題ありません。