iPad 活用方法!Sendanywhere ファイル転送アプリのレビュー

iPad 活用 アプリ
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

iPadでスクリーンショットやカメラ撮影した画像ファイルやPCから音楽データをiPadに転送する場合はどのように行っていますか?

特別なアプリを使わなくてもUSBケーブルとPCが有れば基本的には自由に転送が行えますが、USBケーブルの場合はコードが邪魔に感じるため、必ずしも最適という訳ではありません。

それにスマホとファイル連携する場合も有るため、対応が厳しい場合も有るのが実情になります。このような場合に便利なのがファイル転送アプリになります。

今回の記事は『iPadでPCやスマホとファイル連携する場合に活用する Sendanywhere ファイル転送アプリの使用レビュー』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

iPadで活用するファイル転送アプリSendanywhere

PCやスマホと画像などのファイルを転送する場合に活用しているファイル転送アプリ Sendanywhere についての紹介になります。

PCやスマホと連携できる

このアプリは、簡単にスマホやPCとファイルを双方向で転送できます。それでいて、操作方法は特に難しいといった事はなく簡単です。

スマホやiPad、PCどれも大した操作は行わないので利用していてストレスを感じる事がないと思います。

とはいえ、一長一短に感じる部分もあるため、必ずしも自分にとって最適に感じるという訳ではないと思います。

 

2つの通信方式に対応

このアプリは2つの通信方式に対応しているファイル転送アプリに該当します。1つは電話回線、もう1つはWi-Fi通信。

PCと転送する場合では、Wi-Fi環境下で行う事になるため、特に問題ありませんが、スマホと転送する場合では電話回線ではなくWi-Fi通信で転送するようにしないといけません。

iPadがWi-Fiモデルの場合はスマホ側で「Wi-Fi接続時のみ転送」をONにし、iPadがセルラーモデルの場合は、iPadスマホ両方ともこのスイッチをONにする必要があります。

 

ファイル転送に対応

ファイル転送アプリのAirMoreの場合では、ファイル転送に加えて、ファイル削除も行えますが、このアプリは転送機能のみ対応しています。

転送し終わったファイルは削除したいな~と思ってもこの用途では使えないのである。

 

スポンサーリンク

ファイル転送アプリSendanywhere 特徴

ここでは、iPadで活用するファイル転送アプリSendanywhere の特徴についての紹介になります。

ファイル転送の特徴

iPadからPC 及び スマホ 又は その反対を行う場合では、基本的にWi-Fi環境下で行うのが賢明の選択になります。

その上で、iPadからPCにファイル転送する場合は、先ず送信したい画像を選択して「送信」を押すだけで良いので簡単です。

ここで6桁のキーが発行されます。この6桁キーを受信側で入力する事により、送信したファイルが受信できるようになります。

但し、発行された6桁キーは時間制限があるため、受信する際は指定時間内に行う必要があります、時間内に行えなかった場合はもう一度、同じ作業を行います。

 

スマホとファイル転送する場合の注意事項

AndroidスマホやiPhoneとiPad間で画像や音楽ファイルの転送を行う場合は注意事項があります、スマホ側で設定を開いて「Wi-Fi接続時のみ転送」のスイッチをONにする必要があります。

可能ならば、インストール時点で行った方が良いです。うっかり行わなかった場合では、Wi-Fiが利用できない場所でファイル転送を行ってしまうリスクが発生します。

仮に画像ファイルの場合では、ファイル容量が大きい場合が多いため、電話料金の請求がいつもより多くなってしまいます。

1回程度であれば我慢できますが、2回以上は賢明の選択ではありません。

 

ミュージックプレイヤー搭載

何故だか?サッパリ分かりませんが、このアプリにはミュージックプレイヤー機能が搭載されています。音楽ファイルを転送する場合や転送した場合に聴いて確認する用途で利用するのかも知れません。

または、お気に入りの音楽を聴きながら転送作業を行って欲しいのか?ちょっと分かりません。

 

iPad 使い方!Androidスマホとのデータ転送&連携方法
皆さん こんにちは! iPadを利用している人はiPhoneを所持している場合の方が多いと思いますが、Androidスマホを利用している人も居ると思います。 PCと同じようにAndroidスマホとiPad間で、データのや...

 

iPad活用 Sendanywhere 使用レビュー

iPad や スマホ 及び Windows PC で活用するファイル転送アプリ Sendanywhere の使用レビューについての紹介になります。気になった事や感じた感想になるため、参考になるのか?分かりません。

イマイチに感じる部分

とても便利に利用しているファイル転送アプリになりますが、イマイチに感じる部分もあります。それはPCと連携する場合になります。

あくまでも行える作業はファイル転送だけなので、不要なファイルを削除したいといった用途に使えないのである。特に、転送し終わったスクリーンショットのファイルは削除したいといった場合。

正直のところ、これが出来ないと余計に手間が発生します。別に困っていませんが、ちょっとガックリです。

 

スマホやPCと簡単に連携できるのは便利

何と言っても、iPad スマホ PC 共に操作方法が非常に簡単でかつ、連携できるアプリなので、非常に使いやすいです。

PC側のソフトはマウスでドラッグ&ドロップに対応していますし、ファイル選択でも利用できるので特に不満に感じる部分はありません。

 

iPad使用レビュー

このアプリはiPadスマホ共に操作方法は特に変わらないため、スマホで利用していればiPadでも同様の操作方法で利用できます。操作性の観点から考慮すればグッドになります。

機能面においては、ミュージックプレイヤーという機能が、どういう意図で搭載されているのか?よく分からないので評価に苦しみます。

とはいえ、文句なしの使い易さなので利用していて特に不満に感じるような事がないため、満足できるアプリに該当するのではないか?というのが個人的な見解になります。

但し、iPadのセルラーモデル 及び スマホとファイル転送する場合は、一長一短があるので注意も必要です。

 

iPad活用方法としてのSendanywhere

ここではiPad活用方法として、ファイル転送アプリのSendanywhereはどうなのか?についての紹介になります。結論を先に言えば、申し分ないという結論に到達します。

結論に至った経緯

筆者の場合は、iPadでカメラ撮影は行っていませんが、画像メモの用途では頻繁に利用しています。特にスクリーンショットはよく使っていると言っても過言ではありません。

スクリーンショットの場合ではiPadに一時的に保存しておいて、Windows PCに転送していますが、この用途にSendanywhereを利用しています。

以前はAirMoreというアプリを使っていましたが、iPad Air とは相性が悪く、上手く通信できないので、このアプリを利用しているといった感じ。

転送した後にファイル削除できないデメリットは有りますが、これさえ我慢すれば抜群の操作性も関係して便利に使えます。

 

Sendanywhere iPad活用

iPad Air でAirMoreのQRコード接続がストレスなく利用できればSendanywhereを利用する必要がないのですが、上手く接続できないイライラを考慮すると、必然的にこの選択となります。

iPad Air を利用する場合のファイル転送アプリはSendanywhereの利用となります。

因みに、iPad mini 5 も所持していますが、miniの方は普通にAirMoreが利用できるため、何なんだ?といった感じで不思議な気分になります。