iPad 活用方法!ノート代わりに便利に使うメリット&デメリット

iPad 活用 方法
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

iPadの活用を考慮する場合では、実際にどの用途で使えば、生活や仕事に役立つのか?を考える必要があります。何故か?と言うと、闇雲にiPadを使えば活用とは限らないからです。

やっぱり活用するのであれば使いこなしてこそ、便利に使えると思います。生活や仕事でよく使う用途で考えると、紙グッズが該当します。

メモ用紙やノート、付箋紙、カレンダーといったグッズは仕事でも生活でも利用します。当然の事ながらiPadで代用する活用方法もあります。

この活用方法は果たして本当に便利に活用できるのでしょうか?

今回の記事は『iPadをノート代わりに便利に活用するメリット&デメリット』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

iPadをメモ用紙や付箋紙ノートの代用する活用方法

紙のノートやメモ用紙・付箋紙といったグッズはiPadのアプリを利用すると代用できる場合があるため、ゴミの軽減に繋がると思います。

紙グッズは役目が終わるとゴミになる

材質がで作られているグッズは仕事に限らず日常生活にも便利に利用しています。紙の場合では使ったら最後、個人レベルでは再利用できないため、役目を果たしたらゴミになってしまいます。

ゴミになると環境にも優しくないため、どうすればゴミを減量化できるのか?も考える必要があります。この場合では、ペーパーレス化という方法で対応も可能です。

でも、実際には検討してみるけれども、具体化できない場合が多いです。個人レベルでは厳しい感もあります。

 

紙のゴミ化を軽減するiPad活用

紙グッズの場合は役割が終わるとゴミになるので、これをどうにか?するには何か?で代用するしかありません。そこで登場するのがiPadになります。

iPadには紙グッズを代用できるアプリがあり、さらにはAppele Pencilで手書き用途にも対応しています。可能ならばこの特性を活かして生活に役立てる事ができればペーパーレス化にも繋がります。

 

メモ帳やノートをiPadで活用する方法もある

紙のノートやシステム手帳といった紙グッズをiPadで代用して活用する方法もありますが、iPadで使ったからと言って便利に感じるという訳ではないと思います。

便利に感じるのか?不便に感じるのか?は個人差も関係ありますし、全ては用途次第だと考えます。仮に用途が有って自分にとって最適であれば立派な活用方法になります。

それに対して、用途は有るけれども実際に使ってみると便利に感じない場合もあります。この場合では、この活用方法は使えない!と思うのではないでしょうか?

あくまでも活用方法の1つとして検討するのが良さそうに感じます。

 

スポンサーリンク

iPadをメモ用紙や付箋紙ノートの代用するメリット

iPadには生活や仕事に役立つアプリが豊富にあるため、これらのアプリを利用する事によって便利に活用する事が出来るようになります。

ノートアプリで代用

無料アプリを利用する場合では、Microsoft OneNoteが最適に利用できます。有料アプリ並みの機能を有していますし、自由自在にテキストや画像を配置できるので、紙のノート代わりに活用できます。

また、OneNoteで満足できない場合は有料アプリも含めて、自分にとって最適に感じるノートアプリで対応も可能です。

iPadをペーパーレス化に役立てるのであれば、デジタルノートも使えるようにしておくのが賢明の選択になります。

 

メモや付箋紙アプリで代用

仕事や生活に密接に関わる紙グッズと言えば、メモ用紙付箋紙も利用する機会が多いのではないか?と考えます。

この場合でもApp Storeで検索すれば色々なメモや付箋紙アプリが表示されるため、便利に感じるアプリも見つかると思います。

 

カレンダーアプリ

仕事や生活用途ではスケジュール管理も重要になります。仕事の場合ではシステム手帳を利用する場合が多いですが、生活用途では紙のカレンダーに記入して利用するパターンが多いのでは?と思います。

