iPad 活用方法!Word代用の文書作成Pages使用レビュー

スポンサーリンク
iPad 活用 アプリ

 

皆さん こんにちは!

iPadで文書作成を行う場合では、初期インストールされている文書作成アプリのPagesを利用する事ができます。

それなのに、文書作成においては、Microsoft Office Word などのOffice互換アプリを別途インストールして利用する場合の方が多いのではないでしょうか?

Microsoft Office の場合だと有料になりますが、無料で利用できるGoogleドキュメントなどのOffice互換アプリも利用できます。

そこで、実際にPagesを使ってみて、iPadで使ってどうなのか?について確認したいと思います。

今回の記事は『iPadで活用するWord代用の文書作成アプリであるPagesの使用レビュー』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

iPadで文書作成を行う場合に使うアプリ

iPadを購入してどのような用途に使うのか?は個人差がありますが、仕事にも活用したいと考える場合もあります。この場合ではOfficeアプリも必要になります。

初期インストールされている文書アプリ

iPadを購入すると、標準でPages、Numbers、Keynoteという3つのOffice系アプリがデフォルトでインストールされています。

メインで利用しているPCがMacユーザーの場合であれば、これらのアプリを利用している場合もあると思います。

それに対して、メインで使っているのはWindows PCといった場合では、別にPages、Numbers、Keynoteは使わなくても問題ないと感じてしまうのが実情になります。

その理由としては、PCで使っているアプリと同じ方が操作方法も含めて便利に感じるからです。違うアプリの場合だと、1から操作方法を覚えないといけなくなるので面倒に感じます。

 

サブの用途で利用するOfficeアプリ

本来であれば、Pages、Numbers、KeynoteといったiPad標準でインストールされているアプリを利用すれば良いのですが、操作方法や使い勝手も含めて、自分にとって最適に感じない場合では他の選択肢を頼る事になります。

Microsoft OfficeやOffice互換ソフトといった類のアプリになります。Andoroidスマホの場合ではGoogleのOffice互換アプリもあるので選択肢は意外とあります。

サブの用途だったとしても、色々な意味で、自分にとって最適に感じるアプリが最適です。そうでないと、どの用途にも活用できないと思います。

 

スポンサーリンク

iPadには文書作成アプリのPagesがある

ここでは、デフォルトでインストールされている文書作成アプリのPagesはどうなのか?についての内容になります。

文書作成の用途として使えるPages

Office Word の代用になるのか?分かりませんが、同じ用途で利用できるアプリがPagesになります。とは言うものの、あまり馴染みのないアプリでしたので全く利用していないと言った方が正解です。

Windows PC で利用してOffice互換アプリのWPS OfficeGoogleドキュメントといったWord互換アプリの使い勝手が良いため、必然的にiPadでもそちらのアプリを使うのが選択肢になっているのが実情になります。

 

実際には他のアプリを使用

iPadでOfficeアプリを利用していますが、Microsoft Officeではありません。サブ用途なのに正規版を利用するという考え方は持ち合わせてないのである。

サブの用途にはサブに合うアプリが最適だからです。幸いな事にApp Storeには魅力的に感じるアプリも豊富にありますし、代用として使えるOfficeアプリもあります。

でも残念な事にiPadで使い勝手が良いOfficeアプリはまだ見つかっていません。どれも一長一短に感じます。

やっぱり素直にWindows PCで使うのが最良でかつ、最適な選択だというのが個人的な見解になります。

 

Pagesも使ってみよう!

おそらくなのですが、iPad購入代金の中に標準でインストールされているアプリの代金も含まれているのではないか?と考えています。

一度も使わないというのはどうなのかな?と思いまして、とりあえず使ってみる事にしました。実際に使ってみて、自分には合わないのであれば、バッサリ切り捨てれば良いと思います。

そういう理由で使うのもどうかな?と思うのですが、こういう理由も十分に有りです。

 

スポンサーリンク

iPad活用!文書作成アプリPages使用レビュー

iPadに標準でインストールされている文書アプリのPagesの使用レビューになります。活用はしていないのですが、iPad内にファイルを保存できるアプリなので自分にとって最適なら使いたいというのが本音です。

イマイチに感じる部分

Pagesのイマイチに感じる部分は意外と多いです。その中でも真っ先に挙げたい事項が、入力していて便利に使えない部分になります。

どういう意味なのか?と言うと、パッと見た時にあまりのアイコン表示の少なさも含めて、操作性が他の類似アプリより物足りなさを感じると言った方が正解になります。

劣っているという訳ではなく、あくまでも「物足りなさ」という部分になると思います。

 

iPad内にファイルを保存できるのは便利

文書作成Pagesの良いところは、iPad内にファイルを保存できるという部分に尽きます。たいていの場合ではクラウドストレージにファイル管理となるのですが、pagesはiPad内でも管理できるのである。

勿論クラウドストレージが良いという場合もあるため、その場合はiCloudに保存しても全然問題ありません。

保存先を臨機応変に選択できるようになっているので、この点は素直に便利に感じます。

 

iPad 活用方法!Google ドキュメント・スプレッドシートのレビュー
皆さん こんにちは! iPadを仕事や生活用途に活用する場合では、Officeアプリも利用する場合があります。この場合では、正規版Officeである Microsoft Office を利用するのか?それともOffice互換ア...

 

Pages iPad使用レビュー

Pagesを実際に使ってみると、入力は普通に行えるのですが、操作性がイマイチに感じます。最初から表示されているアイコン表示の少なさが光ります。

これではちょっと使っていて不安に感じてしまうのが実情です。シンプルの方が良い場合もあるため、一概には何とも言えないのですが、筆者の場合は物足りなさを感じました。

画像ファイルの挿入に関して言えば、スムーズに挿入できるのでとても快適に使えるので、用途次第といった感じでしょうか?

 

iPad活用方法としてのPagesはどうなのか?

ここでは、iPad初期インストールされている文書作成Pagesは、iPadで利用して満足に使えるのか?についての紹介になります。

Googleドキュメントの方が使いやすい

あくまでも個人的な感想になりますが、iPad標準の文書作成アプリのPagesよりもGoogleドキュメントの方が全てにおいて使いやすいと感じます。

そのように思える理由は、何と言ってもiPadのイマイチな日本語変換を利用しても普通に文書作成が行えるのでポイントが高いです。

一般的に利用するであろう?書式アイコンも最初から表示されているため、使いやすいというのが率直な感想になります。

という理由もあり、iPadで使う文書作成はPagesはあまり利用したくないかな?という結論に到達しています。

 

iPad内でファイル管理する場合に最適

Googleドキュメントを利用する場合では、GoogleドライブというGoogleのクラウドストレージを利用する事になります。

また、デジタルノートアプリのMicrosoft OneNote を利用する場合では、Microsoft のクラウドストレージであるOneDriveを利用となります。

それに対して、iPadに初期インストールされているPagesの場合は、Apple のクラウドストレージであるiCloudの他にiPad内にファイルを保存できるので、利便性という観点から考慮すると、グッドになります。

何から何までクラウドストレージを利用するのもどうかな?と思うので、このように考えている場合ではベストな選択になるのでは?と個人的に考えます。