iPad 活用方法!Google ドキュメントのメリット・デメリット

iPad 活用 アプリ
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

iPadで文書作成を行う場合では、OfficeアプリのWordを利用したいところですが、そもそもiPadでOfficeを利用する場合はサブの用途が多いと思います。

サブの用途なのに正規版を購入するのか?という問題もありますし、それならばOffice互換アプリでも問題ないのでは?という感じになります。

それならばOffice互換アプリは何が良いのかな?という事で、Googleドキュメントを実際に使ってみて試してみて判断しても良いと思います。

今回の記事は『iPad活用方法としての Google ドキュメントのメリット・デメリット』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

iPadで利用できる Google ドキュメント

GoogleのOffice互換アプリであるGoogle ドキュメントについての紹介になります。このアプリは、iPadでも利用できます。

Office互換アプリ

① Microsoft Office互換
Googleドキュメントは、Microsoft Office Word互換のアプリになるため、Word文書を開いて編集する事ができます。また、Word形式にダウンロード出力できるのが特徴の1つになります。

 

② Chromeブラウザ
Chromeブラウザ上で、Google ドキュメントで文書作成が行えるのも特徴の1つになっています。空のタブを開いて、そこで文書作成が行えるので便利に利用できます。

 

③ Gmailアカウント
Gmailを利用している場合は、無料でGoogleドキュメントを利用する事ができます。

 

Googleドライブでファイル管理

Googleドキュメントを利用して文書を作成した場合では、ファイルはGoogleドライブに保存及び管理となります。

途中で間違ってChromeブラウザを閉じてしまっても自動保存なので、入力の途中でも今まで作ったデータは消去されずに残っているので助かります。

 

iPad 活用方法!Google ドキュメント・スプレッドシートのレビュー
皆さん こんにちは! iPadを仕事や生活用途に活用する場合では、Officeアプリも利用する場合があります。この場合では、正規版Officeである Microsoft Office を利用するのか?それともOffice互換ア...

 

iPadで利用できる

Androidスマホ、iPhone、iPadといったモバイル端末でもGoogleドキュメントを利用できるため、サブ用途でOfficeアプリを使う場合に便利です。

 

スポンサーリンク

Googleドキュメント iPadメリット&デメリット

ここでは、PCではなく、iPadでGoogleドキュメントを利用する場合のメリット&デメリットについての紹介になります。

iPad使用のメリット

何と言っても便利に感じるのがモバイル端末のiPadでも普通に文書を作成できるという部分に尽きます。何故か?と言うと、モバイルで利用できるOfficeの場合では実際には編集や閲覧の用途で利用した方が便利に使えるアプリが多いからです。

でも、Googleドキュメントの場合は、iPadでも普通に新規で文書作成を行っても使えるアプリなので、利便性の観点から考慮すると十分に有りの選択になります。

操作性の観点から考慮した場合でも、外付キーボード利用を行う事で入力作業が便利に行なえます。

 

iPad使用のデメリット

次にiPadでGoogleドキュメントを利用した場合のデメリットになりますが、キーボードケースも含めて外付キーボードが必要になるという点に尽きます。

iPadソフトウェア・キーボードも利用できるのですが、これを画面に表示した場合では視認性が悪くなるため、賢明の選択とは言い難いです。

画面の6割り程度がキーボード表示になってしまうので前後の内容を確認する場合では、キーボードを非表示にしないといけないので手間が発生します。

 

iPad使用の一長一短

一長一短に感じる部分もあります。PCで利用する場合では、タブメニューが日本語で表示されているので使いやすいのですが、iPadで使う場合ではこの表示がありません。

テキストのスタイルや段落といった細かな設定は画面右上に専用ボタンが有るので、そこから選択できるのですが、残念ながら筆者の場合は、日本語のタブ表示になれてしまっているため、この表示がないとイマイチに感じます。

 

GoogleドキュメントiPad使用レビュー

iPadでGoogleドキュメントを利用した場合の使用レビューについての紹介になります。気になった事や感じた感想になるため、参考になるのか?分かりません。

日本語入力

日本語入力に関して言えば、iPadに依存する部分もあるため、一概には何とも言えません。というのも、ハッキリ言えばiPad日本語変換はとてもイマイチに感じます。

この状態でGoogleドキュメントで文書作成を行う事になるため、ローマ字入力して変換すると不快な気分になる場合もあります。

因みに、設定のキーボードで自動修正をOFFにすると、勝手に変換されるので良くないと思います。ユーザー辞書で対応した方が良さそうに感じます。

 

入力 及び 操作性

iPadにロジクールFolio Touchをドッキングした状態でGoogleドキュメントを利用した場合では、入力作業はしやすかったです。

というのも、ユーザー辞書をガッツリ登録しておいた影の努力も多少なりとも影響しているのではないかな?と個人的に考えます。

操作性に関して言えば、PCで利用する場合では日本語タブ表示があり、iPadではこの表示がないのは不便に感じます。

 

iPad使用レビュー

新規に文書作成ではなく、一度作成して後から編集するといった場合では、画面右下に表示されている鉛筆マークをタップすると編集できるようになります。

これ以外でもディスプレイ上の任意の場所をダブルタップすると編集モードに切り替わる事が出来るため、編集でも操作性は良いと感じます。

因みに音声入力にも対応しているのですが、漢字変換した場合の文字が正確ではない場合もあるので一長一短に感じます。

 

iPad活用方法としてのGoogleドキュメント評価

ここでは、iPad活用方法としてGoogleドキュメントはどうなのか?についての紹介になります。結論から先に言えば、十分に有りだと思います。

新規に文書作成できる魅力

iPadでも新規に文書作成しても何ら問題なく利用できるという部分に関して言えば、これなら逆に正規版であるMicrosoft Officeを購入しなくても何ら問題ないと思います。

多少は使い勝手に難がありますが、これは慣れも関係して来るため、このGoogleドキュメントを使いこなす事が出来れば便利に使えるのではないか?と考えます。

但し、イマイチに感じる部分は自分の努力でカバーしても何ら問題ないよ!と考えている場合に限定されます。

 

iPad使用の評価

筆者の場合は、自宅PCで、WPS Office 2 を利用している関係もあり、iPadでもWPS Office を使っていますが、利便性 及び 操作性を考慮すると、GoogleのOfficeアプリの方が圧倒的に使いやすいと感じます。

iPadで利用するOfficeアプリとしての用途であれば、こっちに乗り換えても良いと考えています。

メインではなくサブの用途での利用では、モバイル端末でどれだけ使いやすいのか?も十分に考慮する必要性もあります。

この観点から考慮した場合でも満足できると感じます。