iPad 活用方法!マウスよりトラックパッド付キーボードが便利

スポンサーリンク
iPad 活用 方法

 

皆さん こんにちは!

iPadでもPCマウスを利用する事ができるため、Smart Keyboard Folio や Magic Keyboard といったキーボードケースを iPad にドッキングした状態で利用する機会があります。

実際にiPadでマウスを利用する場合では、PCとの異なる点に気が付きます。それはPCとipadでの操作方法が異なる点になります。

利用する機種が違えば、操作方法も異なるのは仕方ないと思います。何から何まで全て同じという訳ではありません。

今回の記事は『iPadでマウスを利用するよりもトラックパッド付キーボードが便利』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

iPadでもPCマウスを利用できる

iPadはタブレット端末に該当しますが、パソコンと同様にPC周辺機器のマウスを接続して利用する事ができます。

iPadで利用できるマウスの種類

① USB接続
有線タイプと無線タイプのUSBマウスがあります。どちらの場合でも別途、USB Type-Cハブが必要になります。自分にとって最適に感じる方を選択するのが良いと思います。

 

② Bluetooth接続
USBではなく、Bluetooth通信での接続に対応したマウスも利用する事ができます。あまり種類が豊富ではないです。電池式と充電式があります。

 

USBマウスを利用する場合

USB接続に対応したマウスをiPadで利用する場合は、別途USB Type-Cハブが必要になります。また、Wi-Fiワイヤレスマウスの場合でもUSBレシーバーを利用するため、こちらの場合も同様です。

USB Type-CハブをiPadで利用する場合は、iPad Air 又は iPad Pro が必要になるため、全てのiPadが利用できるという訳ではありません。

そのため、必要に応じて、Bluetooth接続に対応したマウスを選択するのが賢明になります。

 

スポンサーリンク

iPadでマウスを使っても便利ではない

Winsows PC などでマウスを利用すると、とても便利に使う事が出来ますが、これをiPadで同じように利用するとイマイチに感じます。

PCではマウスが有ると便利に使える

Windows PC を利用する場合では、デスクトップPCやノートPCに限らず、マウスを利用する場合が多いです。

ノートPCにはタッチパッドが搭載されているため、マウスを使わなくても問題ありませんが、それでもマウスを利用した方が便利に感じる場合があります。

そのため、PCを利用する場合は必需品の1つの数えられると思います。

 

iPadの場合は便利に使えない

Windows PC の場合では、マウスは必需品と言っても過言ではないぐらい便利に利用する事が出来ます。

特にタッチパッドが搭載されているノートPCだったとしてもマウスを利用した方が便利に使える場合が多いです。

それに対して、iPadでマウスを使っても便利ではないです。何故か?と言うと、マウスの右クリックメニュースクロールボタンの操作がイマイチだからです。

この2つの要素は肝心要の重要部分になるため、避けて通る事は出来ません。

 

iPad 活用方法!PCマウスも利用できるが使用しなくて問題ない
皆さん こんにちは!iPadは、キーボードやマウス、USB Type-CハブといったPC周辺機器も利用する事ができるため、一通り揃えてパソコンのように使ってみたいと思う場合もあります。Apple純正のキーボードケースを利用すれば簡単にノート

 

iPadではトラックパッドという方法もある

iPadでマウスを利用すると便利に使えないというデメリットがありますが、それでもマウスを使いたいという場合はタッチパッド(トラックパッド)という方法もあります。

マウスよりも指でタッチして操作できるため、使い勝手は良いと思います。とはいえ、あくまでも操作性の向上という観点になります。

タッチパッドを利用すると、Windows PCのような操作性を実現できるという訳ではありません。

 

スポンサーリンク

iPad活用方法としてのトラックパッド付キーボード

iPadの活用を考えた場合では、入力を伴う作業に利用するのも1つの方法になります。この場合に有ると便利な周辺機器がトラックパッド付キーボードになります。

ノートPC化もiPad活用方法の1つ

iPadの活用方法を考える場合では、キーボードやマウスを利用して入力を伴う作業に役立てるといった使い方も活用方法の1つに挙げられます。

ノートPCのようにiPadを利用する事が出来れば、仕事や生活の用途にも活用できるようになるため、それこそ一石二鳥だからです。

但し、iPadをノートPCのように利用できるようにしたからと言って、必ず便利に利用できるとは限らないのも実情です。

この事も十分に考慮 及び 検討する事も重要になります。

 

Magic Trackpad 2 購入は一長一短

Apple純正のトラックパッドである Magic Trackpad 2 を購入する場合も有ると思います。純正品であるため、価格もそれなりに高いです。

マウスよりも使い勝手は良いので利用頻度も比較的に高めになりますが、iPad本体と一体運用できないため、携帯性の観点から考慮すると、外出先に持ち運ぶ用途では微妙に感じる部分もあります。

どうして一長一短なのか?と言うと、実際の利用頻度を考えると、費用対効果が釣り合わないのではないか?というのが率直な見解になります。

 

トラックパッド付キーボードが便利に使える

Apple純正の Magic Trackpad 2 をiPadで使用する目的で購入する場合では費用対効果がどれほどあるのか?を検討した方が良いです。

純正品だから自分にとって最適という考えは良くないです。ここで重要になるのは実際の利用頻度になります。

実際の利用頻度を考慮した場合では、残念ながら Magic Trackpad 2 よりもトラックパッド付キーボードケースの方が便利に使えると思います。

それにキーボードケースなので、iPadど一体運用できるのも魅力的です。

 

iPadトラックパッド付キーボードは一長一短

iPadでMagic Keyboard やロジクールFolio Touchを利用する場合はメリット 及び デメリットに感じる部分があります。

キーボードを利用する機会や利用頻度

iPadにトラックパッド付キーボードケースをドッキングして利用する場合では、自宅PCとの共存 及び 併用に難があります。

何だかんだ言ってもキーボード入力する用途においては、PCの方が全てにおいて便利に利用できるため、あえてiPadで入力作業を行わなくても特に問題ありません。

iPadで利用すると便利だからという理由で購入した場合では、果たして本当にどれだけの用途にキーボードケースを利用する機会が有るのか?疑問に感じます。

 

PCとiPadの併用は一長一短

自宅にはデスクトップPC 又は ノートPCが有る場合が多いと思います。この状況でiPadを所持している場合ではPCのサブとしての用途で利用できるため、用途によっては便利に活用する事が出来ます。

でも、それはあくまでもデスクトップPCの場合に限ると考えます。PCとiPadの利便性を考慮すると、デスクトップPCのデメリットを上手く克服できるのはiPadになります。

それに対して、ノートPC(13インチ以下)を所持している場合では併用は厳しいのではないか?というのが個人的な見解になります。

何故か?と言うと、ディスプレイサイズ 及び 重量が近いからです。iPadにMagic Keyboard や ロジクールFolio Touchをドッキングさせると、ノートPC並みの重量になります。

そのため、大した用途がない場合は、iPadでキーボードを利用しなくても問題ないのでは?と個人的に考えます。