iPad 活用方法!GoogleドキュメントとPages比較レビュー

スポンサーリンク
iPad 活用 アプリ

 

皆さん こんにちは!

iPadを仕事や生活用途に利用する場合では、Officeアプリの利用も選択肢の1つに入ってきます。通常であればMicrosoft Officeを利用すれば良いのですが、サブ用途で購入するのは得策ではないと思います。

そこで、無料で利用できるOffice互換アプリに白羽の矢が立ちます。Androidスマホ、Windows PC、iPadでも利用できるGoogleドキュメントも魅力的に感じます。

iPadにはデフォルトでPagesというアプリがインストールされているため、実際に2つのアプリを使ってみて、どっちが使いやすいのか?も気になるところです。

今回の記事は『iPadで活用できる文書作成アプリのGoogleドキュメント 及び Pages 比較レビュー』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

iPad活用 Pages 使用レビュー

iPadで何度か実際に使ってみた文書作成アプリのPages 使用レビューになります。

Pagesのファイル管理

iPad標準のPagesのファイル管理は、iCloudiPad内の2つになります。文書ファイルを新規作成して保存する場所をこの2つから選択できるので便利に感じます。

Googleドキュメントの場合では、Googleドライブでファイル管理に対して、必要に応じて保存する場所を変更できると重宝します。

とはいえ、このような使い方をしている場合は便利に感じるだけなので、いつもクラウドストレージを利用している人にとってはあまり便利にに映らないかも知れません。

 

Pagesの写真挿入&画像貼付

次に文書作成中に写真などの画像を挿入して貼付する場合も実際に有りますが、このパターンではとても快適に作業が行えます。

一度画像を配置したけれども場所がイマイチなので別の場所にといった場合では、画像をドラッグ&ドロップで自由自在に再配置できます。

例え、文面のど真ん中だったとしても配置できますし、文章は被らないで綺麗に左右に別れて表示されるため、画像を配置しても読めます。

 

Pagesの使い勝手

ファイル管理や画像の挿入&貼付を除いた部分の使い勝手についての紹介になります。デジタルノート・アプリのOneNoteみたいな利用も行えるのが便利に感じますが、この部分以外はそんなに魅力的に感じないのが実情になります。

Pagesを利用していないという事も関係していますが、この部分を一切考慮しない場合でも、好んで利用しなくても問題ないかな?というのが率直な感想となります。

その理由としては、アイコン表示の方法が使いづらいと感じます。シンプルで良いとは思いますが、実際に使ってみると意外と微妙に感じます。

その1つの例としては、「フォント」及び「フォントサイズ」が隣同士にない事が挙げられます。

 

iPad 活用方法!Word代用の文書作成Pages使用レビュー
皆さん こんにちは! iPadで文書作成を行う場合では、初期インストールされている文書作成アプリのPagesを利用する事ができます。 それなのに、文書作成においては、Microsoft Office Word などのOf...

 

スポンサーリンク

iPad活用 Googleドキュメント 使用レビュー

iPadで活用している文書作成アプリのGoogleドキュメント 使用レビューになります。

ドキュメントのファイル管理

GoogleドキュメントでPagesに劣る部分(イマイチに感じる部分)はファイル管理方法になります。Googleドライブにて保存されるため、必ずしも最適という訳ではないです。

その代わりにと言ってはなんですが、Word形式にダウンロードして対応も可能なので、実際にはそんなに影響を受けない場合もあります。

でも、この場合だと形式が異なるだけで2つ同じファイルが出来てしまう事を意味するため、そんなに便利かな?と思ってしまいます。

筆者の場合は、必要に応じて保存先を変更できる方が便利に感じます。

 

Googleドキュメントの写真挿入&画像貼付

次に写真を挿入して画像を貼付した場合の使い勝手になりますが、こちらの場合もiPad標準のPagesの方が便利に感じます。

ドキュメントでは、画像を挿入すると、挿入した場所に固定されてしまうので、画像を長押してドラッグして自由自在に好きな場所にドロップできません。

このような使い方を行いたい場合は、Microsoft OneNoteを利用するか?もしくは iPad標準のPagesの方が良いと思います。

 