どちらの場合も紙のスケジュール管理が基本となるとため、iPadを利用する事でペーパーレス化に繋がる可能性があります。

但し、カレンダーアプリに限って言えば、iPadよりもスマホの方が便利に感じるため、iPadで利用する意味が有るのかな?と思ってしまうと思います。

このように思うのは時期尚早です。というのも、iPadならばAppele Pencilで手書き入力できるため、システム手帳のような感覚で活用できるのである。

 

メモ用紙や付箋紙ノートiPad活用のデメリット

ここでは、iPadをノート代わり 及び メモ用紙&付箋紙の用途で活用した場合のデメリットについての紹介になります。

デジタルノートアプリを使った場合

筆者の場合は、iPadで利用しているデジタルノートアプリはMicrosoft OneNoteになります。このアプリを例に紹介すると、確かに便利なんですけど、全体的な部分を考慮するとデメリットに繋がるといった方が正解になります。

それは何なのか?と言うと、OneNoteはMicrosoft のクラウドストレージであるOneDriveでファイル管理になります。

OneDriveは無料で5GBまで利用できるのですが、容量を使い切ってしまうと有料プランを契約する必要が発生するのである。筆者の場合はデメリットに感じます。

 

iPad 活用方法!デジタルノート OneNote 使用レビュー
皆さん こんにちは! iPadでノートアプリを利用する場合では、無料 又は 有料アプリをApp Storeからインストールして利用する事になります。 無料だと機能面で満足できない場合が多く、有料だと機能面が満足できる場合...

 

メモ用紙や付箋紙のアプリを使った場合

メモ用紙や付箋紙アプリの場合は色々あるため、どれが自分にとって最適に感じるのか?実際に試す必要があります。

これがちょっと面倒に感じるため、インストールするけれどもそんなに利用していないのではないか?というのが個人的な見解になります。

それに、iPadのウィジェットに貼付できるメモは確かに便利に感じますが、横画面表示の状態でメモを新たに作成する場合では縦画面表示になってしまうので、ハッキリ言って不便です。

 

スケジュール管理アプリを使った場合

スケジュール管理アプリを利用すれば確かに便利に感じますけど、そのように思うのはスマホの場合になります。

iPadで入力してスマホで確認という活用方法が定着している場合ではとても有効的な手段になりますが、このような使い方を行っていない場合では不向きに感じます。

この不向きに感じる部分をどのように克服するのか?がポイントになります。おそらくこの用途に向いているのは 通勤に持参しても苦にならない iPad mini だと思います。

 

iPad紙ノート活用は便利に使えるとは限らない

iPadを紙のノート代わりに活用する方法を実際に実践してみると、難しい現実が待ち構えています。頭の中のイメージでは簡単そうに見えますが、実際には厳しい場合が多いのが実情になります。

便利に使えるとは限らない

iPadを紙ノート代わりに代用すると、確実にペーパーレス化に繋がるため、余計なゴミが発生しなくて環境にも優しいという一石二鳥だったりします。

でも、何だかんだ言っても残念ながらメモ用紙やノートは必要に感じるため、完全に代用するのは厳しいのではないか?というのが個人的な見解になります。

この状況でiPadも利用すると、逆に不便に感じます。その理由としては、いつも常にiPadを持ち歩いていないと思います。

近くにiPadが無いと、取りに行く必要があるので、効率的ではありません。効率的ではないという事は裏を返せば、便利ではないと解釈する事も出来ます。

 

仕事活用の場合でも一長一短

仕事の用途であれば、ノート代わりに活用しても問題ありませんが、職種によっても変わってきます。iPadを仕事ツールとして利用している場合では有効的な手段です。

でも、iPadを利用できる職種ではない場合は自分の仕事に活用できないため、紙のノートメモ帳といったグッズが必要になります。

 

iPadでペーパーレス化は簡単そうで難しい

iPad活用方法としてペーパーレス化は大変魅力的に感じるので直ぐに実践したくなりますが、実際にチャレンジしてみると、これが意外と難しい現実に直面します。

こればっかりは思い立ったら直ぐに行動という方法は良くないです。どの用途でならペーパーレス化できるのか?を洗い出す事から始めるのが最適です。