iPad 活用方法!Excel代用の表計算Numbersレビュー

スポンサーリンク
iPad 活用 アプリ

 

皆さん こんにちは!

iPadで表計算アプリを利用する場合では、Microsoft Officeを利用する場合もありますが、標準でExcel互換のNumbersというアプリがインストールされています。

App Store でOfficeアプリをダウンロードしなくても良いのである。それなのに、何故だか分かりませんが、標準アプリには目もくれず自分にとって最適なOfficeアプリを求めてしまうのが実情なのでは?

もっとも、このような感じになるのは、メインで使っているPCがWindows PCでかつ、Androidスマホを利用してパターンだと勝手に推測します。

やっぱり何度か実際に使ってみて、どうしても自分に合わないのが確認できたら他のアプリに乗り換えた方が良いのではないか?と最近思えるようになりました。

標準アプリにもスポットライトを当てるのも良いかな?といった感じ。

今回の記事は『iPadで活用するExcel代用の表計算Numbersレビュー』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

iPadにはNumbersという表計算アプリがある

iPadで表計算アプリを利用する場合では、App StoreからExcel互換アプリをインストールしなくても標準で既にインストールされているNumbersがあります。

iPadで利用する表計算アプリ Numbers

NumbersはExcel互換に相当する表計算アプリになります。Excelのように数式や関数の挿入 及び グラフも含めて同様の利用方法が行えます。

Officeアプリを別途インストールしなくても良いのが便利なのですが、使い慣れていないと、あまり使わなくても問題ないかな?といった気分になると思います。

その理由の1つとしては、表計算アプリは使い慣れている方が活用もできますし、色々と便利に使えるからです。

特にメインで利用しているPCがWindowsの場合では、馴染みがないと思います。

 

Numbersは選択肢の1つとして考えれば良い

iPadを購入すると最初からインストールされているのが標準アプリになります。iPadの場合では、このデフォルトアプリは意外と多いので、初期設定が終わったら別途アプリを見つけなくても直ぐに利用できます。

とはいえ、iPadで利用するOfficeアプリはメイン用途ではなく、サブ用途が圧倒的に多いのが実情なので新たに最初から覚えるというのは逆に非効率的だと感じます。

そのため、基本的には自分にとって最適に感じる表計算アプリをiPadで利用するのが最適です。もし、見つからない場合ではNumbersも選択肢の1つに入れるのが良いと思います。

 

Numbers ファイル管理

文書作成アプリのPagesと同様にNumbersの場合もファイルの保存先は2つから選択できるようになっています。クラウドストレージのiCloud 又は iPad内 の2択になります。

自分にとって最適に感じる方を必要に応じて選択できるので便利に感じます。

 

スポンサーリンク

iPad活用 Numbers 基礎知識

iPadでNumbersを利用する場合の基礎知識についての内容になります。初めて使う場合では、数式や関数といった項目も気になると思います。

数式や関数を挿入する場合

セルを選択した状態で数式や関数を挿入する場合では、画面右下に表示されている「セル」をタップします。

簡易数式の場合は「合計、平均値、最小値、最大値、カウント、積」のどれか?をタップすると、セルに数式がセットされるので必要に応じて変更調整します。

簡易数式以外の関数を利用する場合は、新規数式を選択した上で、画面左下に表示される「fx」ボタンをタップして関数ウィザードを表示し、カテゴリ選択という流れになります。

 

グラフや写真を挿入する場合

① グラフ挿入
画面右上に表示されている「」をタップして左から2番目のタブを選択するとグラフを挿入する事ができます。

グラフは2次元の2D 及び 3次元の3D表示のどちらも選択する事ができます。また他のグラフも選択できます。

 

② 写真挿入
画像を挿入する場合は、基本的にはグラフと同じ場所なのですが、タブは異なります。右端にあるタブを選択した上で「写真」又は「カメラ」を選ぶ必要があります。

 

セルの3桁区切り

Numbersの操作の中で一番使いづらい印象だったのは「セルの3桁区切り」を表示する場合になります。本来ならばセルの所に有る筈なのですが、何処にも見当たらないです。