Googleドキュメントの使い勝手

画像貼付やファイル管理を除いた部分についての使い勝手になりますが、特に不満に感じるような部分はありません。

その中でもグッドだな!と感じたのは、iPadのイマイチな日本語変換でも入力しやすい部分になります。ユーザー辞書の整備はそれなりに行いましたけど、Pagesを利用した場合と同じ条件なのにも関わらず入力しやすいです。

ただ単によく利用しているアプリだから使い慣れているという要素も関係あると思うので、厳密には何とも言えない感じです。

 

iPad 活用方法!Google ドキュメント・スプレッドシートのレビュー
皆さん こんにちは! iPadを仕事や生活用途に活用する場合では、Officeアプリも利用する場合があります。この場合では、正規版Officeである Microsoft Office を利用するのか?それともOffice互換ア...

 

スポンサーリンク

iPad活用 GoogleドキュメントとPages比較レビュー

GoogleドキュメントとPagesの比較レビューになります。iPadで実際に使ってみてどうだったのか?について紹介します。

使い易さで比較

アプリを継続的に利用するのか?は使い勝手で決まると個人的に考えます。どれだけ使いやすいのか?で取っ替え引っ替えの対象となると思います。

筆者の場合は、純粋にこの基準でアプリを選択している場合が多いです。そのため、GoogleドキュメントとPagesの比較もこの基準を優先して行います。

全体的な使い勝手は、おそらくGoogleドキュメントに軍配が上がると思います。理由としては以前からよく利用しているので自分にとって使いやすいからです。

でも、用途ごとに判断する場合ではPagesも捨てがたいです。特にドラッグ&ドロップで画像を自由自在に配置できる機能は便利に使えるからです。

但し、Apple Pencil を使うと手書きモードになってしまうので、Pagesは一長一短に感じます。そのため、この部分も考慮すると、Googleドキュメントになる訳です。

 

ファイル管理で比較

ファイル管理で比較する場合では、iPad標準のPagesに軍配が上がります。クラウドストレージのiCloudに加えて、iPad内にも保存できるのは本当に便利に感じます。

Googleドキュメントの場合ではGoogleドライブで管理されますから、必ずしも最適ではないです。何故か?と言うと、iPadの容量が256GBあるのに、全然使わないじゃん!といった感じになるからです。

それこそ何の為に容量が大きい256GBモデルを購入したのか?といった感じになります。

 

iPadで利用するOfficeアプリ

今回はGoogleドキュメントとGagesで比較した訳ですが、それぞれ一長一短に感じる部分も有るのが実情になります。これだけで判断するのは適切ではないと思います。

iPadで考えるのは時期尚早

iPadで利用するOfficeアプリという部分に拘るのは時期尚早になります。確かに利用するだけなら、この一点に尽きますが、iPadはサブの用途で使う場合が多いです。

サブの用途でOfficeアプリを利用するという事は、メインで利用しているPCとの連携は必須になるため、PCとiPad双方のアプリが異なるというのはどうなんだろう?と思います。

特に仕事で活用する場合では効率化という要素も関係してきます。仕事効率化の観点から考慮すると、PCとiPadで利用するアプリは同じ 又は「それに準じる物」であるべきと考えます。

 

自分にとって最適に感じるのが一番

あくまでも仕事でiPadを活用する場合では、Officeアプリは同じアプリが良いのですが、仕事以外(個人的な利用)に特化する場合では、それこそ何でも良いと思います。

この場合では、自分にとって使いやすい 又は 最適に感じるアプリが望ましいと思います。

 

Googleドキュメントを選択

筆者の場合は総合的に勘案して、たぶん自分にはGoogleドキュメントが適合しているという結論に到達した事もあり、iPadではGoogleドキュメントを利用しています。

でも、メインで利用しているPCでは無料で使える統合オフィスソフトの LibreOffice を使っています。

その理由は、ただ単に正規版Officeの購入より、どこまで使えるソフトなのか?自分で試してみたかったといった感じ。