iPad 使い方!画面のスクリーンショットを撮る方法(3種類)

iPad 活用 方法
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

iPadで画面のスクリーンショットを撮る場合では、どの方法を利用していますか?

iPad では3種類のスクリーンショットを撮る方法がありますけど、どの方法が自分にとって最適に感じるのか?でも変わってきます。

筆者の場合であれば、AssistiveTouchのタッチ操作で撮影するのが便利に感じますが、Apple Pencil を利用している場合では、Apple Pencil だけで撮影できた方が便利に感じると思います。

そこで今回の記事は『iPadで画面のスクリーンショットを撮る3種類の方法』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

iPad スクリーンショット撮る方法

iPad で画面のスクリーンショットを撮影する場合では3つの方法があります。ハードボタン、AssistiveTouch、Apple Pencilの3種類になります。

ハードボタンの操作

iPad本体のハードウェアボタンを使って画面のスクリーンショットを撮る事が出来ます。この場合では、ホームボタンの有無によって、2種類のやり方があります。

基本的に、ホームボタンの有無に関わらず画面のハードコピーを行う事ができるようになっていますが、操作方法が異なります。

 

AssistiveTouchのタッチ操作

AssistiveTouchのタッチ操作でも画面のスクリーンショットを撮影する事が出来ます。

この場合では、AssistiveTouchのカスタムアクションの設定を変更する必要があります。この設定を変更すると、画面のハードコピーも行えるようになります。

 

Apple Pencil での操作

iPad では指でのタッチ操作だけでなく、Apple Pencilでも操作する場合があります。この場合でもドラッグする事で簡単に画面のスクリーンショットを撮影する事が出来ます。

但し、慣れるまでは失敗する場合も有るので、ある程度の慣れも必要になります。

 

スポンサーリンク

ハードボタンでスクリーンショットを撮る方法

一番やりたくない方法に該当するのが、ハードウェアボタンを押して、画面のスクリーンショットを撮影する方法になります。

ハードボタンでの操作が必要

ハードボタンでスクリーンショットを撮影する事も出来ますが、可能ならばやりたくないと言った方が正解になります。その理由としては、両手を使う必要があるからです。

両手を使ってしまうと、簡単に画面を撮影する事は出来ないです。それにタッチ操作でスクリーンショットした方が便利ですし、効率的に作業を行う事が出来ます。

 

ハードウェアボタンで撮影する場合

① ホームボタンが有る場合
ホームボタントップボタンを同時に押すとスクリーンショットを撮影する事が出来ます。この場合は両手を使う必要があるため、最適とは言い難いです。

 

② ホームボタンが無い場合
トップボタン音量を上げるボタンを同時に押すとスクリーンショットを撮影する事が出来ます。こちらの場合でも両手を使う事になる場合が多いです。

 

ハードウェアボタンの補足事項

iPad mini で実際に試してみたのですが、ホームボタンを押しながらトップボタンを押すと確かに画面のハードコピーは撮影できるのですが、電源OFFになってしまう場合もあります。

同時に押すタイミングも関係して来るため、あまりオススメできない方法だと思います。

 

AssistiveTouchでスクリーンショットを撮る方法

iPad 本体のハードウェアボタンを利用して画面のスクリーンショットを撮影する場合では、片手で出来ないのがデメリットに感じましたが、AssistiveTouchを使えばタッチ操作で撮影できます。

AssistiveTouchを使う設定

AssistiveTouchを表示している状態で、どのような操作を行えばスクリーンショットを撮影する事が出来るのか?の設定を行う必要があります。

そのためには、AssistiveTouchを使えるようにした上で、カスタムアクション設定を変更する必要があります。

この場合ではシングルタップ・ダブルタップ・長押しのどれか?から選択する必要があるため、よく考える必要があります。

 

カスタムアクションの設定方法

① AssistiveTouchオン
設定を開く → アクセシビリティ → タッチ → AssistiveTouch → オン

 

② カスタムアクション変更
「シングルタップ」、「ダブルタップ」、「長押し」のどれかにスクリーンショットをを設定します。

実際に設定して使ってみた感じでは、ダブルタップ 又は 長押し に設定すると便利に使える感じです。

 

カスタムアクションの補足事項

AssistiveTouchのカスタムアクションを使えばタッチ操作で簡単にスクリーンショットを撮影する事ができますが、Apple Pencilでも画面のハードコピーを撮影できるため、他の機能に割り当てた方が良いのでは?と思います。

というのも、Apple Pencilを使っている場合では、Apple PencilだけでDockを表示させる事が出来ないため、不便に感じる場合もあります。

でも、カスタムアクションでDockを表示できるようにしておけば、Apple Pencilの利便性が高まります。

 

Apple Pencil スクリーンショットを撮る方法

誰でも簡単な操作で画面のスクリーンショットを撮影したい場合では、AssistiveTouchのカスタムアクションを利用すれば行えますが、実はApple Pencilでも撮影できます。

 

Apple Pencilで撮る方法

画面下の2角から画面中央に向けて素早くドラッグするとApple Pencilだけでスクリーンショットを撮影する事が出来ます。

実際にの操作を行ってみると、コツが有るように感じます。筆者の場合では、右下の角から操作すると撮影できないのですが、左下の角から操作すると簡単に撮影できます。

これはいったい、どういう事なのかな?と考えてしまいますが、単純に右利きだから左下の角から操作した方がベストに感じるという事かも知れません。

 

Apple Pencil 2 レビュー!メリット&デメリット(iPad Air 4)
皆さん こんにちは! iPad Air 4 と一緒に購入した Apple Pencil 2 もよく使っているアクセサリーの1つになっていますが、ロジクール Crayon for iPad と比べると充電方法もタイプが異なります...

 

iPad対応タッチペンも可能

Apple Pencil では簡単にスクリーンショットを撮影する事が出来ますが、ロジクールCrayon for iPad などの iPad対応のタッチペンでも撮影する事が出来ます。

色々な事情でApple Pencilを購入しない場合も実際にあるため、iPad対応タッチペンでも同様の操作で大丈夫なのであれば、無理して購入しなくても良いかも知れません。

とはいえ、Apple Pencil ならではの魅力もあるため、一概には何とも言えません。

 

Logicool Crayon for iPad レビュー!メリット&デメリット
皆さん こんにちは! iPad mini 5 及び Smart Cover と同時に購入したのがApple Pencil(第1世代)ではなく、Logicool Crayon for iPad になります。 どうしてApp...

 

ペン先カバーを装着した場合

Apple Pencilのペン先の摩耗対策にペン先カバーを装着する場合もあります。この場合でもスクリーンショットを撮影する事が出来ます。

但し、ペン先に装着する商品によっては撮影できない場合も有るので注意が必要になります。

筆者の場合は、ペン先に NIB Cover を装着して試してみましたが、何も問題なく普通にスクリーンショット出来ました。

それに対して、Apple Pencil全体をカバーするタイプを使った場合では、Apple Pencilで撮影する事は出来ませんでした。この事から分かるように商品によっても異なります

 

Apple Pencil ペン先保護カバー NIB Cover のレビュー
皆さん こんにちは! iPadシリーズで Apple Pencil(第1・第2世代)を利用していると、ペン先が摩耗すると思います。 この場合ではペン先の交換も必要になる訳ですが、なるべく摩耗しないようにしたいのが実情になります...