iPad 活用方法!ノート代わりに使うペーパーレス化はProが便利

スポンサーリンク
iPad 活用 方法

 

皆さん こんにちは!

iPadを紙のノート代わりに活用する方法もありますが、この場合ではメリットも有ればデメリットもあります。

活用というのは、ただ単に活用できれば全て良し!ではないと思います。少なくとも活用して便利に使えるという要素が無いと活用の意味がありません。

それならば、ノート代わりに使うと、どのように便利なのか?は追求する必要があります。

今回の記事は『iPadをノート代わりに活用するペーパーレス化はiPad Proが便利に使える』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

iPadを紙のノート代わりに活用する方法

iPadの使い道に困ってしまった場合も含めて、有効的な活用方法を考慮した場合では、紙グッズの代用としての用途も考慮した方が良いです。

iPadで代用できる紙グッズの用途

① ノート
紙のノートの場合では、最後まで記入すると、新たに用意する必要があります。在庫として有れば良いですけど、ストックがない場合もあります。

この場合ではコンビニ等に買い物に行く必要もあるため、余計な買い物を行ってしまうリスクも発生します。

 

② カレンダー
カレンダーには個人の予定やゴミのスケジュールなどを記入しておくと思います。家族が一番目に付きやすい場所にカレンダーがあると便利に感じます。

予定の枠内に全てを記入できない場合もあるので結果として、欄外に書き込む事になり、見落としも発生します。

 

③ 紙のメモ用紙や付箋紙
日常生活では、ノートやカレンダーの他にもメモ用紙や付箋紙といったグッズを利用する機会があります。これらのグッズも必要に応じて購入する場合も有るのが実情になります。

1つ1つは微々たる金額でも、塵も積もれば山となるため、購入代金やゴミになる事も考慮すると、最適とは言えません。

 

iPadで代用すると便利に活用できる

iPadを利用する事で、何かの代用に繋がるのは、カレンダーやノートの他に、メモ用紙付箋紙といった用途も該当します。

App Storeで自分にとって最適に感じるアプリをインストールする事で、日常生活に役立つ可能性が高くなります。

その反面、iPadに切り替えたからといって本当に便利になるのか? 又は 費用対効果がどれほどあるのか?も関係あるため、実際には多目的用途で使うのが最適に感じます。

 

スポンサーリンク

iPadをノート代わり活用でペーパレス化

日常生活においては紙を利用する機会が意外と多いです。学校や勉強する場合では紙のノートが必要になりますし、スケジュール管理ではカレンダー、メモはメモ用紙といった感じです。

iPadペーパーレスレス化のメリット

iPadをノート代わりに利用する場合では、紙のノートを何冊も購入しなくて済むのが便利です。ちょっとしたメモの用途だったとしてもメモアプリで対応できます。

紙のノート代わりに利用する場合では、デジタルノートアプリで対応する事が出来ます。Microsoft OneNoteであれば無料で利用できるため、自分にとって最適に感じるオリジナルノートを作成する事も可能になります。

但し、紙のノートよりもiPad本体の方が重たいので、これは単純にデメリットになると思います。

 

ペーパーレスレス化のデメリット

iPadでペーパーレスレス化では、職種によってはペーパーレス化できないのがデメリットになります。これを実行できる職種は限定されるという部分に尽きます。

特に学生さんの場合では iPadを授業で利用していても、あくまでも教材として使う事になるため、ノートの用途に利用する場合では、別途に個人的に購入する 又は 買ってもらうしか方法が無いと思います。

 

気疲れや負担も多い

iPadの活用方法の1つとして、ペーパーレス化を行う場合では、メリットに感じる内容もありますが、逆にデメリットになる事もあります。

その1つの例としては、紙の場合は圧倒的に軽量ですが、iPadは紙のノートと比較すると圧倒的に重たいです。片手で持てるサイズ感ではないですし、壊れやすいため、慎重に取り扱う必要があります。

余計に神経を使う事になるため、気疲れ負担も相応に増えてしまいます。

 

スポンサーリンク

紙のノート代わりに活用は、iPad Pro 12.9が最適

iPadを紙のノートやカレンダー用途に活用する場合では、ディスプレイサイズの大きい iPad Pro 12.9インチが最適に感じます。

画面サイズも重要

紙のノートと言ってもサイズが色々とありますが、実際に書いていて便利に感じるノートサイズはA4だと思います。

B5サイズも記入するには特に問題ないのですが、便利に使えるというサイズではないため、一長一短があります。

さらにはAppele Pencilでの作業になるため、作業領域は広ければ広いほど便利に使えます。この事を踏まえると、必然的にディスプレイサイズの大きいiPad Proが適任に感じます。

 

iPad Air 4 及び Smart Folio レビュー!使い勝手&メリット・デメリット
皆さん こんにちは! iPad Air 4 及び Smart Folio を購入して1ヶ月が経過しましたが、流石にiPad mini とは違って画面も大きくて使いやすいと感じます。 iPad mini 5も所持しているの...

カレンダー記入

Appele Pencilでカレンダーに記入する場合でも、ディスプレイサイズが大きい方が便利です。必要に応じて拡大・縮小を行えます。

特にカレンダーに記入する場合では、記入できる枠が決められているので、その範囲内に書き込まないといけません。

拡大して記入した方が便利ですし、記入を終えたら縮小して元のサイズに表示すれば綺麗に書き込めます。

 

ノート代わりに活用はiPad Proが最適

紙のノート代わりに使う場合では、全画面で利用する場合と、2画面での利用が想定されます。どちらの場合でも便利に利用するには、何といっても画面サイズが大きく影響します。

仮にSplit View で2画面に分割して表示する場合では11インチサイズのiPadだったとしても分割すると小さな画面になってしまうので便利に使えるという訳ではありません。

紙のノート代わりに使う場合では、2画面表示にした場合でもAppele Pencilでの記入が便利なサイズが必要になります。

これを行える機種は、iPad Pro 12.9インチのみです。

 

iPad Proをノート代わりに使うのは勿体ない

iPad を紙のノート代わりに活用する場合では、iPad Pro 12.9インチが最適に感じますが、これを実際にこの用途で利用する場合は逆に勿体ないと思います。

活用方法として勿体ない理由

iPad Pro の場合では、iPadシリーズの最高峰に君臨する高性能でかつ、スペシャルな機種になります。この機種をノート代わりの用途で使うのは果たして本当にベストな選択なのでしょうか?

あくまでも色々ある日課の1つとして「紙のノート代わり」に使うのであれば申し分ないのですが、メイン用途として使うのは良くないと感じます。

この用途がメインだったら、別にiPad Pro 12.9インチなんて必要ないです。それこそ安価で購入できる無印iPadで良いと思います。

もっとスペシャルな機能をフル活用できる用途に使った方が良いです。

 

11インチiPadで対応は全画面で使用を

結局のところ、紙のノート代わりに活用する場合では、iPad Pro 12.9インチが全てにおいて最適なのですが、実際の用途も考慮すると、11インチサイズが無難な選択になるのでは?というのが見解になります。

但し、この場合は、2画面にSplit Viewで2画面に分割しない方法がベストな選択となります。左右どちらか?に参考書、その隣にノート利用というiPad勉強法を実践するのは賢明の選択とは言い難いです。

普通に全画面で使う事をオススメ致します。