パッと見てもそれらしいアイコン表示はないのですが、ブラシの中にフォーマットが含まれています。ここで数字の右横の◯をタップすると、3桁区切りのスイッチがOFFになっています。

このスイッチをONにすると、3桁区切りのカンマが入ります。

 

スポンサーリンク

iPad活用 表計算アプリNumbers 使用レビュー

iPad標準搭載の表計算アプリであるNumbersの使用レビューになります。気になった事や感じた感想になるため、参考になるのか?分かりません。

イマイチに感じる部分

イマイチに感じるのは関数の挿入だと感じます。セルを選択した状態で関数を挿入する場合に関数ウィザードを表示できるボタンが無いです。

関数を挿入する場合は、セルを選択した上で、「新規数式」又は 一番下にある「簡易数式」のどれか?をタップすると、画面左下の角に関数ウィザードのアイコンである「fx」が表示されます。

(ソフトウェアキーボードを表示している場合では、キーボードの右上角に表示)

Fxをタップするとカテゴリ「最近使った項目」及び「カテゴリ」で関数を選択という流れになるため、関数を挿入するまでに、いくつものステップを踏む必要があります。

 

操作性に関しては使いやすい

関数の挿入に関して言えば、イマイチなのですが、それ以外は使いやすいと感じます。セルを結合&解除も含めて、画面右下の「セル」ボタンから操作ができるため、操作性は良いと思います。

グラフ挿入やシェイプ挿入 及び 写真挿入も簡単に行えるため、普通に使えるというのが率直な感想になります。

但し、細かな部分にスポットライトを当てて見ると、セルの書式設定は何処で行えば良いのだろうか?といった感じになります。

特に数値の3桁区切りは、利用する場合も多いのでは?

 

iPad 活用方法!Google ドキュメント・スプレッドシートのレビュー
皆さん こんにちは! iPadを仕事や生活用途に活用する場合では、Officeアプリも利用する場合があります。この場合では、正規版Officeである Microsoft Office を利用するのか?それともOffice互換ア...

 

Numbers iPad 使用レビュー

iPad Air 4 にロジクールFolio Touch をドッキングした上で、表計算アプリのNumbersを使ってみてどうだったのか?についてのレビュになります。

関数の挿入 及び セルの書式設定はイマイチに感じます。あと、セルに数値を入力して合計を求める場合では、セル範囲を指定しても合計表示は出てきませんが、「セルアクション」をタップすると簡易関数を選択できるようになるため、この点は便利に感じます。

とはいえ、「3桁区切り」を表示する場合が、ブラシから行う必要が有るので、何でこんな場所に有るんだよ~という感じなので、この点は使いづらい印象。

 

Googleスプレッドシートと比較

iPadで無料で利用できる表計算アプリと言えば、Googleスプレッドシートも選択肢の1つに挙げられますが、Numbersとどっちが使いやすいのか?も気になります。

GoogleスプレッドシートiPad使い勝手

iPadで利用する場合では、WPS Office Spreadsheetsよりも使いやすいと感じますが、細かい部分にスポットライトを当てると微妙に感じます。

その内の1つの例が書式メニューになります。アイコン表示だけで判別するというのは使い慣れていないと厳しいと思います。

関数やグラフといった挿入は普通に行なえますが、合計や平均といった関数でさえ、関数のカテゴリから選択する必要があるので使いづらいです。

総合的に判断すると、新規作成の用途には不向きなのでは?と感じます。

 

どっちを選ぶ?

NumbersGoogleスプレッドシート どっちを選ぶのが最適なのか?という選択では、甲乙つけがたいというのが率直な感想になります。

新規作成しないのであれば、GoogleスプレッドシートやNumbersどちらでも何ら問題ありません。新規作成となると話は別になります。

こればっかりは使い勝手が重要な要素になるため、新規作成の使い勝手はどっちもイマイチに感じるため、第3の選択肢(Excel)が最適なのでは?というのが個人的な見解になります。