iPad 活用方法!文書作成アプリPagesメリット・デメリット

iPad 活用 アプリ
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

iPadにはPagesという文書作成アプリが初期インストールされているため、Microsoft OfficeなどのOfficeアプリを別途インストールしなくても良いです。

だからと言って、自分にとって使いやすく最適に感じるアプリでないと、流石に継続して利用したいという気分にはならないと思います。

その為には実際に使ってみて判断するしか方法がないため、とりあえず1回は実際に使ってみる事をオススメ致します。

今回の記事は『iPadで活用する機会もある文書作成アプリPagesメリット・デメリット』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

iPadで文書作成する場合に使うPages

iPadではWordをApp StoreからインストールしなくてもデフォルトでWord相当のアプリであるPagesが既にあります。

Word代用として使えるPages

Office Word の代用になるのか?分かりませんが、同じ用途で利用できるアプリが、デフォルトで初期インストールされているPagesになります。

App Store でOfficeアプリをインストールしなくても良いので、iPadを購入したら、直ぐにでもOfficeアプリが利用できるのは良い部分でもあります。

 

Pagesのファイル管理

このアプリは、ファイル管理場所を2種類から選択する事ができます。iCloudとiPad内の2択になります。

どちらが良いのか?については使用者によっても個人差があるため、一概には何とも言えないと思います。

普段からクラウドストレージを便利に使っている人は、iCloudだと思いますが、何でもPCで管理しているといった場合では、iPad内を選択できるのは便利に感じると思います。

 

スポンサーリンク

文書作成アプリPagesのiPadメリット&デメリット

iPadで活用する機会のある標準アプリのPagesメリット&デメリットについての紹介になります、あくまでも筆者の視点になるため、参考になるのか?分かりません。

Pages iPadメリット

ファイルの保存先(管理場所)をAppleのクラウドサービスであるiCloudとiPad内を選択できるのがメリットに感じます。

たいていの場合では、Microsoft OfficeやOneNoteといったiPadで利用すると便利に感じるアプリはクラウドストレージにファイルが保存されますが、Pagesの場合はiPad内に保存できます。

普段からクラウドストレージを利用している場合では、違和感なく利用できると思いますが、好んで使っていない人にとってはiPad内で保存&管理できると便利に感じます。

それに保存先を選択できると、臨機応変に必要に応じて使い分ける事も可能なので利便性も高まります。

 

便利に感じる部分

① テンプレート
Wordもテンプレートが利用できますが、Pagesでも利用する事ができます。

 

② 画像貼付&再配置
画像を貼付した場合、それで終わりでは無いと思います。自分にとって最適に感じる場所に自由自在に再配置する事ができます。

さらに、文章の真ん中に画像を再配置した場合では、文章の間に割り込む形になるため、文面が画像に被さらないのである。

そのため、画像を飛ばして読む事も出来るのが便利に感じます。

 

Pages iPadデメリット

どんなに便利なアプリだったとしても、何かしらのイマイチに感じる部分があります。このPagesのデメリットは筆者の場合は特にありません。

それなのにiPadではあまり使いたいとは思わないのが実情になります。何故か?と言うと、WordGoogleドキュメントに慣れてしまっているので、ちょっと使い辛いと感じます。

あくまでも直感的な感覚なので、実際に使い慣れれば継続して使うようになる可能性もありますが、現状においては厳しいのではないか?と考えます。

 

iPad活用 Pagesの一長一短

ここでは、iPadで文書作成アプリのPagesを利用した場合の一長一短に感じる部分の紹介になります。

シンプルだけど煩わしい

一見するとシンプルといった感じ画面表示になる反面、フォント選択とフォントサイズが左右に分かれてしまうというアンバランスさがあります。

左右に別れてしまうと逆に使いづらいと感じるのは気のせいでしょうか?しかも両端では無いのですが、それぐらいに間隔が空いているので煩わしさを感じます。

筆者の場合は「フォント」と「フォントサイズ」は隣同士の方が便利に感じます。

 

OneNoteのように使えるが代用できない

画像を貼付する場合では、デジタルノート OneNote のような使い方も出来るので便利に感じますが、
だからと言って、OneNote代用として利用できないと感じます。

その理由の1つとして、ページが自動的に拡張できないため、この用途には不向きなのである。逆にこの方が良い場合もあるため、一概には何とも言えないと思います。

一長一短というよりもケースバイケースに該当するのではないか?と個人的に考えます。

 

トラックパッド付キーボードは便利だが・・・

ロジクールFolio Touchをドッキングして利用した場合では、トラックパッドを利用できるため、マウスのように使えます。

画像を再配置する場合でもドラッグ&ドロップで利用できるのですが、便利ではないです。やっぱり指先でタッチ操作した方がとても使いやすいです。

それならばApple Pencil はどうなのか?と言うと、画面に触れた瞬間のタイミングでペイントツールが機能してしまうので、これまたイマイチに感じます。

 

iPad 活用方法!Word代用の文書作成Pages使用レビュー
皆さん こんにちは! iPadで文書作成を行う場合では、初期インストールされている文書作成アプリのPagesを利用する事ができます。 それなのに、文書作成においては、Microsoft Office Word などのOf...

 

iPadでPagesを実際に使ってみた感想

ここでは、実際に何度かiPadでPagesを使ってみてどうだったのか?についての内容になります。結論から先に言えば、使い慣れているGoogleドキュメントの方が自分にとって最適に感じます。

率直な感想

実際に3~4回ぐらい使ってみた感じでは、使いづらい印象があります。機能が悪くて使いづらいという感じではなく、いつも見えている場所に見えていないアイコン表示といった感じなので、上手く表現できませんが、「物足りなさ」を感じます。

物足りないだけなので、我慢すれば特に問題ないのですが、この部分を考慮したとしても、継続してずっと使い続けたいという気分にはならなかったです。

この点は本当に申し訳ないと言った方が正解になります。というのも、Pagesというアプリは初めて利用するので今まで使っていたアプリと比較すると、使い慣れていないのが影響していると考えます。

パソコンがMacユーザーであれば、Pagesを使っているかも知れませんが、筆者の場合はWindows PCをメインで使っているため、馴染みがないのである。

WindowsユーザーでもiPadを利用する場合もあるため、これは仕方ないと思います。

 

使い慣れているGoogleドキュメントが最適

iPadにデフォルトでインストールされているからという理由で文書作成の際にPagesを活用する選択というのは決して最適ではないです。

やっぱり使い勝手の部分は何だかんだ言っても使い慣れているアプリの方が便利に感じますし、操作方法も新たに覚える必要がないので効率的に感じます。

メインで利用するのであればともかく、基本的にiPadではサブの用途が圧倒的に多いのが実情のため、新たに操作方法などを覚えるという手間は掛けたくないものです。

そうなって来ると、やっぱり使い慣れているアプリをiPadで活用するのが最適という結論に到達します。