iPad 使い方!簡単な操作で画面のスクリーンショットを撮る方法

iPad 活用 方法
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

iPadで画面のスクリーンショットを撮る場合では、大きく分けて3つの方法があります。厳密に言えば4つかも知れません。

というのも、ホームボタンの有無によっては操作方法が異なるため、これも含めると4つになります。

AssistiveTouchのカスタムアクションで撮影する事も可能ですし、Apple Pencilでも画面のスクリーンショットが行えるので複数の方法が有ると便利に使えます。

そこで今回の記事は『簡単な操作でiPadの画面のスクリーンショットを撮る方法』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

簡単な操作でiPadでスクリーンショットを撮る方法

iPad で画面のスクリーンショットを撮影する場合では3つの方法がありますが、iPad本体のハードボタンを操作して行う方法は簡単ですが、両手を使う必要があるので最適とは言えません。

ホームボタンの有無でも操作方法が異なる

iPadにはホームボタンが有る機種と無い機種があります。このホームボタンの有無によっても画面のハードコピーを撮る方法が異なります。

ホームボタンが有る場合は、ホームボタントップボタンを同時に押すとスクリーンショットが行えます。

それに対して、ホームボタンが無い機種は、トップボタン音量を上げるボタンを同時に押す必要があります。

機種によって異なる操作方法で行うのは頭の中で。こんがらがると思います。

 

もっと簡単な方法もある

ホームボタンの有無で方法が異なるのは確かに簡単かも知れませんが、頭の中がこんがらがるので、あまり良い選択肢ではありません。

やっぱりタッチ操作で簡単に画面のハードコピーが出来る方が便利ですし、効率的です。

この場合では、AssistiveTouchのカスタムアクションを設定する事で、スクリーンショットに対応できるようになります。

 

スポンサーリンク

iPadで簡単にスクリーンショットを撮る方法は2種類

非常に悩ましい事にiPadで簡単に画面のハードコピーを撮影する方法は2種類あります。甲乙つけがたいと言っても過言ではありません。

AssistiveTouch

1つ目は、AssistiveTouchのカスタムアクションを設定するパターンになります。

ここでは、「シングルタップ」、「ダブルタップ」、「長押し」の3つのパターンを設定できます。このどれかの操作にスクリーンショットを設定すれば良いのである。

と言っても、どれが最適に感じるのか?分からないため、実際に試してみるのが手っ取り早いと思います。実際にやってみると使い勝手も分かるため、どのパターンが最適に感じるのか?分かります。

 

Apple Pencil

2つ目の簡単な操作方法は、Apple Pencilを利用するパターンになります。

iPadではApple Pencilも利用する場合が多いので、これだけでスクリーンショットを撮影する事が出来ると利便性が高まります。

実際にはどのように行えば良いのか?と言うと、画面右下の角 又は 画面左下の角 から画面中央に向かってApple Pencilで素早くドラッグするだけです。

 

利き手も関係ある

利き手によっては上手く出来ない場合もあります。というのも、筆者の場合は右利きなのですが、右下の角から画面中央にやっても全く反応しなかったからです。

それに対して、左下の角から画面中央に操作した場合は、素直にスクリーンショットを撮る事ができたのである。

右利きの場合は「左下の角」からやった方が上手く撮影できると感じます。

 

iPad対応タッチペンの場合でも対応している

iPadシリーズを購入する場合では、Apple Pencilも購入すると思いますが、この場合では色々な事情で純正品ではなく市販のタッチペンを購入する場合もあります。

iPad 対応タッチペンで試してみる

① ロジクールCrayon for iPad
ロジクールCrayonの場合では、Apple Pencilの代替として利用できるデジタルペンシルなので、おそらく問題なく利用できるだろう?と考えていました。

実際に試してみたところ、特に問題なく画面のスクリーンショットを撮る事が出来ました。

 

Logicool Crayon for iPad レビュー!メリット&デメリット
皆さん こんにちは! iPad mini 5 及び Smart Cover と同時に購入したのがApple Pencil(第1世代)ではなく、Logicool Crayon for iPad になります。 どうしてApp...

 

② ESR iPad タッチペン
iPad 対応タッチペンではESR製も所持しているのですが、こちらはネット通販で購入しています。基本的にはロジクールCrayonの代替品の用途でiPad mini 5 で利用しています。

ペアリング不要でiPadで利用できるロジクールCrayon for iPad が使えるので、問題なく使えるのでは?と思って実際に試してみたら、こちらも特に問題ありませんでした。

 

Apple Pencil代替ESR iPadタッチペン・レビュー!パームリジェクション機能対応
皆さん こんにちは! iPadシリーズでデジタルペンシルを利用する場合ではApple純正のApple Pencil(第1・第2世代)又はロジクールCrayon for iPad を使う場合が多いです。 でも、色々な事情で...

 

実際に試してみた結果

Apple Pencil 2、ロジクールCrayon for iPad、ESR iPad 対応タッチペンの3種類のデジタルペンシルを所持しています。

スクリーンショットで使用している機種は、iPad Air 4 になります。この環境で、実際にスクリーンショットが行えるのか?を確認してみました。

筆者が所持しているデジタルペンシルは全て、Apple Pencil 2 と同じ操作でスクリーンショットの撮影が出来ます。他のiPad対応タッチペンは所持していないため、同様に使えるのか?ちょっと分かりません。

 

iPadで簡単にスクリーンショットを撮る方法

iPadシリーズで簡単に画面のハードコピー(スクリーンショット)を撮る場合では、AssistiveTouchのカスタムアクションを利用するのが一番良さそうに感じます。

タッチ操作は、AssistiveTouchが最適

① AssistiveTouchオン
設定を開く → アクセシビリティ → タッチ → AssistiveTouch → オン

 

② カスタムアクション変更
「シングルタップ」、「ダブルタップ」、「長押し」のどれかにスクリーンショットをを設定します。

実際に設定して使ってみた感じでは、ダブルタップ 又は 長押し に設定すると便利に使えます。

 

Apple Pencilの場合はコツを掴む

Apple Pencil も 含めてiPad対応タッチペンでスクリーンショットを撮る場合では、何回か実際にやってみてコツを掴むのが最適です。

実際に撮りたい時に、画面のハードコピーが出来ないと手間が発生するため、これを回避するにはコツを掴んで確実性を上げる必要があります。

 

Apple Pencilでスクリーンショットの注意

どうやら全ての iPadシリーズで同様に操作できるという訳ではないようです。というのも、筆者の場合は、iPad Air 4 と iPad mini 5 を所持しているのですが、iPad mini 5で、何度も同様にやってみたのですが出来なかったからです。

因みに、iPad mini では、Apple Pencil(第1世代)は所持していないため、ロジクールCrayon for iPadESR iPad 対応タッチペンで検証してみました。

Apple Pencilでスクリーンショットが撮影できるのは、iPad Air や Pro だけなのかも知れません。

 

iPad 使い方!画面のスクリーンショットを撮る方法(3種類)
皆さん こんにちは! iPadで画面のスクリーンショットを撮る場合では、どの方法を利用していますか? iPad では3種類のスクリーンショットを撮る方法がありますけど、どの方法が自分にとって最適に感じるのか?でも変わって...