iPad 活用方法!デジタルノート OneNote 使用レビュー

スポンサーリンク
iPad OneNote

 

皆さん こんにちは!

iPadでノートアプリを利用する場合では、無料 又は 有料アプリをApp Storeからインストールして利用する事になります。

無料だと機能面で満足できない場合が多く、有料だと機能面が満足できる場合が多いため、必然的に有料アプリを利用する流れになってしまうのが実情になります。

でも、Windows PC を利用しているMicrosoft ユーザーの場合であれば、有料アプリ並みの機能でかつ、便利に使えるMicrosoft OneNoteというデジタルノート・アプリを無料で利用する事ができます。

今回の記事は『iPadで活用する無料で利用できるデジタルノート OneNote 使用レビュー』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

iPadで活用するデジタルノートのOneNote

iPadで利用しているデジタルノート・アプリのMicrosoft OneNote についての紹介になります。

Microsoft ユーザーは無料で使える

有料アプリ並みの機能を有するデジタルノートになりますが、Windows PC を使っているMicrosoft ユーザーの場合は無料で利用できます。

高機能なノートアプリなのに無料で使えるので、これを利用しないのは非常に勿体ないと感じるのは気のせいでしょうか?

とは言え、一長一短に感じる部分も実際にあるため、よく理解して利用する事が求められます。

 

フォルダ分けする管理方法

iPadで利用できるOneNoteの特徴の1つとしては、フォルダ分けを行う必要があるという部分になります。そんなの後から行えば良いのでは?と思っていると、これがそうも簡単ではないのである。

継続して、このデジタルノートを利用する場合は、ちゃんとフォルダ分けをしてから使うようにするのが得策になります。

 

OneDrive

Microsoft OneNote のファイルは何処で管理されているのか?と言うと、OneDriveになります。ここでファイル管理されているため、ここがパンクしないように注意を払う必要も発生します。

iPadで利用しているのだから、iPadに保存されているというのでは無いのである。

 

スポンサーリンク

Microsoft OneNote デジタルノート・アプリ

OneNote はどのようなアプリなのか?についての内容になります。基本的にはノートアプリの内の1つとして考えて頂ければ良いです。

OneNote 特徴

① 自動保存
Officeアプリを利用している場合では、途中で席を立つ場合や終了する場合では上書き保存を行う必要がありますが、OneDriveで管理されているため、途中で終了しても今まで入力していたデータも自動保存となります。

 

② コピー&ペースト
ノートアプリなのにコピー&ペーストした方が便利に使えるのが特徴の1つになります。勿論テキスト入力しても良いんですけど、どちらか?というと、入力よりもコピペした方が便利に使いやすいです。

 

③ ページの制限が無い
用紙サイズを決めてから使い始める必要が無いため、Excel感覚で利用できます。といっても何を言っているのやら?と思うかも知れませんが、要するに簡単に言うと、ページ拡張が自動的に行われるので、自分は何もしなくて良いのである。

 

iPad 活用方法!planner for ipad使用レビュー
皆さん こんにちは! iPadでスケジュール管理を行う場合ではカレンダーアプリを利用すると思います。 iPad標準インストールされているカレンダーでも十分なのですが、プライベートだけでなく仕事にも活用する場合では物足りな...

タッチペンとの連携

iPadでOneNoteを利用する場合では、可能ならばApple Pencil などのiPad対応タッチペンを利用した方が良いと感じます。

何故か?と言うと、画像等をペーストする場合に任意の場所に配置する必要があるのですが、この場合に便利に感じるからです。

タッチペンとの連携も容易に行えるので、iPadとの相性も良いです。

 

スポンサーリンク

iPad活用 Microsoft OneNote 使用レビュー

iPadでデジタルノート OneNote を使用した場合のレビューについての紹介になります。気になった事や感じた感想になるため、参考になるのか?分かりません。

一長一短に感じる部分

① 画面表示
iPadのコントロールセンターを開くとライトモードとダークモードの切り替えがワンボタンで簡単に行えますが、ダークモードの場合は見づらい感があります。OneNoteを利用する場合は、ライトモードが最適に感じます。

 

② ページを無限に拡張できる
このデジタルノートの場合は、ページの追加(拡張)を行う必要がなく、テキストや画像を自由自在に配置できるのが便利に感じます。

その反面、無限に拡張できるという事は、逆の意味で困ります。OneNoteはMicrosoft OneDriveで管理になるため、容量を使い過ぎると、Oneドライブを有料で利用する必要も発生する可能性も否定できません。

正直のところ、これもどうかな?というのが率直な感想になります。

 

フォルダ分け(カテゴリ分け)が必要

MicrosoftのデジタルノートであるOneNote をiPadで利用する場合では、闇雲に使うのは大変宜しくありません。

真っ先にフォルダ分けを行って、しっかり全体の設計を行うような感じで使うのが良いです。「大分類(ノートブック)、小分類(セクション)、各ページ」となるように設計するのが後々の為に最適です。

このようにフォルダ分けする事で表示も見やすいですし、管理も行いやすいので一石二鳥です。

 

iPadでの評価&使用レビュー

テキスト入力や画像貼付、PDFといった感じで付箋を貼付する感覚で自由自在に配置できるため、便利に使えます。

画像等を任意の場所に配置する場合では、Apple Pencil で操作した方が使いやすいと思います。でも、テキスト入力は一長一短があります。

短文であれば問題ないのですが、フローティング・キーボード入力は長文に不向きです。

 

iPad OneNote キーボード利用について

デジタルノート・アプリの Microsoft OneNote をiPadで利用する場合では、Smart Keyboard や Magic Keyboardなどのキーボードケースを利用する場合も多いと思います。

フローティング・キーボードで入力

iPadのソフトウェア・キーボードを利用してOneNoteに入力を行う場合では、画面の6割近くをキーボード表示で占有となってしまうため、便利に使えません。

そこで、フローティング・キーボード表示に切り替えた上で、Apple Pencil を使用するのが良いのではないか?と考えます。

何故か?と言うと、フローティングにすると、キーボードサイズが小さくなってしまうため、指でタッチ操作するよりも、Apple Pencil などのiPad対応タッチペンの方が操作しやすいからです。

但し、キーを1つずつ叩いて入力となるため、必ずしも最適という訳ではないので注意も必要です。そのため、

 

トラックパッド付キーボードで入力

Apple純正のMagic Keyboard や ロジクールFolio Touch などのトラックパッド付キーボードが有ると便利に使えます。

デジタルノートOneNoteはキーボードと連携して利用した方が便利に使えるアプリなので、iPadシリーズと一体運用できるキーボードケースの方が便利に感じます。

Bluetooth接続の折りたたみタッチパッド付キーボードという方法も有るため、自分にとって最適に感じるキーボードを選択するのが賢明です。

あと、マウスは一長一短があるので、個々の判断にお任せします。

 

コピー&ペーストの活用を

キーボードを利用してテキスト入力も全然OKなのですが、このアプリの特徴を考慮すると、何だかんだ言ってもコピー&ペーストを多用した方が逆に便利だったりします。